LESNEY No.M-3-A

昨日の続きとして今日もアーミー物にします。久しぶりに"LESNEY"の"MAJOR PACK"です。

「LESNEY MAJOR PACK No.M-3-A THORNEYCRAFT ANTAR WITH SANKY 50-TON TANK TRANSPORTER AND CENTURION MK ⅡTANK,issued 1959」

DSC00247.jpg DSC00248.jpg DSC00249.jpg

戦争物ってあんまり得意ではない私ですが"LESNEY"にしても"PICCOLO"にしても何台か持っています。
でも何で戦う武器がミニカーとおいう子供のおもちゃとして世に出てくるのでしょうかねぇ。
もっと楽しい夢を与える車の方いいのでしょうが…。
おもちゃと言えども時代を映す物だから仕方が無いのでしょうか。
でもちょっとカッコいい…。ちなみにイギリス陸軍の車両です。

牽引するのはこんなヘッドです。
DSC00250.jpg DSC00251.jpg DSC00253.jpg
重量級! 6輪のタイヤでしっかり引っ張ります。なんたって50トンですからね。

引っ張られる方は…これ。
DSC00255.jpg DSC00252.jpg DSC00254.jpg

載せられるのは…これ。
DSC00256.jpg DSC00257.jpg DSC00258.jpg
第二次世界大戦時の英国軍の主力戦車です。
全長 7.60 m 全幅 3.39 m 全高 3.01 m
重量 52 t 速度 34 km/h
行動距離 450 km 主砲 17ポンド対戦車砲
ちなみにエンジンはロールスロイス社という事です。
それにしても17ポンド砲って長いですね。私の戦車のイメージよりもかなり長い様に思います。
これでどれくらいの飛距離を飛ばせるのでしょうか?

残念ながらキャタピラが無くなっています。50年も前の物ですから仕方無いですね。

こんな車両にもバリエーションが存在します。
1.グレーのメタルローラーのタンク
2.グレーのプラスティックローラーのタンク
3.黒のプラスティックローラーのタンク
結局けん引車両の方はバリエーションの違いには関係無く、タンクのローラーの色だけが決め手となります。
ちなみに私のはグレーのプラスティック製のローラーでしたのでNo.M-3-A-2になります。

DSC00259.jpg DSC00260.jpg DSC00261.jpg
こんな車両が迫ってきたら…間違い無く私は逃げます。










スポンサーサイト

LESNEY No.M-6-A

今日載せるのは"完品で無い物"。トランスポーターなのですが、その荷物に当たるものが欠けている…。

「No.M6A PICKFORDS 200 TON TRANSPORTER,issued 1960」

DSC08298.jpg

資料本によると…
"Blue tractor,silver trim blue dollies at each end of maroon or red low-body trailer,white‘PICKFORD’decal on each side of tractor & both dollies , Black plastic wheels"
DSC08293.jpg DSC08299.jpg DSC08300.jpg
前載の英文とこの車は有っていますか?
単語の一つ一つと実物とを照らし合わせて行くのも楽しいものです。

それに付けてもこの絶妙なカラーリング。日本人の感覚とは全く異な物を感じます。
またこのデカールが合う!ピッタリ!
DSC08301.jpg DSC08307.jpg

最初に“完品で無い”としていますが、それは資料本の写真からの判断ですが…
DSC08306.jpg
英文の説明には上に乗っている車の事は触れられていません。
DSC08304.jpg DSC08305.jpg
200トンのトランスポーターですのでこんなダンプは軽々運べるのでしょうね。

DSC08308.jpg DSC08310.jpg DSC08309.jpg
この車の全長は200ミリ。大きいですよ。

DSC08302.jpg
裏板には
“CRANE 200TON TRANSPORTER MADE IN ENGLAND BY LESNEY”
の文字。まぎれも無く私の好きなLESNEYの物です。


追記   2010年11月10日23時20分  

とうとう完品を手に入れてしまいました。
箱付きですが小口は有りません。でも良いんです。
DSC08810.jpg DSC08811.jpg

という事で積載部が2台になりました。
DSC08812.jpg
でもやっぱり、引くべき車両が引っ張るとなかなか見応えがあります。
DSC08813.jpg

これです。この牽引車が欲しかったんです。
DSC08814.jpg DSC08815.jpg DSC08816.jpg
ジョイント部はこんな感じです。
DSC08818.jpg
牽引車の方はそれなりですが、引っ張られる方は
DSC08819.jpg
…。正直ちゃちです。
つなぎ方も…
DSC08820.jpg DSC08821.jpg


色といい、デカールの文字といい、その形といい…いい感じ。
手に入れて良かった!
DSC08817.jpg





LESNEY No.M-1-A

もう何年になるのか、土曜日は近くに住む両親を病院に連れて行き、1週間分の食料の買い物にお付き合いをする日になっています。ただでさえ疲れだ溜まっている土曜日という事で、2時過ぎに家に帰ってくるとそれからは"爆睡"。記憶に残らない数時間を楽しんでいます。
朝からゆっくり寝ていたい…とも思いますが、昭和一桁の両親を連れてのこんな土曜日は後何年続けられるか判らないですからね。

「No.M-1-A CATERPILLAR EARTH SCRAPER,issued 1957」

前振りの文章とは全く結びつかないですよね。ごめんなさい。

MAJOR PACKS も数台持っていますが、レズニーの得意分野の農耕機物ですが、農業に造詣の薄い私ですので、何に使われる車なのか良く解かっていません。

DSC07953.jpg DSC07954.jpg DSC07955.jpg

この車2台に分かれます。
むき出しのエンジンが力強い感じですよね
DSC07956.jpg DSC07957.jpg DSC07958.jpg
これは駆動部としてわかりますが、
問題はこれ…
DSC07959.jpg DSC07960.jpg DSC07961.jpg
DSC07968.jpg
大型農場のタネまき用でしょうか。ジャガイモの様な種イモを植えるのか?
品粗な知識でお恥ずかしい限りです。

ジョイント部は実に単純。
DSC07965.jpg DSC07966.jpg DSC07967.jpg

我が家にはトラクター部がもう一台有ります。
DSC07962.jpg
'57年のおもちゃ。もう50年以上前の物です。
本当はこういう汚れた状態の方がむかしのおもちゃらしいですよね。












LESNEY No.M-2-A

不覚、夕ご飯の後、ついつい寝入ってしまいました。
F1GPの予選の放送には間に合ったものの、10日の内に上げて行こうと思ったブログのアップが間に合わず…
でも少しの時間集中して寝むれた分、頭はスッキり。
週末まで溜め込んだ疲れもいくらか取れた感じのするとっても貴重な時間でした。

「No.M-2-A BP AUTOTANKER ,issued 1961 」

車にもガソリンの補給は必要ですからね。
それにしてもこの車のルックスは有りか無しか。
これでタンクローリーなのですから、向こうの人のデザイン力のすごさには脱帽です。
DSC07609.jpg DSC07608.jpg DSC07602.jpg
むゥ~タンクローリーには見えないですよね。
しかも1961年製ですよ。
大阪万博の'70に感じた明らかなカルチャーショックが有りましたが、その遥か前に世界はデザインにあふれていたんですね。
しかも、このミニカーの実車が有るなんて…
m2bfs[1]
すご過ぎです。
前から乗り降りするんでしょうね。
でもこういう先進的なデザインの車が現代に残ってこなかったことが残念ですね。
使いにくかったのか、生まれてくる時代が少し早過ぎたのか…。
屋根の上にはタンクへの給油口が整然と並んでいます。
DSC07603.jpg DSC07604.jpg

DSC07612.jpg
やっぱりタンクローリーですね。


マスクは高いデザイン性の中にもほのぼのとしたものを感じます。
当時は丸目しか出来なかったのでしょうが、今となってはそれが一層可愛さを強調しています。
DSC07605.jpg DSC07607.jpg
さぁ!エネルギー満タン!リフレッシュ!



 


LESNEY No.M-7A

最終2[2]


私が魅せられてしまった"LESNEY"は前にも書かせていただいた通り75番までの番号を入れ替えしながら69年まで続きました。
でもそれ以外の"LESNEY"も紹介したいし、もちろん、"MATCHBOX"も、そして"トミカ"も"HOT WHEEL"も。
今日はお休み、明日もお休み。そんな時はちょっとわき道にそれましょうよ。
でも今回はほんの、本当にほんのちょっとだけのわき道です。

「No.7A JENNINGS CATTLE TRUCK,issued 1960」

“MAJOR PACKS”の“M”のシリーズでトミカでいうところの121番からのシリーズの様な物だろうと思います。
DSC07173.jpg  もともとスケール的にバラバラ感のある“LESNEY”ですので一昨日紹介したNo.51と比較しても参考にはならないですね。
バリエーションだってちゃんとあります。
1.赤いキャブ部にタンカラーのトレイラー部、グレーのプラスチックタイヤ
2.赤いキャブ部にタンカラーのトレイラー部、黒のプラスチックタイヤ
3.赤いキャブ部に濃いタンカラーのトレイラー部、黒のプラスチックタイヤ

DSC07171.jpg DSC07172.jpg DSC07170.jpg           DSC07169.jpg
          
私のところにはあるのは2台共 7A-1 になります。
これをトラックヘッドだけにすると…さらに…“LESNEY”らしいチープさが全面に出てまた一杯いけると思います。


子供だったむかし「‘LESNEY’から始まった」世界は、この歳になった親父の毎日を楽しいものにしてくれています。
プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -