TOMICA No.105 NISSAN SKYLINE

明日の大阪出張を前に資料を作る予定でしたが野暮用が出来て急遽名古屋入り。
出来の悪い子供達が面白いように色々と課題を与えてくれます。
三人に居ると同じもの食べて育ったはずなのにやはり三人三様。
子供の頃からずっとそうでした。
平穏無事の年はなかった様に思います。もしかしたら平穏無事の“月”も無かったかも?
楽しませてくれたということはその都度都度親に求められる勉強をするチャンスをくれたわけで後から考えると反省もありますが苦笑をする様な思い出ばかりです。
それにしても、もうみんな20歳を過ぎたんだから法律を守った上で、他人に迷惑を掛けない様にしてくれればいいんですがね。
「TOMICA No.105 NISSAN SKYLINE」
DSC01342.jpg DSC01343.jpg DSC01344.jpg
“スカイライン”っていうと昔はトミカ「20」番の定位置を確固たる信念で守りきっていましたがこの車に至っては「105」番。戦力外通知の様なものですよね。もっといえばそれも2014年の話で、今や「スカイライン」・・・。
確かに23番に「GT−R」は残っているものの「スカイライン」という名車はラインナップにはありません。
おもちゃとしても、パトカーとか色々とバリエーションも増やせるいい車種だと思うんですがね。
DSC01345.jpg DSC01346.jpg

今の若者は・・・何ていう如何にもオヤジ臭いことは言うつもりもないですが、手を抜いていいことといけないことの区別がつき難くなっている様に思えてなりません。
大切なことでも連絡は“LINE”ですからね。ありえない!っていつも怒るんですが、実際の子供達サイドからすると、“LINE
”で事足りる連絡と、“ LINE”ではいけない連絡の区別がつかない様です。
このままだと車内の連絡も“LINE”で届く様になるのかも?言い足りない部分はスタンプに代理で伝えさせるのかな?
まあ、この辺りも親の教育の足りなさの表れなんでしょうね。

DSC01347.jpg DSC01349.jpg DSC01348.jpg

名古屋に来れたことでクラブワールドカップの準々決勝戦を夫婦でテレビ観戦することができました。
前半ははらはらでしたが、後半は収取アントラーズペース。結果は余裕綽々の2ー0。
また明後日南米王者との準決勝戦。

明日の大阪行きが名古屋経由になった事で余分に自腹のお金はかかってしまいましたが、明日の朝、ちょっとゆっくり寝れそうです。

今日は時間を見つけて妻の実家へ。私の狙いは“海”。
FullSizeRender-111.jpg
この景色一つで2週間は元気が出そうです。

親も成長しなくてはいけないですが、子供達も成長してくれないと。
いつまでも心配させられても困ってしまいますからね。





スポンサーサイト

TOMICA No.111 TOYOTA L&F GENEO 8FD70

いつの間にかコートを着込んだサラリーマンの方が多くなってきた。
もう7〜8割かな?それくらい一気に寒くなった。
そりゃあ明日で11月も終わってしまいます。
11月・・・霜月・・・霜が降りるくらいだから寒いはずですよね。
明日が終わると「師走」に突入!街もどんどん華やかに。
夜が長くなる分、眩いイルミネーションが存在感を示すようになる・・・いい時期かな?

「TOMICA No.111 TOYOTA L&F GENEO 8FD70」

DSC01321.jpg DSC01322.jpg DSC01323.jpg
定格荷重7tの大型のリフトです。
私、リフトに乗れます。自分で言うにも何ですが、上手い方だと思います。
ガソリンのリフト、充電式のリフト、立ちリフトなど何台か運転してきましたが、せいぜい1.0t〜1.5tのどちらかというと小型のもの。お尻が浮く経験もたっぷりしました。
リフトって結構動かしていて楽しいですよ。重い荷物をぐ〜〜んと持ち上げウィ〜〜っと移動させる。
自分が力持ちになったような気分です。

DSC01324.jpg DSC01325.jpg
DSC01326.jpg DSC01328.jpg DSC01327.jpg

師走は坊さんが忙しなく働くの意味ですよね。
現場の時は確かに忙しかったですが、今の部署では師走を満喫する忙しさがありません。
別の意味では年がら年中忙しいのですが、年末ならではの忙しさを乗り越えて迎える年始の満足感は味わえないような・・・。
ちょっと残念かな?



TOMICA No.106 TOMMYKAIRA ZZ

昨日、暑かった。
東京から名古屋入りするのに着てきたコートが完全に不要。カバンの中に押し込んでの東京入り。
コートなしでも暑い。ネクタイがうっとうしかった。

今朝の東京。天気予報では寒くなるとのこと。
正直な私は疑うことなく言われるままに・・・
いつもの様にマフラーを巻きコートを着込んでアパートを出る。
手袋は・・・。要らなかった。コートのポケットに入れたまま。
駅に着き、いつもの様に並んでいると無性に熱くなりマフラーを外しカバンに押し込む。
〜あゝコートを着てこなきゃよかった〜

午前中2つの会議を過ごし、外出のために外に出ると・・・寒い。
折しものにわか雨を受け一気に気温が下がったのか・・・寒い。
マフラーはいら無いもののコート無しでは居られないくらい・・・寒い。
〜天気予報がやっぱり正しかった〜

「TOMICA No.106 TOMMYKAIRA ZZ ,issued 2015」
P2154325.jpg P2154326.jpg P2154327.jpg

昨日の陽気ならピッタリだったのに、まだまだオープンカーの出番では無さそうですね。
そりゃそのはず、20度近くの気温差だったらしい。
お年寄でなくてもこの温度差はしんどいですよ。
まだまだ春を迎える三寒四温のリズムでは無いもののいつも間にかリズムが合ってきて待ちに待った“春”を迎えるんでしょうね。

P2154332.jpg P2154329.jpg P2154331.jpg

今週の半ばにまた暖かい日があるそうです。
体調をくずさない様にしなくてはいけないですね。まだまだインフルエンザも流行している様ですしね。

P2154328.jpg

TOMICA No.120 SUBARU BRZ

青、青、青・・・青いミニカーって有ったけ?
アパートに帰ってから東京に持ってきたわずかなミニカーの中から探す・・・。

「TOMICA No.120 SUBARU BRZ ,issued 2014」

2015-02-10 22.29.38 2015-02-10 22.30.00 2015-02-10 22.30.19

今日は“青”にこだわりたいと思ったので有ってよかった〜。

「Blue Bottle Coffee」に行ってきました。
だから「青」のミニカーじゃなきゃだけだったんですよ。
ヤフーのトピックで「コーヒー界のアップル」と評されたお店です。
今日は午後から日本橋箱崎で会議。そこから清澄白河のお店まで2キロ弱。
〜歩くか〜

隅田川・・・永代橋と清洲橋の真ん中、高速の脇の橋を渡る。川上には薄暗い下町の中にスカイツリーシンボリックに立っています。川下には晴海の各戸に明かりの灯る超高層マンション街が・・・。東京って不思議な世界があちこちに見えます。

18時前に到着。ネットで見ると閉店時間は19時。
う〜並んでる。聞けば40分待ちだとか・・・。2月6日の開店初日には3時間待ちだったらしいからまあそんなものか。
IMG_6847.jpg FullSizeRender-14.jpg IMG_6842.jpg
IMG_6843.jpg IMG_6844.jpg IMG_6845.jpg
お店の人に相談して選んだのはSINGLE ORIGIN の“コスタリカ”。550円也。
スーツにコート、マフラーに手袋。完全重装備で歩いてきた私は少し汗をかき、冬空の下並んで待つことで妙な寒さを覚える。
こんな時はあまり個性的でないあっさりした珈琲が飲みたい気分。
“コスタリカ”って苦味も渋みも少ないそうです。
「Blue Bottle Coffee」の特徴は、注文を受けてから1杯づつドリップで入れるっていう手間と時間の掛かるやり方に有って、待つ事・・・5分くらいかな?
〜香りをお楽しみください〜
心地よい一言を添えて渡してくれました。
“玄関開けたら2分でご飯”が食べれるご時世にコーヒーを飲むのに40分並んで注文が完了してから5分待たされる・・・。でも美味しかったですよ。

お店のマークの入ったドリッパーとお勧めの豆を買ったのでコーヒー好きの愚息に送ってやることにします。

2015-02-10 22.31.41 2015-02-10 22.32.08 2015-02-10 22.30.56

清澄白河って直場から近いわけでもないし、生活圏でもないし、珈琲は美味しかったけど次はないかな?
でも表参道や赤坂を歩くより、この辺りを歩く方がなんかホッとする私です。













TOMICA 119-1

私の中の幹線の一つは多くのミニカーコレクターの方と同様に紛れも無くトミカです。
今日はそのトミカの中でも私の中での思い出の一台にします。

「No.119-1(F39-3) FERRARI BB 512 ,issued 1988」

DSC08311.jpg
1988年って私が結婚した年です。もう随分前ですね。
青箱では'86年から出ている様ですが、持ってはいません。
私のミニカーコレクションが結婚後再度発症した事を思うと時期的には青箱では無く、赤箱に移行されてからとなりますので持っていなくても当然となります。

DSC08312.jpg DSC08313.jpg DSC08314.jpg
やっぱりフェラーリは独特な世界観を感じますよね…何て偉そうに書いていますけど車の事は良く判りません。
DSC08317.jpg
ferrari_512bb[1] DSC08319.jpg



この車が何で思いでなのか…。
それは…‘これ’が理由です。
DSC08315.jpg DSC08318.jpg

今年大学生にになった息子…
この坊主が歯が生えてきた1歳位のことですのでもう17年以上前の話です。
子供手の届かないところにミニカーは置いていたはずのなのですが事もあろうことに口に咥えている…。
しかも"パキッ"という鈍い音…。
慌てて取り上げたフェラーリはフロントガラスが…。
破片を探す…無事見つかった・・・飲み込んではいなかったのでひと安心。

ミニカーの冷たさが口にふくむには心地よかったのでしょう。
生えかけた歯がフロントガラスの部分に緩く当たって気持ち良かったのでしょう。
この"フェラーリBB512"は新しく買い増す事無く、我が家にあるのはこのフロントガラスが割れた1台のみです。

そんな愚息も原付の免許を取り、バイクを買い…いっチョ前に大学生活を楽しんでいる様です。
IMG_4231.jpg





プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -