TOMICA No.24 MAZDA CX-5

夜中じゅう降るかと思っていた名古屋の雪、期待した、いや思っていたほどでもなかった様子。
昨晩のうちに結構脅しておいたので、子供達は公共交通機関で通勤していきました。
家族でスタッドレスを履いているのは私の車だけで、我が愛車は妻が乗っていきました。
それでも15分もあれば到着するところを1時間掛かったとか。
結局、みんなが雪の備えをして走っていない名古屋では自分だけがスタッドレスを履いていたところで、何物にも代えがたい安心は得られるものの、タラタラ運転の巻き添えになってしまうという点では効果薄なんでしょうね。
「TOMICA No.24 MAZDA CX-5」
P1216049.jpg P1216050.jpg P1216051.jpg
ちょっと「白い世界」を期待していた自分が居ます。

私はいつもより10分早く家を出てゆっくりゆっくりバス停へ。
まだ日が昇る前ですのでいつもならバス停で待つ人は居ても一人がいいところですが、今日は20人以上が並んでいました。
バスは満員、前乗り後ろ降りの名古屋市の市バスですが、私なんぞ後ろのドアから乗ってくださ〜いって言われたくらいです。
バスは8分遅れで地下鉄の駅に到着。みんな考えることは一緒ですよね。
まだ夜も明けないうちから乗り切れない人が出るくらい満員のバスに揺られて通勤する・・・勤勉ニッポン万歳!って感じです。
P1216052.jpg P1216053.jpg
会社からの最寄りの駅を降りると大通りは完全に除雪完了!の状態でした。
裏道や日が当たらない歩道はカチカチのアイスバ〜ン状態。
IMG_2791.jpg
駅から会社までわずかな距離ですが“ペンギン歩き”です。

仕事の方はまだ降雪の影響大です。
なかなか予定通りに荷物が揃いません。
でもえらいものですよね。運転手さんも物流のチームも頑張ってくれているのがよくわかります。
日本中を何台のトラックが走っているか知りませんが、やっぱり私たちはその方たちに支えられて生活ができているんだと改めて知らされた今回の降雪でした。
P1216054.jpg P1216056.jpg P1216055.jpg

スポンサーサイト

TOMICA No.40 CHEVROLET CAMARO SPECIAL COLOR Ver.

やっと、やっと仕事初めです。
今までの経験で行くと、事務所の空気は凛としてどこか冷たく、中を舞っていた細かなホコリも時間を掛けてゆっくり落ちきり、心持ちも新年で新たな決心の一つでも持って迎えるところですが・・・今年はだめだ。
新年の船出というには時間が経ち過ぎている感でいっぱい。
社会人ですので「あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」の言葉は発せられるものの言っている本人に違和感がある。
来年のカレンダーを見ると1月6日が日曜日、7日が成人式とすると8日が仕事初めかな?また長そうです。

「TOMICA No.40 CHEVROLET CAMARO SPECIAL COLOR Ver.」
P1025996.jpg P1025997.jpg P1025998.jpg
兎にも角にも新しい年がやって来たのは事実で、区切りであるには違いなく、形式で的ではあるものの、朝礼でみんなの一年の抱負を聞くもみんな似たり寄ったり。
いまひとつ“ピシッ!”としないですが、区切りとしての“今日”を逃す必要はないですからね。
・・・という事で燃える“赤”!馬力のありそうなカマロにしてみました。
年齢的に“赤い車”何て私には無理ですがね。

P1025999.jpg P1026000.jpg

今日の仕事初め、私はいつもの通り5時過ぎに起き、自分の部屋でNHKの“おはよう日本”をつけ和久田アナウンサーの清々しい顔を見ながら身支度。
いつもなら6時の時報を受けリビングに行き朝飯にありつくのですが・・・部屋は真っ暗。
妻は寝坊をしてしまった様です。仕事初めから朝飯抜き・・・。これも長い休みのせいなのでしょうかね。
P1026001.jpg P1026003.jpg P1026002.jpg

今年、私が朝礼で言ったのは「NO PLAY NO ERROR」。
失敗したっていいじゃないですか。何にもしないで失敗がないより、なんでもやってみて失敗した方がどれだけいいか。
当然、他人の受け売りですが、やっぱりこれかな?

TOMICA No.37 MINIJOHN COOPER WORKS

寒いです。
まだまだコートは我慢していますし、手袋もマフラーもしていません。
夏の間ノーネクタイで過ごしていましたが、いまでもその延長でノーネクタイ。
ネクタイを締めると体感温度が3度程度違うという事ですからまずはそこからかな?
でもネクタイなしの生活に慣れてしまうと窮屈でしょうね。

「TOMICA No.37 MINIJOHN COOPER WORKS」
PB205728.jpg PB205729.jpg PB205730.jpg

MINIのオープンカーです。
こう寒いとオープンカーのミニカーを見ているだけで寒さが増すような感じがしますね。
PB205731.jpg PB205732.jpg

先週から今週にかけて立て続けに東京での配属先の面々が尋ねて来てくれています。きっと本社は暇なんでしょう?
私との打ち合わせのために来る人もいれば名古屋の別の部署に用事があって寄ってくれる人もいます。
今日も東京で一番仲が良かった奴が寄ってくれました。
手土産は銀座の“空也の最中”。昼過ぎには売り切れてしまうお菓子です。
IMG_2420.jpg IMG_2421.jpg IMG_2422.jpg
包みを開ける過程がウキウキするような東京の粋を、東京の歴史を感じる事が出来た思いです。

こ奴がまた変わった奴で昼は自席でさっと済ませ、メトロの銀座線で虎ノ門から銀座まで行き、また虎の門まで歩いて帰るというストイックなウォーキングをしています。約3キロくらいだと思います。1年半で10キロ、しっかり筋肉をつけながら着実に痩せていました。
私が東京にいるときには昼は必ず一緒に行っていましたし、単身赴任の私を気遣ってか、夕飯も誘ってくれ、よく飲みにも行ったものです。
美味しくて安い店を探してきてくれるので結構楽しめましたよ。
PB205733.jpg PB205735.jpg PB205734.jpg

寒い寒いと言っていますがまだ11月です。
確かに季語の世界では“冬”なのでしょうが、本当に寒いのは12月〜2月頃までですからね。
今頃から全力防寒をしていたのでは“本当の冬”が越せなくなってしまいます。

でも“風邪”を引いてしまわないように注意しないといけないですね。

TOMICA N0.37 MINI JOHN COOPER WORKS

朝から妻とお出掛け。
向かうは名古屋の隣町“東海市”。
目的は“知多半島映画祭”。
2週間前、日曜日の昼からやっているこの地方の情報番組で紹介されていたのがこの映画祭でした。
俳優の津田寛治さんが知多半島で撮影した短編映画が上映されるとの事でした。
妻は知多半島生まれ知多半島育ち、「観たい?」と聞くと「観たい」との応え。まあ当然ですよね。

「TOMICA N0.37 MINI JOHN COOPER WORKS」
PB195722.jpg PB195723.jpg PB195724.jpg

映画祭自体は2部形式で1部で津田寛治さんが監督された「あのまちの夫婦」が上映され、第2部が5作品で構成されたショートフィルムのコンペティション形式。全作品が紹介された後、観客の投票で優勝と準優勝の2作品を決めその場で表彰するというものです。
映画は好きですが、もっぱら映画館に足を運ぶのでは無くテレビ。今ならアマゾンビデオなんていうのもよく観ます。
ですが、今回は全てが25分前後のショートフィルム。
正直、ショートフィルムの映画というのを初めて観ました。またこれが超面白い。
作品の時間が短いという事は映像に、セリフのひとことひとことに、動きの一挙手一頭側に、そして風景から効果音まで全く無駄無くその完成度はすごかったです。
ショートフィルムと聞いて期待していなかった私は一本目に紹介された作品から驚かされっ放し。
何せ主演が濱田岳さんで脇を固めるのが佐藤二朗さんや夏緒さんといった最前線の役者さんだったりします。
ちなみに佐藤二朗さんは名古屋の東隣の東郷町の出身です。
5作品の中には実際の女性の銀行員の方がメガホンを持たれた作品が有ったり、ミュージカル仕立ての時代劇が有ったりとどれも観応えあるものばかりでした。
DSC02919.jpg PB195725.jpg PB195726.jpg

ちなみに津田監督の作品はコンペティソンとは別の上映でしたが25分もののショートフィルムでした。
知多半島のいいとこ取り、いや“いいとこ撮り”をした作品で、主演は妻の実家のある美浜町の隣町、セントレア空港のある常滑市出身の渡辺哲さん、脇を固めるのは、妻役に赤座美代子さん、悩める同僚役に原田篤さんなどなど。
妻も喜んで観ていました。

PB195729.jpg PB195730.jpg PB195728.jpg

「映画祭」って言葉はよく耳にするのですが、参加するは初めてでした。
とても面白かったです。全国にいくつもの「映画祭」なるものがある事も、今日初めて知りました。
映画製作会社や、映画を作るお手伝いをするフィルムコミッションという会社が各地にある事・・・
俳優さんが脚本を書いたりメガホンを握る事もある事・・・
映画を好きな人がいっぱい居る事・・・
などなど、今日は知らない事がいっぱい知れたし、面白い体験をいっぱいさせていただきました。

この“知多半島映画祭”今年で7回目との事。来年も来たい!って思いましたよ。


今日はショートフィルムの映画祭だったという事でこの土曜日に発売された“ミニ”のミニカーを載せてみました。
いつもあんちょこな選択で申し訳ありません。

TOMICA No.21 ABARTH 124 SPIDER

お彼岸の中日。
妻の実家の墓参り。この歳になりあらためてもうのはこういう行事の日程。
彼岸だから墓参りにでも行くか・・・となりますからね。
遠くにいる場合は彼岸だからといってなかなか実家には帰れないかもしれませんが、私の実家は車で10分足らず、妻の実家は車で1時間程度、どちらの家も一人で暮らす母のみ。
ちょっと様子を見に行くにはいいきっかけになりますからね。
先月には民族大移動のお盆があったばかりです。そして少し前には“敬老の日”なんていうのもありましたよね。
うまいこと親の具合を見に行けるようにうまくできているなあって感心します。

義母が、私の愚息から電話がありとても嬉しかったって言ってました。
子供にもいい感じで伝わっているのかもしれませんね。

「TOMICA No.21 ABARTH 124 SPIDER」
DSC02539.jpg DSC02540.jpg DSC02541.jpg
DSC02542.jpg DSC02543.jpg DSC02544.jpg

週間予報では雨模様だった今日土曜日。好天とは行かないまでも雨はなし。
私にとって、妻の実家に来る楽しみは“海”。
落陽は期待できない今日の様な空でも、曇りなら曇りなりの、雨なら雨なりの、好天なら好天なりの姿を見せてくれる“海”があります。
だから、ぼーっとする時間を楽しむにはぴったりです。贅沢ですね。
今日は海からの風だった様で、小さな白波の立てる音が絶え間なく聞こえ、その中に時々、沖合のセントレアに降り立つ飛行機のバックファイヤーの音が混ざってきます。
FullSizeRender-225.jpg
こんな景色を毎日観れたらいいとは思うのですが、ここに住むとなると難しかな?
ステンレスの自転車でも錆びてしまうのですから。
それでも私のストレス発散方法の上位に来るのは間違いなくここで、こういう場所に接点があるだけも幸せなことです。

DSC02547.jpg DSC02549.jpg DSC02548.jpg

暑さ寒さも彼岸まで・・・
うまく言ったものですよね。私は未だにタオルケットを掛けて寝ていますが、妻は薄手の毛布に変えました。
休みに日中はTシャツに短パン姿の私ですが、世間の皆様はすでに秋色の装い。
いつの間にか秋が深まり冬になって行くんでしょうね。

プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -