KYOSHO LAMBORGHINI GALLARDO FRANCK MULLER Ver.

今日は風が強いのだろうか?
いつもならセントレアからは北に向けて飛び立つのだが、今日は南に向けて離陸しています。
私が居るのは空港島を遥かに臨める6〜7キロ先の対岸。
潮が引いている時間だからなのか洲に挟まれた水たまりにも、洲の縁に当たる白波にも、風の姿は知れません。
今年もアサリが採れず、禁漁になった浜からはいつもならそこにある楽しい声は聞こえません。
窓を開け放ち、運転席でパソコンを叩く私のすぐ耳元でだけ風が舞う音がしています。
風は海に向かい東から吹いている様で、いつもと逆向きに離陸しているのでしょう。

「KYOSHO LAMBORGHINI GALLARDO FRANCK MULLER Ver.」
DSC01882.jpg DSC01883.jpg DSC01884.jpg
さっきまで妻の実家の広縁に置いてある使われなくなったマッサージチェアに座り、多分2時間は眠っていたと思います。
私の放つ爆音は小さな庭で初夏に咲き揃う花を楽しんでいた妻たちの笑いを誘う格好のネタになっていた様です。
DSC01904.jpg DSC01898.jpg
浜には今シーズンの“海苔”の収穫を終えた船があげられています。
海苔の収穫船は独特な形をしていますよね。この船が養殖網の下をくぐり海苔をそぎ落としていくんです。
海苔屋さんは収穫した海苔を大量の海水で何度も洗い不純物を取り除き、型に流し干す。
寒い時に収穫した海苔が一番おいしいそうです。極寒の海での仕事、大変そうですよね。
DSC01887.jpg DSC01888.jpg
DSC01885.jpg DSC01886.jpg
ここに居ると、時間がゆっくり、ゆっくり、ゆっくり流れていきます。

妻の実家に来て・・・
何にもしないで食事をいただき・・・
ひとしきり高いびきをかき・・・
ぷら〜と海にでて車の中で持ってきたパソコンでブログを更新する。
小一時間すると妻が迎えにやって来て自宅に帰る・・・。

いつものこのルーティーンが肩が凝ってきた自分を解放する貴重な時間になっています。
スポンサーサイト

TOMICA TOYOTA 86 MARTINI SPECIAL EDITION by KhaLA

やっぱり今日はもうちょっと眠りたかったなあ。
朝も5時からシャワーを浴びるもの音に起こされる。
それでも気づかぬ振りを決めつけ布団にしがみ付いていると“豪〜〜〜”というドライヤーからの唸る声。
次男坊がどうやら今日は出勤らしい。
仕事では怒るわけにも行かず致し方なく、目を開け、私のいちにちを始める。
と言っても私もそんなにのんびりとはしていられず、8時過ぎにはお袋を迎えに行き眼科が開くのを並ばなくてはいけない。
平日の朝よりちょっとばかり厚く切った角食パンのトースト。これが美味しい。
付け合せは幾らかの野菜と目玉焼き(固め焼き・私は卵に火を完全に通す派)。
鶏の燻製が添えてあれば最高。
天気予報では“雨”。
しかも結構な量との事。
上下くっつきそうな目をこすりながら歯を磨き、スニーカーで家を出る。
ちょっとGパンがきつい。また太ったか・・・。

「TOMICA TOYOTA 86 MARTINI SPECIAL EDITION by KhaLA」
DSC01873.jpg DSC01874.jpg DSC01875.jpg

8時半に眼科のシャッターが開き、なだれ込むように診察券を出すと私はしばし車のなかで爆睡。
お袋が出てきたのが10時少し前(今日は早いじゃん)。
続いて少し離れた整形外科へ。
母は83歳。いつの間にか父が亡くなった年齢と一緒になっています。
ご多分にもれず足が良くない。
今日もヒアルロンサンの注射を膝に打つんだと言っていました。
病院を出ると車で20分くらい先、刈谷市にあるJAの直売店へ。
山ほどの新鮮な野菜を買い込み再び車を走らせ名古屋に戻り生協のお店へ。
この時点ですでに12時を回っています。
買い物を済ませお袋のお気入りの鶏料理のお店へ。
DSC01876.jpg DSC01877.jpg
足が悪い事もあり、一人で出かけることはなくなりましたが、車で移動させれば買い物もカートを押しながら楽しんでいます。
何より食欲だけは衰えずあるのでそれだけで安心材料です。
私の毎週末のルーティーンのいちにちです。
週末の休みの半分がこれで無くなってしまいますが、仕方ないですよね。
私には一つ上の兄がいますが、札幌に永住を決めていますのでお袋さんの面倒は私が見るしかないです。
でも東京から戻って来れて、家族に一連の週末の負担をシェアする必要もなくなりました。
そして何よりお袋が安心してくれているのがわかる分よかったのでしょう。

DSC01878.jpg DSC01881.jpg DSC01879.jpg

今日は家に送る途中で“スターバックス”へ連れて行きました。
ドリップのショートをご馳走し、しばし休憩。
小さな庭の手入れはしている様ですが、誰かが連れ出さない限り家の敷地から足を踏み出すのはゴミ出しくらいだと思います。
牛乳パック1つでも歩いて買いに行くには重いですからね。
結局病院も買い物も連れて行くしかないんですよね。
でも自分でお店の中を歩いて、自分で品定めをして、自分で財布を開けてお金を払う・・・。
このことがとても楽しい様です。
そして、大勢の人の中に身を置くこと。これってすごく大切なんだろうと思います。
まだまだ元気でいてほしいですからね。
明日は“母の日”ですよ〜!

果たして我が家の3匹の子豚たちは妻に何かする予定はあるのだろうか?
昔なら「肩たたき券」何て言うて手もあったのだろうが、社会人になって果たしてどうするのだろう。
ちょっと声を掛けるだけでも十分なんだろうに・・・。それで十分だよ。

TOMICA HONDA CIVIC TYPE R EURO RAYBRIG Ver.

名古屋からマイカーを走らせ東京へ。
妻に高速道路ぐらいは運転させようと思ったけれど、久し振りの遠出に、こんな面白いことを妻に譲るのがもったいなくなって一人で350キロを運転。
東京インターで降り、首都高をやめて一般道へ。
渋谷から六本木、勤務先の入っている霞ヶ関ビルの横を通り、国会議事堂の前をぐるっと回り、桜田門から銀座、京橋を経て日本橋を渡り神田から浅草を抜け足立区へ。
妻はいささか呆れ顔でしたが“私”は通りたかったんです。
なんか、これで東京に残していく思いが少し吹っ切れた様な気がしました。

「TOMICA HONDA CIVIC TYPE R EURO RAYBRIG Ver.」
DSC01760.jpg DSC01761.jpg DSC01762.jpg

10時半に名古屋を出たのに、散々寄り道をしてアパートに着いたのは18時を過ぎていた。
今日の夕ご飯は駅前にある“富士そば”。
妻は邪道にも鴨南蛮“うどん”なんてチョイス。バっカじゃねえの!
私はもりそばの大盛り+別皿に天つゆに春菊天を浸けてもらう・・・このセット、この3年間で何回食べただろう。
“春菊天”って名古屋では食べたことなかったんです。名古屋では見たことが無いということが正しいのかも?
何度か“富士そば”に行くうちに“春菊天”なるものが気になり注文すると「天つゆにつけますか?」と聞かれるじゃあるいませんか。
「はい!お願いします!」
私の「もりそば+天つゆ浸け春菊天」生活が始まったというわけです。週一はこれかな?

DSC01763.jpg DSC01764.jpg

兎にも角にも東京を自分で運転するのは3年間で2回目。
地下鉄ばかり移動していたのでで地上の景色とはなかなかリンクしなかったですが、なんとなく、そう、なんとなく今日は繋がりました。
DSC01765.jpg DSC01766.jpg

今日あらためて東京の大きさを見た様な気がします。
私の中では大きな3年間だったのでしょう。

3年前までは会議でやってくる場でしかなかった“東京”。
新幹線で東京駅に近ずくき車窓から見える極狭の住居。
朝だろうが、日中だろうが、夜だろうが四六時中混んでいる電車。
そんな場所でしかなかった“東京”ですが、今は好きです。

また遊びに来ます。

TOMICA TOYOTA 86 GReddy Ver.

昨日よりは幾分過ごし易いいちにち。
でも“春まだ遠からじ”。
今日は終日シュレッターとお友達状態。
異動を前のいつもの光景ながらあらためて思うのは“こんなゴミの中で仕事をしていたのか”という徒労感。

「TOMICA TOYOTA 86 GReddy Ver.」
P3285721.jpg P3285722.jpg P3285723.jpg

この期に及んでもまだ大阪への出張も決まっているので霞ヶ関への出勤は今日を入れて残すところあと6日のみ。
そう考えると当たり前に見過ごしてきたものが気になって仕方がない。
例えば会社に向かう途中のビルから頭をのぞかせる“虎ノ門ヒルズ”。
マッカーサー道路が下を走るあのビルには一度も入ったことがなかった。
虎ノ門ヒルズの先に赤い先端をのぞかせる“東京タワー”にも上らずに終わってしまいそう。

そんなちょっと“おせんち”な気持ちの帰り道。
幾度となくそうした様に外堀通りを南下し新橋へ。一人で飲み屋に入るのも気がひけたので新橋を左折し銀座へ。
この時間の銀座ってちょっと魅力的。
私がちょっとだけ残業した帰りと銀座のママさんたちの出勤時間がドンピシャ。
私の様な安月給のものなど相手にはされないが、店の外なら呼吸する空気も一緒なら、萬人の共有物である道路の闊歩ですれ違うことも多いに結構。
どんな人も皆美人に見えるから化粧とは恐ろしい。すれ違うだけでは化粧の厚さまでは計れないしね。
FullSizeRender-190.jpg FullSizeRender-191.jpg FullSizeRender-192.jpg
FullSizeRender-187.jpg FullSizeRender-185.jpg FullSizeRender-186.jpg
途中、いつも立ち寄る銀座7丁目の“TORIBA”珈琲で100円テースティングでエスプレッソをいただく。至福の時間。口の中に珈琲の爽快感が広がる。
そしていつも通りユニクロの前を通り「THE 銀座」とでもいうべき銀座和光の交差点の対面にある日産のギャラリーに吸い込まれていく・・・。
FullSizeRender-189.jpg FullSizeRender-188.jpg
ひとしきり歩くと空から雨がぽつぽつ・・・。やっぱり天気予報は当たるんだ。
P3285724.jpg P3285725.jpg

ちなみに今日の“銀ブラ”の後の夕ご飯は・・・
TOKYOのソールフード“富士そばのもりそば”。
IMG_1345.jpg
落語好きの先輩に教えてもらった通り、わさびはつゆには溶かさずそばに乗せ、たぐって食べる・・・。
東京に来る前、そばを食べるのにわさびを乗せたり、ましてや“たぐる”?なんて表現は使いませんでした。
東京かぶれかな?
P3285726.jpg P3285728.jpg P3285727.jpg


TOMICA NISSAN FAIRELADY Z NISMO COSTIMIED

すでに日曜の15時を過ぎているがまだ資料ができない・・・。
と昨日の段階でこういう状況になることを思い描いていたものの現実の世界ではようやくスタートラインに立った程度。
私、資料を作るの苦手です。
数字を集めて報告するくらいのものなら何てことないのですが、誰々さんに対しての報告会っていう奴はめっぽう苦手。
最初から頭の方が拒否してしまうからいけません。
最後の最後ギリギリまでエンジンが掛かってくれない・・・毎度のことですがね。

「TOMICA NISSAN FAIRELADY Z NISMO COSTIMIED」
P2125643.jpg P2125644.jpg P2125645.jpg

2014年9月に発売された「TOMICA No.40-8 NISSAN FAIRLADY Z NISMOの初回特別カラー」のものにデカールなどを貼ったカスタム品です。毎度毎度カスタム品を手にする度に思うのはそのセンスの素晴らしさ。
私もこれまでに数台のカスタムをしましたがやはり“センス”の壁というのは如何ともし難いものがあり、もう5〜8年は作っていません。
加えて、デカールを作れる環境にあるか否か?というのも越えなければいけない山の一つだと思いますが、本物に対する研究心と作り続けるパワーがない限り、“カスタム”という世界は入っていけないような気がします。

P2125646.jpg P2125647.jpg

おっとどっこい、そうこうしている間に15時を20分も回ってしまいました。
さあ、お尻に火を付けなくては・・・エンジン始動!フルアクセル!
P2125648.jpg P2125649.jpg
あゝ〜エンストしそう・・・。

プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -