LESNEY No.73A 10TON PRESSURE REFUELLER

今日は本当に久々にLESNEYを載せることにします。
というか、私の持っている“LESNEY”は既に紹介し切ってしまったと思っていたところ、過去の記事を見返す中で載せ忘れていた物を発見!
“LESNEY”って“MATCHBOX”の前身で、1953年から1969年まで期間に限られた物という事もあり、バリエーションの差まで細かく追求していけばそこそこの種類があるのですが、それでも新しく増えて行くわけでは無いので限りある物を探していく、言わば“終わりのあるコレクション”となるわけです。
このブログは私のミニカーライフのスタートが“LESNEY”であるとした上でどんどん拡がっていくコレクションを日常を交えて紹介していくもので、ブログを始めて随分経った今、この段階で、紹介していなかった“LESNEY”が残っていただけでもちょっとした“プチハッピィ~”って感じです。

「LESNEY No.73A 10TON PRESSURE REFUELLER,issued 1959」
20140107 008 20140107 009 20140107 010
久々の“LESNEY”がしかも“A”です。私のコレクションの整理能力もいい加減なものですよね。
半世紀前のおもちゃです。色がハゲハゲですので十分遊ばれたのでしょう。
良い味出してます。

“LESNEY”ですので、バリエーションを紹介です。
~これも本当に久々な感じ…~
1.ブルーグレーの車体にグレーのプラスティックタイヤ
2.ブルーグレーの車体に黒のプラスティックタイヤ
20140107 014 20140107 012
私のはグレー色のタイヤですので、73A-1となります。

「PRESSURE REFUELLER」ってどう訳せばいいのでしょうか?
「圧力式補給」圧力を加えて短時間で燃料を補給?色の地味さもあるのできっと軍用の航空機への燃料補給車なのでしょう。


20140107 011

さぁ、次回“LENSEY”を紹介するのはいつになるのでしょう?
持っていないものもいっぱいあるのですが、なかなか手に入りません。気長に行きましょう…。



スポンサーサイト

LESNEY No.71A AUSTIN 200 GALLON WATER TRUCK

一昨日よりも昨日は6度高かった。猛暑日。
今日は昨日より1度高い予想。当然猛暑日。
9月も10日以上過ぎたのにこの暑さは何なんだろう。
ニュースでは関東域をはじめとする各地の水がめが干上がっている映像が毎日のように映されています。

私の住む名古屋では“節水”という言葉は聞くものも実質的な制限は記憶がありません。
学校で“徳川さんのおかげ”と習った事があります。
名古屋では県境の木曽川を水源としています。
「尾張徳川」の“力”、「尾張徳川」から続く“利権”が今の世にも及んでいるという事でしょう。

「LESNEY No.71A AUSTIN 200 GALLON WATER TRUCK,issued 1959」
20120913 009 20120913 010 20120913 011

バリエーションは1種のみ
1.オリーブグリーンの車体、黒のプラタイヤ

軍用の車体の中でも平和的な車両ですよね。
地震や台風の被災地でも活躍している姿を見かける車両になるのだろうと思言います。
20120913 013


各地の水がめが心配される半面、昨日のニュースでは北海道では大雨だったと言う映像がありました。
しばらく“水”にまつわる心配事が続きそうですよね。

20120913 014 20120913 012


LESNEY No.75A

子供の日と言っても…大きくなるにつれて本人も対象になっているという意識すらなく、個々の予定でバラバラの一日です。
ただ、子離れしていないのは妻の方で、子供の日という理由を付けて特別ボーナスを支給した様子。
年がら年中金欠病の長男は多分キープでしょう。
次男坊は友達と大須に服を買いに行きました。
真っ黒黒介の長女は今日もクラブ活動。きっとコンビニでの買い食いで消えて行くのでしょうね。

さぁ、GWの中盤戦が終わりますが明日一日出勤するとまた2日間の休みです。
どうも調子が出ません。

この休みが始まる前は"ミニカーの整理"に費やそう!と決めていたはずなのに…。ダメですねぇ~。

「LESNEY No.75A THUNDERBIRD ,issued 1960」

P5050251.jpg P5050252.jpg P5050253.jpg
「サンダーバード」って夢でしたよね…。
ごめんなさい、車じゃなくってTV番組の方の「サンダーバード」です。
「5…4…3…2…1…THUNDERBIRDS ARE GO」ドキドキしたものです。


こんなアメ車、今でもたまに見かけますよね。運転している人って余程のアメ車が好きなんでしょうね。
そうじゃ無ければ超低燃費の車には乗れないですもんね。

P5050257.jpg P5050258.jpg
如何にもアメ車ってマスクですよね。

バリエーションは5種
1.クリームとピンクのボディー、黒の裏板、グレーのプラタイヤ
2.クリームとピンクのボディー、黒の裏板、シルバーのプラタイヤ
3.クリームとピンクのボディー、濃紺の裏板、グレーのプラタイヤ
4.クリームとピンクのボディー、緑青の裏板、グレーのプラタイヤ
5.クリームとピンクのボディー、黒の裏板、黒のプラタイヤ
私のは…
P5050254.jpg P5050259.jpg
濃紺の裏板ですのでNo.75Aになります。


ちまたでは150円/Lの看板も珍しく無くなって来ています。
アメリカでもガソリンの値上がりが深刻になっているとニュースを随分前に聞きました。
震災以降、中東の政変に付いてのニュースが隠れてしまっていますが、着実に世界を飲み込んでいるのでしょう。
原発事故も化石燃料への回帰を進めてしまっている起因なのでしょうね。
P5050256.jpg P5050255.jpg


もうこういう車が日の目を浴びる事は無いのかもしれません。






LESNEY No.74A

今日は両親を連れて信州伊那地方へ。
目的は"桜"。昭和一桁の両親、特に親父の方は大きな手術をしたことも有り80歳を迎えた今、会う度に"老い"を実感するようになってきました。
行き先は…役場のHPにも観光地としては載っておらず、地元の人しか来ていないようですのであえて"小学校の校庭"としておきましょう。
P4160123.jpg P4160125.jpg P4160135.jpg
やっぱり写真じゃ"感動"は伝わらないですよね。
校庭をぐるり取り囲っています。その圧倒的な存在感に飲み込まれてしまいました。
孫を連れて遊んでいた老人に話を聞くと…
この学校の卒業生との事。
昭和5年の開校の時に植えられたそうで、高学年になると"桜当番"が有り、学校で出る肥を担いで桜の周りに掘られた穴に撒いたとか。
…という事はこの桜は植えられてから80年という事になります。
樹齢80有余年の桜に広い校庭をぐるり囲われた学校です。
この桜に見守られながら、入学し、この桜を見守りながら卒業して行けるこの地の人は"幸せ"だと思います。
この歳になると桜の名所をいくつか知っていますが、生活に密着し観光地化されていないここの桜は間違いなく最高ランクです。

校庭の入口に看板が…
P4160122.jpg
地域の人がみんなで楽しみ、みんなで守っている事が伝わってきますよね。

だから…
「LESNEY No.74A MOBIL REFRESHMENT CANTEEN,issued 1959」
P4160155.jpg P4160156.jpg
ここには出店も提灯もライトアップも有りません。

この車、屋根には「COFFEE:TEA:SNACKS」と書かれています。
側面には「REFRESHMENTS」「MINERARALS SANDWICHES」「HOT PIES」
花見につきものの「ビール」何かは扱っていないようですね。
ましてや「花見団子」なんかも…残念。
この校庭では・・・お母さんが一生懸命作ったおにぎりやおかずがいっぱい詰まったお重を囲む親子3代、4代の笑い声が一番似合うのでしょう。

P4160161.jpg P4160160.jpg P4160159.jpg
中にはちゃんとした調理が出来そうな設備が付いています。

バリエーションは何と10種類
1.白い車体、青いベースとインテリア、グレーのプラタイヤ
2.ピンク色の車体、空色のベースとインテリア、グレーのプラタイヤ
3.ピンク系の車体、青いベースとインテリア、グレーのプラタイヤ
4.クリーム色の車体、青いベースとインテリア、グレーのプラタイヤ
5.シルバーグレー色の車体、青いベースとインテリア、グレーのプラタイヤ
6.シルバーグレー色の車体、アクアブルー色のベースとインテリア、グレーのプラタイヤ
7.シルバーグレー色の車体、青いベースとインテリア、シルバー色のプラタイヤ
8.シルバーグレー色の車体、アクアブルー色のベースとインテリア、シルバー色のプラタイヤ
9.シルバーグレー色の車体、ピュアブルー色のベースとインテリア、グレーのプラタイヤ
10.シルバーグレー色の車体、濃い青のベースとインテリア、グレーのプラタイヤ

こうなると困ってしまいます。
P4160163.jpg P4170164.jpg
我が家に有る2台はシルバーグレーの車体ですが…ベースの色をどう判断したらいいのか?
内1台はグレー色のタイヤでベースが薄い青色…
もう1台はシルバー色のタイヤでべースがそれよりも濃い色、でも純粋な"濃い青"とは違っていそうです。
え~イ。N0.74A-6と7という事にしておきます。


この時期、名古屋では葉桜の様相ですが、少し山に向かうと今週末が絶好の"桜"の見ごろです。
"桜"って良いですよね。新しいものが始まる予感がします。
この前線がどんどん北へ向かって行きますよね。間違いなく東北にもこの"新しい風"が吹きます。






LESNEY No.74B

今日も映画に行ってしまいました。
LESNEYの故郷"英国"の話です。
アカデミー賞を4部門とったことで急に観たくなってしまいました。
"英国王のスピーチ"仕事もそこそこに映画館へGO….
kingsspeech_1_1b-thumb[1]
ジョージⅥ世が主人公の映画です。ジョージⅥ世って?
ケイト・ミドルトンさんとの結婚式をまじかに控えたウィリアムズ王子、そのお父さんのチャールズ王太子、そのまたお母さんのエリアザベスⅡ世、そのまたお父さんがこの“ジョージⅥ世”になります。
結局エリアザベスⅡ世のお父さんですね。

第二次世界大戦に突入して行く中、GBの国王として国民に向けての重要なスピーチ。そのスピーチをする国王は…
結構面白かったですよ。

"英国"…ときたらやっぱりこれでしょう。

「LESNEY No.74B DAIMLER BUS,issued 1966」

"英国"の"ロンドンバス"ですからやはり"LESNEY"で。どのタイミングで載せようか迷っていたので具合の良い理由づけになりました。
DSC00210.jpg DSC00211.jpg DSC00212.jpg

バリエーションは4種
1.クリーム色の車体、"ESSO EXTRA PETROL"のデカール、黒のプラタイヤ
2.クリーム色の車体、"ESSO EXTRA PETROL"のシール、黒のプラタイヤ
3.緑色の車体、"ESSO EXTRA PETROL"のシール、黒のプラタイヤ
4.赤色の車体、"ESSO EXTRA PETROL"のシール、黒のプラタイヤ

我が家にはもう一台、"ESSO EXTRA PETROL"のデカールが貼られたクリーム色の物があります。
DSC00213.jpg DSC00214.jpg DSC00215.jpg
緑の方がN0.74B-3でクリーム色の方がNo.74B-1となります。
…赤が無い…。
このバスも34年の月日を経て私の手元にやって来たのですからゆっくり待たせていただくとしましょう。
でもやっぱり英国のルートマスターは良いですよね。大好きです。

DSC00216.jpg DSC00217.jpg
 
DSC00220.jpg
最近仕事がせわしなく、この土曜日も4月に一緒になるライバルだった会社に私の勤める会社のシステムの研修をしに行くことになっています。
こんな時だからこそ大きなスクリーンで観る映画に浸る2時間余りの時間を楽しむ余裕を持ちたいものです。
さぁ、次は…やっぱり"ヒア・アフター"かな?"ナルニア"も捨てがたい。"阪急電鉄 片道15分の軌跡"も面白そう。






プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -