TOMICA TOKYO DISNEY RESORT “CHRISTMAS 2014 MIXER TRUCK”

私が8時間の鉄道の旅をしているの間に妻が上京。
私が函館北斗駅を発つ前にはすでにアパート入りし全力で大掃除を開始してくれた様です。
本来なら22日に妻が新幹線で東京入りし、私が羽田からという事で東京駅で待ち合わせの予定でしたが、雪で北海道脱出ができなかった事で妻の上京も順延。

毎年この時期の連休を利用し我が家の財務大臣である妻が監査にやってきます。

「TOMICA TOKYO DISNEY RESORT “CHRISTMAS 2014 MIXER TRUCK”」
PC255556.jpg PC255557.jpg PC255558.jpg
あちこちの街がひときわ華やかになるこの時期、街ゆく人も誰もが幸せそうです。
私も随分前からこの3日間のイベントをチェックし企画していましたが、“50年振りの大雪”にはさすがに勝てず23日の予定は全てキャンセル。
勝負はイブの今日からですが、予定の見直しは必至。
二重橋駅で地下鉄を降り三菱1号館美術館へ。
「拝啓ルノワール先生 ー梅原龍三郎に息づく師の教え」という企画展をやっています。
梅原龍三郎というと「浅間山」や「富士山」をモチーフにした画が好きです。
今回ははち切れんばかりの女性の画が有名なルノワールに師事した時の話?
〜龍三郎にせよルノワールにせよ私の知識は全く偏ったものでお恥ずかしい限りです〜

IMG_0482.jpg FullSizeRender-119.jpg
メインのイベントは渋谷の東急bunkamuraのシアターコクーンで行われる観劇。
岩松了さん作・演出、村上虹郎さん、小泉今日子、豊原 功補などが出演する舞台です。前後半2時間42分の見応えある舞台でしたよ。
PC255559.jpg PC255560.jpg


渋谷のイブの夜・・・すごいですね。22時を回っているのに人で溢れている!
サンタの衣装を着たバイク軍団が・・・スクランブル交差点のど真ん中で座り込んで写真を撮る中国系の若者が居たり、動画を撮りながら渡るものが居たり・・・赤でも平気で渡り始める外国人の集団が居たり。
あのスクランブル交差点だけはなんでもありの無法地帯ですよ。
FullSizeRender-149.jpg IMG_0501.jpg

妻は明日の昼過ぎの新幹線で名古屋に戻ります。
今日もそうでしたが、お店で探すのは3匹の子豚たちへのクリスマスプレゼントばかり。
もうみんな二十歳を超えたんだからね。もうそろそろ子供達のことを一番に考えなくてもいいんじゃないかな?
PC255561.jpg PC255563.jpg PC255562.jpg






スポンサーサイト

TOMICA TOKYO DISNEY RESORT “BRINGING YOU CHRISTMAS CHEER! 2016”

東京の単身のアパートに到着。

昨日から今日に掛けての一連の出来事。
今となってはとても貴重な体験だったとあらためて感じています。
宿泊費・・・交通費・・・万単位のお金が動く中で一つの判断で全く違った結果につながる危うい掛けの様なスリリングな2日間でした。

「TOMICA TOKYO DISNEY RESORT “BRINGING YOU CHRISTMAS CHEER! 2016”」
PC235541.jpg PC235542.jpg PC235543.jpg

今回の札幌での打ち合わせへの東京のメンバーの参加は4名。
その4名が北海道に足止め状態になりました。

札幌の空、一晩中細かい雪が降りつ空いていたのか街じゅうが“白”一色。

テレビを付けると・・・
千歳空港に2500人が泊まったとのニュース。
みんな支給された毛布にくるまって疲れ果てた様子です。
空港のJALのカウンターにはキャンセル待ちの人の長い列。

私たちは7時半にホテルのロビーに集まって作戦会議。
昨日の15時に押さえた今日の15時発の飛行機の離陸を信じ千歳に向かうか・・・
飛行機を押さえた後安全パイとして予約を入れた北海道新幹線“はやぶさ”を使い陸路で8時間をかけて東京に向かうか・・・。
みんなの意見は割れはするものの結果として陸路を選択。
札幌駅に行き、函館行きの臨時列車の空き7席の内4席を確保。
何とか手に入れたスーパー北斗の出発までの2時間。
ドトールコーヒーで朝食。その間に携帯から航空券のキャンセルの手続きを行う。
雪は降り続き、JRの改札周りには交通の大混乱の取材に報道各社のカメラクルーがうようよ集まってきた。
その間にも千歳から飛び立つ飛行機の情報がいくつも届く。
札幌駅は通勤の方を含め徐々に人で溢れる。
私たちが選択した函館北斗駅から北海道新幹線、東北新幹線を使っての東京入りを目指す人が乗る“スーパー北斗”と同じホームから出発する千歳空港への快速電車の数々を見送る中で気持ちが少し戸惑う。
札幌駅を発ち、しばらくすると雪によりポイントの交換ができなくなり電車が20分以上止まる。
本当に函館にたどり着けるのか?みんな不安に思っていたにちがいないでのですが誰も声にも態度にも出さない。
北海道に住む実兄からテレビの情報が寄せられる。
「札幌駅では千歳に行く人で溢れ電車に乗り切れない人もいる。ホームに上がることもできず長蛇の列・・・」

FullSizeRender-118.jpg IMG_0448.jpg
FullSizeRender-117.jpg FullSizeRender-116.jpg IMG_0451.png
IMG_0454.png IMG_0455.png IMG_0460.png
札幌から函館北斗駅まで約4時間。電車は25分の遅れ。
東西南北の位置関係は全くわかりませんが聞いたことのある駅名を幾つも過ぎ、黒い雪雲の下、大平洋の荒波が打ち付ける閉ざされた様な寂れた街を抜ける。
マップで照会すると街と街を結ぶ効率的な札幌ー函館間の直線とは程遠い生活圏が繋がれる。
特急列車だというのに、よく聞く地名の駅だというのに、降りる人も乗る人も街ゆく人もまばら。
ホームや駅舎ですら地方の私の知っている無人駅の如く。
函館北斗駅での乗り継ぎの40分を使いメシ屋を探すが・・・無い。
空の便の混乱からか異常に混んでいる駅舎はキヨスクの駅弁もほぼ売り切れ状態。
駅舎の外へ出るが店屋もなければ喫茶店はおろかコンビニも無い。函館まで行けば全く違うのでしょうが、函館北斗の駅はあくまで乗り換え用の駅でしか無いのかも知れません。
PC235544.jpg PC235545.jpg
青函トンネルに入り車窓は真っ暗に。
北海道新幹線に乗り、トンネルに入り、やっと本州に戻れる安堵感を感じました。
IMG_0465.png
私が青函トンネルを使い北海道と本州をつなぐ間際の地にいたという証拠。すごく貴重な体験をしました。

盛岡に近づいたあたりでまた実兄からメールが・・・
「13時台からの飛行機は全て欠航になったから・・・」
一気に緊張していたものが解けたような気持ちになりました。
“飛行機を選択していたら・・・あのまま千歳に向かっていたら・・・また札幌に戻り、ホテルを探している運命だった”

PC235546.jpg PC235548.jpg PC235547.jpg

鉄道好きの友人から今回の一連の事に関して「大変だったけど羨ましい」というメッセージが届きました。
確かにその通りかも知れません。
こんな事でもない限り、鉄道で札幌ー東京間を移動するなんて事はあり得ません。
青函トンネルだって一生通らずに居たに違いありません。

会社のお金での出張だからできた技。
だいたい札幌に帰ってホテルに泊まる事も有るはずもない。
3万も4万も掛けて東京に戻って来なくても、空港が開くまで待ち続ける以外に選択肢はない。
そう考えると、やっぱり貴重な経験でした。

PC235549.jpg
上野駅で新幹線を降りました。
改札で切符が欲しいと思い切って伝えました。
女性の駅員さんがニコッとし、パンダのハンコを押して一言添えて返してくれました。

「旅のいい思い出にしてくださいね」って。



TOMICA DISNEY RESORT CRUISER ENJOY HAPPY HALLOWEEN! 2015

今日の仕事帰り。
少し寄り道をして表参道へ。
結局欲しかった物は見つけられず帰路へ。
あろうことか乗る方角を間違えて2駅乗り過ごす。
慌てて飛び降り反対向きのホームへ。
東京へ来て2年半、自分で言うのもなんだが公共交通機関に関しては随分使いこなせる様になったはずなのに・・・。

電車を待っていると向こうからどこかで見た人が・・・。
あのぼさ〜っとした歩き方はやつにちがい無い!
中学・高校と一緒のやつが目の前をこちらに歩いてきます。
“斎藤!”びっくりする奴。でもすぐ私のことが認識出来た様でお互いに久々の再会を楽しみました。
名古屋から随分離れた東京で奴も頑張っている様でした。ラインを交換し、飲みに行く約束をし。
お互いに年をとったものです。

奴と別れて地下鉄へ。数駅走ると驚く格好をした若者が数人。
囚人服を着た人や“KISS”のメンバーの様に目の周りに大きな星を書いた人。
この寒いのに超短いショートパンツにチューブトップだけの女性などなどなど・・・。
そうハロウィンなんですよね。これから渋谷に行くんでしょうかね?

「TOMICA DISNEY RESORT CRUISER ENJOY HAPPY HALLOWEEN! 2015」
PA315304.jpg PA315305.jpg PA315306.jpg

ハロウィンもののミニカーってディズニーのミニカーを中心に何台かもっていますがこの時期以外の紹介でき無いっていうのが課題。この期を逃す必要なんてないですよね。
PA315307.jpg PA315308.jpg PA315309.jpg
PA315310.jpg PA315311.jpg
PA315312.jpg PA315314.jpg PA315313.jpg
今日見かけた人たちもそうですがいい年の大人が仮装をして街を歩くだけのイベント?ってイメージが強すぎてどうも馴染めずにいます。
むしろ嫌悪感かな?
今の子供達の世代の様に小さな頃から何かしらで接してきていると、私の様な間違った認識は持たなくなるのでしょうが、ニュースなどで出てくる映像だけだと“何が楽しんだろう?”って思いしかありません。

来年、まだ東京に居たら渋谷に見に行ってみようかな?
実際に見てみると何か違った見方ができるかも?

それにしても今日の偶然の出会いには本当に驚きました。
これが“ハロウィーン”なんだとすると、何か不思議な“力”を感じます。

TOMICA DUFFY-BUS DISNEY VEHICLE COLLECTION

疲れがピークだった週末。
ブログを書こうと思って机に向かって・・・までは覚えていたのにそれ以降の記憶がなく、気がつくとキーボードに手をついたまま朝を迎えた私。
斜めに堪えていた首が痛い。
浅くかけていた腰も同様。少しひねっていた様で痛い。
結局、風邪と足の裏の筋の損傷に加え、首痛、腰痛とラインナップを充実させて土日に突入。
念願だった敷きパット、タオルケットの選択は、この時折雨交じりの雲の下では叶わず。

でもとりあえず1週間を終えたことでホッとしている自分がいます。
食べるものがカップラーメン位しかなくなってしまいましたが、天候の悪さに足の痛さも手伝って出歩く気がせず終日部屋の掃除。

「TOMICA DUFFY-BUS DISNEY VEHICLE COLLECTION」
P9265093.jpg P9265094.jpg
P9265095.jpg P9265096.jpg
癒されるんです、このバス。
かわいいのもかわいいんですが、触ると“もふもふ”なんです。わかってもらえますか?この微妙な表現。
「フロッキー加工」っていうのが正解なのかもしません。
さわると・・・“もふもふ”なんです。
随分ミニカーを趣味としてきましたが、ミニカーにこんな加工がされているものは初めてです。
まあディズニーのミニカーとマッチすることこの上なしです。。

P9265097.jpg P9265099.jpg P9265098.jpg

9月はなぜか出張が多く、運が良いのか悪いのか名古屋にも随分帰らせていただきました。
よってアパートで迎える実に4週間ぶりの土日です。
足は痛いですが、掃除をしなくてはいけない!って事になったのはトイレに出来たサボったリング・・・。







続きを読む »

TOMICA DISNEY RESORT CRUISER

東京に向かう“こだまのグリーン車”、いつもと同じ時間のいつもと同じ席。
今日も台風+秋雨前線の影響で一面の雲。
そういえば東京から名古屋に戻る時も、名古屋から名古屋に行く時もいつも決まって窓側D席ですが、富士山を拝めたのは何回あっただろうか?
本当に不思議な山です。まさに“霊峰富士”。こんなに近くを通るのにあんなにでっかい体を隠してしまえるのですから。
今日は雲が空全体を覆っていて絶対拝めない事は確実です。
たまには美しい稜線をみたいものです。
さあ、東京に行くぞ!

「TOMICA DISNEY RESORT CRUISER」
DSC01165.jpg DSC01166.jpg DSC01167.jpg
2001年に発売されたディズニーリゾートのクルーザーです。
このバスのバリエーション違いとして、今ではハロウィンや七夕、クリスマスなど企画ものも多く出ている様ですが、多分今回載せたバスが最初のものだと思います。
各云う私は東京に来る前も東京に来た後も一度もディズニーランドに行ったことがありません。
こういう天然記念物ものの私ですが、このリゾートクルーザーのバリ違いだけはお仲間を通じていっぱい持っています。
何か夢のあるバスだと思いませんか?
DSC01168.jpg DSC01171.jpg DSC01169.jpg
一度は乗ってみたいと思うのですがね。
DSC01170.jpg

「EXカード」を使って新幹線の改札を通ると「ICご利用票」なる紙がでてきます。
乗る電車の席次などの情報が印字されているのですが、この用紙がいつの間にか溜まっていって一つのコレクションの様になっています。
100枚以上は楽にあるでしょう。東京に来て2年半、30ヶ月。月1回の帰省で新幹線には往復で60回は乗っていると思いますが、100枚以上とはこれ如何に?
会社からの帰省旅費の補助は月に1回分。ということは60枚以上の分は当然自腹。
単純に片道1万円としても自腹額は40万円以上?
世のお父さんたちのほとんどはは“宵越しの金は持たねえ!”って主義でしょうから、へそくりなんぞは持ってみえないですよね。
私も同様ですからこの自腹分はすべて生活費や小遣いを切り詰めて用意したものという事になります。
〜痩せる思いですよ〜
*それでも痩せることは決してないですが。

DSC01172.jpg
東京にいるうちに一度はくぐりたい浦安の夢の扉。
ここに行くにはもっと痩せる思いをして小銭を貯めないとダメみたいですね。
プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -