FC2ブログ

TOMICA DREAM MOTORS HAYATE

今日はミニカーコレクターのオフ会でした。
この会も10年になります。
月に1回のペースで名古屋の伏見にある“店長のひとりごと”に集います。
“10年ひと昔”と言いますが、学生の頃からの付き合いでもなく、家が近所でもなく、職場が一緒でも無く・・・。
小さなミニカーを通して良い大人が集い、その積み重ねが10年。
この空間、この時間が本当に心地いいんです。

「TOMICA DREAM MOTORS HAYATE」
P8226800.jpg P8226801.jpg P8226802.jpg

この10年変わらないのは、オフ会と言えどもミニカーの話題がほとんど無いこと。
この10年で変わったのは、会話の中に老後の話が加わって来たこと。
今日も、60歳になると給与が下がるだとか、役職定年に成るだとか。
寂しくもありますが、こういう話が普通に出来るのもありがたくもあります。
P8226804.jpg P8226805.jpg

この10年、仕事上ではストレスでいっぱいに成ることばかりでした。
家でも子供達が大きく成るにつれ色々な問題にぶち当たることもいっぱいでした。
お袋やおやじの事も、初めての単身赴任だってこの10年の中の一部です。
確かに言えることは、店長のお店があって、そこに集う仲間がいて、気持ちをリセットできる空間に居れたこと。
これが大きかった様な気がします。
P8226806.jpg P8226808.jpg P8226807.jpg

スポンサーサイト



KYOSHO MCLAREN 12C GT3

列島に居座る前線。
ニュースですは毎日の様に各地の大雨の被害を伝えています。
私が全幅の信頼を寄せるお天気お姉さんも当然の事ながら毎日の様に傘の携帯を言ってきます。
この肥大化した体を持て余す従順な私は大雨と聞いては折りたたみ傘を諦め長傘を持って出ることになります。
ところが、この地方でも注意が必要と言われ続けながら私の周りでは・・・降らない。
備えあれば憂いなしですので良いのですが、雨が降ってこその“傘”。
用を為さない“傘”ほど邪魔なものはないですよね。

「KYOSHO MCLAREN 12C GT3 」
DSC05364.jpg DSC05365.jpg DSC05366.jpg

このところ日が沈むのが早くなりました。
当然、陽が昇るのも遅くなるわけで、私が起きる4時過ぎはまだ真っ暗です。
朝、自室に入り、家を出る準備をNHKの“おはよう日本”を見ながら始めます。
というか6時の朝飯までのこのわずかな時間が私にとっての至福の時間でぼ〜っとしながらニュースを見るでもなく、外を眺めるでもなく。
毎朝、このまったりとした時間を過ごすことで一日の鋭気をを養っています。
DSC05367.jpg DSC05368.jpg
早いものでもう8月も22日です。
小中学生諸君は両手で数えられるまでになった残りの夏休みを前に何を思うのだろうか?
気の小さい私は8月の声を聞くと直ぐに残り少なくなっていく夏休みを憂い、それでも宿題には手をつけず、これくらいの時期に来てようやく焦り出し、やっつけ仕事で片っ端から片づけていく。
当然自由研究にせよ工作にせよ気持ちのこもったものなど出来るはずもない。
DSC05369.jpg DSC05371.jpg DSC05370.jpg
このいい加減なスタンス、考えてみれば今も何ら変わっちゃいない。

TOMICA No.11 ENZO FERRARI

昨日、妻が珍しく雑誌を買った。
昨日の午後から妻はリビングを片づけ始め、今朝もバタバタしている。
どうも昨日買った雑誌は“断捨離”の特集が載っていた様です。
特に床への直置きをやめましょう!という内容だった様でリビングの床に直置きされていたのもが見事になくなりました。
まあ、いつまで続くか分かりませんけどね。
要らぬ火の粉が降って来なければ良いのですが、リビングが整理されているのは気持ちの良いもの。

「TOMICA No.11 ENZO FERRARI」
DSC05820.jpg DSC05821.jpg DSC05822.jpg
昼から歩きに行きたいというので“イケア”へ。
この時期、昼間っから外を歩くのは自殺行為ですからね。
だけど“イケア”って驚くほど広いんですよ。順路があるから迷わないですが、あれば“迷路”です。
携帯のデータでは4400歩2.9㎞って出てきました。ちょっとしたウォーキングですよね。
歩けば腹が減るもの・・・という事でイケアで夕ご飯。
IMG_2392.jpg IMG_5311.jpg IMG_5312.jpg
“ザリガニ”なるものを初めて食べました。
エッ?歩いた成果がまるで無いって?その通り!

DSC05823.jpg DSC05824.jpg
どこかのアンケートで若い人が家具を買うのなら“ニトリ”か“イケア”っていうのをみました。
今や家具屋さん家具を買うんじゃないんですよね。
確かに部屋ごとのコーディネートのサンプルなどもあり若い人受けしますよ。
DSC05825.jpg DSC05827.jpg DSC05826.jpg

TOMICA PREMIUM No.14 MCLAREN SENNA

大人の夏休みは“あっ”という間も無く過ぎていってしまいました。
しかもたった6日間の休みで、終わりの2日間は台風に振り回され台無し。
もとより旅行の計画も無ければ帰省といっても県内で日帰り。
もっぱら高校野球に終日没頭し、夜は地上波のプロ野球中継が良いところでぶち切られる事に毎日の様に怒り。
そもそもドラゴンズは何故勝てぬ!

「TOMICA PREMIUM No.14 MCLAREN SENNA」
DSC05872.jpg DSC05873.jpg DSC05874.jpg

60に手が届きそうなジジイがこんな愚痴ばかりではお恥ずかしい。
それもこれも休みの時間の使い方が上手くないからだと思います。
だから、妻との休みが合わないから旅行に行けないだとかの言い訳を毎度毎度繰り返す事になるわけで、長い間生きてきた割には肝心な部分でダメダメです。
それにこのところの“働き方改革”なるものの出現のおかげで、有給休暇取得のハードルはないに等しい位下がりましたし、土日を含めて9連休の取得を指示されるくらいですから、いよいよ自分の時間の使い方を身に付けないとまともなセカンドライフは過ごせないですよね。
DSC05875.jpg DSC05876.jpg

このマシン、“セナ”の名前を冠にしています。
今時の若者には“音速の貴公子 アイルトン・セナ”って知られているのでしょうか?
’94年5月ですから、もう25年も前になくなっているんですよね。
このブログでも何度も何度も書いていますが、我が家の家宝は“セナ”のサインです。
現存するサインは無数にあると思いますがこれ以上増えないのも事実。何せ“音速の貴公子”ですからね。
DSC05877.jpg DSC05879.jpg DSC05878.jpg

もう一つ、私には自慢があります。それはQUEENのコンサートに行った事。
高校生の時ですから当然フレディーですよ。
セナにせよ、フレディーにせよもうこの世には居ません。
二人とも普通の死に方ではなかったのが残念ですが、いずれにせよ、ひとつの時代を作った面々と同じ時空に生き何かしらの接点を持てたという事、素晴らしいと思う反面、自分が年をとった事を痛感します。

休みの使い方・・・ぼ〜っとテレビを流しで見ているくらいなら、買い貯めたレコードに針を落として聴くのも有りですよね。
クイーン、オリビアニュートンジョン、リンダロンシュタット、ビートルズ、ディープパープル、KISS、松田聖子に太田裕美・・・いっぱいありますよ!
冨田勲の“リボンの騎士”なんかも聞き応えがあるんだよなあ。

TOMICA ITO-YOKADO ORIGINAL MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X

台風の中心から随分離れているのに終日降ったり止んだりの繰り返し。
雨が降り出すと横殴り。バタバタと音をたててサッシのガラスに当たります。
台風の影響で今日の甲子園は明日に順延。NHKでは繰り返し台風情報のみです。

「TOMICA ITO-YOKADO ORIGINAL MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X」
DSC04363.jpg DSC04364.jpg DSC04365.jpg
終戦記念日の今日、19時半から放送された「全貌二・二六事件」。
今になり明らかになった海軍の最高機密文章。
そこに記された「二・二六事件」後の時系列での詳細な記録。
陸軍の一部将校が起こした革命と称したテロを何故海軍が。
この1時間余りの番組では、機密文章で明らかになった「二・二六」以降の収束までの4日間が示されました。
自分の知識の無さを改めて痛感。
この事件の事すら全く理解していなかった事に気づきました。
DSC04366.jpg DSC04367.jpg
この事件の後、軍部は、天皇の利用し物を言えなくなった政治家や国民を黙らせ、一気に軍事国家、そして戦争への道を突き進む事になるわけで、事件後わずか9年間であの太平洋戦争の敗戦につながっていく・・・。
番組の最後に示されたのは海軍は「二・二六」の1週間前に革命で狙われる対象者も反乱者の名前も把握していたという事実。
・・・止めることができたって事?
では何故、詳細な時系列の記録を残す必要があったのか?
事実を知っていたことを隠す為?
陸軍と海軍の覇権争い?
DSC04368.jpg DSC04370.jpg DSC04369.jpg
我々の周りには知らされることなく決まって行くことが山ほどあります。
そしてその多くは何事もなく過ぎていくのでしょう。争う事もなく、そして疑問に思う事もなく。
戦後74年。未だに明らかになっていない事はいっぱいあるのでしょう。
日本人だけで310万人の犠牲者が居る先の大戦。
そこに突き進む過程の一片を新たに知る事が出来たのが今日、8月15日、終戦の日です。

プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31