FREE WHEELS LOTUS 33 CLIMAX

いよいよ今シーズンのF1が開幕しましたよね。
地上波からBS放送に変わってしまって少し面倒になってしまったからか少し縁遠くなって見逃す事も多くなってしまいましたが…
今年はテレビを買い換えた事もあり、今日の予選の放送も今までに無かった大迫力でバッチリ!
さッすが52型!狭い我が家ではまるで映画館のスクリーンの様です。

「FREE WHEELS No.20009 LOTUS 33 CLIMAX」

20130315-2 018 20130315-2 018 20130315-2 020
今年のF1。下馬評では醜いマシン何て言われていますが、どうのこうの言ってもやっぱり“夢のマシン”。
マシンの性能云々という事に関しては良く判らない私の事ですので、単純でいいですよ。
ただ、レギュレーションも相当変わってしまったようでまだ多くのチームがマシンを作り上げられていないという事なので、そっちの方が心配です。
また、ハイブリット化されたことでモーターで160馬力程度のパワーが得られるなどはいいとしても、あの心を揺さぶる“F1 SOUND”が残っているかも…。
20130315-2 026 20130315-2 022

こんなチープなおもちゃでも美しいですよね。
RO-TASU.png
実物のマシンの美しさとは程遠いものが有りますが、こんなおもちゃでも思いを馳せウキウキさせてもらえるのですからやっぱりモータースポーツ最高峰の凄さですよ。

今日の予選の結果ではCaterham F1 Teamの小林可夢偉は15位。
まだまだ車が出来上がってはいないという事ですよね。何せロータスの2台は最終列からのスタートですから各チームのもがく声が聞こえてきそうですよね。

20130315-2 025 20130315-2 024

明日の本戦は夕方の5時からの放送です。
私は…明日から6連勤が始まります。体力が持つのだろうか…?
まぁ、F1は連勤が終わった後、録画でゆっくり楽しませんていただきます。

~ガンバレ可夢偉!~
スポンサーサイト

FREE WHEELS LOTUS FORD 49B

今日載せるのは2011年2月25日以来のミニカーメーカーの車です。
日本模型株式会社(ニチモ)社の物ですが、最初に載せた時、余りの可愛さにコンプリートするぞ!と制覇を宣言。
もっともシリーズが全10種類しか無いという事が判っていての発言ですので、時間の問題かなぁという思いが頭に有っての事でした。でもなかなか世に出てこないですね。
つくられたセット数もまったく「?」。
ウィキペディアを見てもプラモデルを作ってきた歴史は把握できてもミニカーをつくっていたと言う事は記載されておらず…
「全10種」というのも箱に10種類の名前が記されているから判った事で情報が少ないミニカーです。
今回新たに4台をゲット!載せていなかったもう1台もあり、6/10のコンプ状態になりました。

「FREE WHEELS No.20005 LOTUS FORD 49B」

20140121 008 20140121 009 20140121 010

このミニカー、いつ頃の物なんだろうか?
20140121 016
ミニカーの入っているケースは透明のプラ製ですが、ミニカーが乗っている箱の台はあまり見かけなくなった「セルロイド」製…。
味のあるチープなデザインにやられてしまいます。

このミニカーの愉快な点がもう一つ。
遊び尽くされたミニカーってよく軸がハの字に曲がったりしますよね。
私の好きなLESNEYは太い鉄の棒ですので余程の事が無い限り曲がらないと思いますがマッチボックスのスーパーファーストやトミカなんかも遊ばれた濃さによって車輪がハの字になります。
当のミニカーにとっては“遊んでもらえた勲章”の様な物なのかもしれませんが、このミニカーに至っては何と!「分解して直せる」という特典付きです。
20140121 015一部分をアップすると…
20140121 014ほらこの通り!よ~く考えられたチープマシンです。


20140121 012 ロータス 20140121 013
気持ちは判るけれどちょっとウィングがきつ過ぎない?実車と違い過ぎ!

20140121 011
残りの数台はまたいつかアップします。

今回のニチモのミニカー「No.20005」…何処から数えて20005番何だろう?
20001番からスタートしたものなんだろうと思っていますが、まったくの判りません。
もっとも20001番から始まって20010番で終わってしまうなんてちょっとさみしいですよね。



FREE WHEELS HONDA F-1 V12

調子に乗りやすいのが私の欠点なのは判っていても、いつになったら載せられるのだろうと思うとこの機を逃す事は無いですよね。
…という事でホンダF1 V12繋がりです。

「FREE WHEELS HONDA F-1 V-12 」

日本模型株式会社(ニチモ)製の、「FREE WHEEL」というシリーズの1台です。
DSC00106.jpg DSC00107.jpg DSC00108.jpg
出来が良いのか悪いのかと聞かれたら…決して良くは無いと答えるでしょう。
ホイールだってリアリルじゃないし運転手は何じゃこりゃ出し…チープです。ガチャガチャのおもちゃの方が作りが良いかもしれません。
でもこのシリーズも結構つぼです。

DSC00109.jpg DSC00110.jpg DSC00111.jpg
ネッ!チープでしょ?
さてこのシリーズの話ですが、このホンダF1を含め10台で構成されていて
No.20001 ホンダF1 V12
No.20002 フェラーリF-12
No.20003 ローラフォードV8
No.20004 ロータスフォード
No.20005 ロータスフォード49B
No.20006 ロータス59F 3/B
No.20007 アラバムレブコ
No.20008 B.R.M. H16
No.20009 ロータス33クライマックス
No.20010 イーグルフォード

私の家には20001と20002の2台があります。20002番のフェラーリはまたいつか。
このシリーズの面白いところはタイヤを直せるんです。
DSC00114.jpg
裏のマイナスビスを外すとバラス事が出来、曲がってしまったシャーシを伸ばす事が出来るんです。
"植物油"を注油してくださいっていう注意書きも有ったりして結構謎のミニカーです。
DSC00113.jpg DSC00112.jpg
まっ、それなりにかっこよくて満足ですよ。






プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -