LESNEY No.66A

いよいよ2010年大晦日。テレビでは紅白歌合戦が流れています。
名古屋でも雪が舞っていました。積もることなく地面にたどり着くと同時に溶けてしまう程度のものでしたが、さすがに白い雪を見ると"冬"を感じますね。
鹿児島でも積雪が有ったというニュースが有りました。ちっちくんの住む地も街は白く化粧している事でしょう。
今年も良い事、悪い事…いろいろな事が有りました。でもこうしてこのブログを上げられている自分が居るのですのですからまぁ良しとしたものでしょう。
仕事上もそれなりの中間層に属してくるとストレスでいっぱいの毎日の連続でしたが、何よりもミニカーコレクターの仲間の集まり"W.M.C.C"に参加出来ていることでいっぱいの元気をいただきました。その延長線上でこのブログも始まり、充実していた1年だったと思います。
プライベートでは長男がバイクの免許を取りました。子供が免許を取る年になったという事はそれなりに家族の年輪を感じる出来事ですよね。
 来る年は転勤の話も見え隠れしていますし、新しく"W.M.C.C"で公式ホームページが立ち上がった事も有り、波乱万丈の楽しい一年が待ってくれているのは間違いなし!
titl[1]
まだ立ち上がって湯気が出ているHPですが、これからドンドン充実して行く事でしょう。
本当に本当に"W.M.C.C"のメンバーには感謝です。決して肩がこる事のないこの素敵な集まり。大切にしたいと思います。

私がこの1年余りの間に急に"LESNEY"に傾倒したのもこの"W.M.C.C"のメンバーの影響は大きい物が有ります。
半世紀ほど昔、就学前の子供のころに実際に遊んでいたミニカーの良さを思いださせてくれました。そして実際に遊ばれていた傷だらけのミニカーの持つ魅力に気付かせてくれました。
このブログで9月の立ち上げ以来100車種以上のレズニーのミニカーを載せてきましたがもうそろそろネタ切れの感は有りますが、「‘LESNEY’から始まった」私の世界は無限大です。

さぁ、今日はやっぱり"LESNEY"物にしたいと思います。

「No.66A CITROEN DS19,issued 1959」

歳の終わりにふさわしい1台だと思うのですがいかがでしょうか?
私の感性を最大限にくすぐる窓無し椅子無しのモデルですよ。
1959年製のまさに半世紀の時代を経たおもちゃが私の手元にあります。これってすごい事ですよね。
Citroen_DS_19[1]
DSC09201.jpg DSC09202.jpg DSC09203.jpg
いいでしょ?
citroen-ds19-1967[1]
DSC09204.jpg DSC09205.jpg

バリエーションは2種
1.黄色い車体、グレーのプラタイヤ
2.黄色い車体、シルバーのプラタイヤ

私のシトロエン、タイヤがグレーですのでNo.66A-1ですね。
DSC09210.jpg DSC09211.jpg
やっぱりフランスの香りがプンプンしてきそうです。
 

DSC09206.jpg DSC09207.jpg
大学で第二外国語を仏語で受講した私ですが一切話せません。読むこともできません。
“アン、デュー、ツロウ、サンク、シス…”“ジュ・テーム”位しか…お恥ずかしい限りです。
あの独特のリエゾンという鼻声の様な発音が難しかった覚えだけはありますよ。
DSC09212.jpg
いつか行きたい欧州はこんな車を生む素敵な世界です。

さぁ、いよいよ2010年もあと1時間ほどで2011年に確実にバトンタッチです。
来る新年もよろしくお願いします。
2010年さん!バイバイ!楽しかったよ!




スポンサーサイト

LESNEY No.17C

今日は仕事納め。結構七転八倒した1年でしたがどうにか勤め上げることが出来ました。
明日から始まる短い冬休み、体と心をゆっくり休めたいものです。…てなわけで(どんなわけだよ)今日は待望の忘年会です。会社の忘年会ならとりあえずの参加なのですが、今日の忘年会は1年前から指折り数えて待っていた特別なもの"W.M.C.C"の忘年会です。
仕事を終えてからの途中参加でしたが、1年間にたまりにたまった疲れが吹っ飛んでしまうくらい楽しい時間を過ごさせていただきました。

今日はこの車…。お酒が苦手な私。加えて自動車を運転する事が好きな私としては余程の事でもない限り利用することは無いタクシーです。

「No.17C AUSTIN TAXI CAB ,issued 1960」

DSC09200.jpg DSC09191.jpg
良いですよねぇ~、この車。ロンドンって不思議。2階建てバスといい、このタクシーといい、ロンドン固有のクルマが有るって変ですよね。まるで自動車業界の"ガラパゴス"。
DSC09192.jpg DSC09197.jpg
決して片方のドアが取れてしまったわけではありません。もともと左右非対称なんです。
しかも運転手付き!
DSC09193.jpg
運転手の横のスペースは何なんでしょう?荷物置き場?
ドアが無い方についている小さなプレートは何なんでしょう?空車の合図?
DSC09194.jpg DSC09199.jpg
良いですよね。こんな車が街中走っているロンドンってやっぱり憧れです。
もっともオースチンのタクシーも新しくなっているんでしょうし、今ではこの手のクルマ以外にもタクシーとして走っている聞きました。

バリエーションは3種
1.マルーン色の車体、ライトグレーのインテリア、グレーのプラホイール
2.マルーン色の車体、ライトグレーのインテリア、シルバーのプラホイール
3.マルーン色の車体、濃いグレーのインテリア、シルバーのプラホイール
私のはNo.17C-1になります。


DSC09198.jpg DSC09195.jpg DSC09196.jpg
何とも言えない気持ちをくすぐる1台でした。


当然ですが、"W.M.C.Cの忘年会"は来年の今ごろまで有りません。
今日もらった元気を12個に分けちょっとづつ使って行きたいと思います。


SPECIAL THANKS TO:
美味しいオレンジを差し入れしてくれたちっちくん
   &
   蓬莱の豚まんを差し入れしてくれたミーシャさん
   店長&心優しきメンバーのみんな


  

 

LESNEY No.6A

私の勤める会社では明日29日が仕事納め、年始は5日からといたって普通です。
仕事納めを翌日に控えた今日も私の部署でバッタバタの忙しさ。どうなってんだよ。明日は"店長のひとりごと"での忘年会。しかも15:00から。
残念ながら私は仕事。
15:20の終礼を終えるか否かにダッシュで帰る予定でいますが、仕事が片付くのかどうか…。

明日一日のパワーをもらうために"A"にします。

「No.6A QUARRY TRUCK,issued 1954」

56年も前のミニカーです。当然"A"。力をもらえないはずが無い!
DSC09180.jpg DSC09181.jpg DSC09182.jpg

DSC09184.jpg
私の好きな窓無しのチープさプンプンの1台です。
"L"のダンプは何種類か持っていましたが、なかなかお目にかかれなかったものだけにうれしい限りです。
バリエーションは2種
1.オレンジ色のキャブ部、グレーの荷台、メタル製のホイール
2.オレンジ色のキャブ部、グレーの荷台、グレーのプラ製のホイール
DSC09183.jpg
私のはNo.6C-2なります。
このタイヤ、
DSC09189.jpg
リヤがダブルタイヤになっています。チープなモデルのくせにこういうところではこだわる…"L"の良さでしょう。

ダンプですからギミックは当然の様に…
DSC09187.jpg DSC09186.jpg DSC09185.jpg
かわいい1台を紹介しました。

明日の忘年会。ミニカーのカスタムの宿題が有ったのですが試行錯誤の末にパテ盛りで大失敗。
もうギブアップです。
古いミニカーに思いを寄せるコレクションも良いですが、自分の世界のミニカーを作って行くカスタムもなかなか楽しくて病みつきになっています。
今の私の課題は"パテ盛り"。この12月の忘年会には間に合いませんでしたが、何とか形にしたいものですね。




 

SCHUCO PICCOLO RENAULT ALPINE "RALLY SAN REMO"

昨日放送された"ミュージックステーションスーパーライブ2010"。結構ツボにはまってしまって今日も観ています。完成度が高く完全に紅白歌合戦よりいい。ちょっと声のかすれたドリカムが残念だったかなぁ~。
そういえば来年2011年は4年毎の"ドリカムワンダーランド"が行われる年。今回も行きたいなぁ~。

今日はピッコロにします。

「SCHUCO PICCOLO RENAULT ALPINE "RALLY SAN REMO"issued 2007」

決して古いものではないですがこのサイズが私のコレクション心をくすぐります。
DSC09177.jpg
40㎜そこそこしかありません。このサイズ、そして重量感がいいんです。

DSC09170.jpg DSC09171.jpg DSC09172.jpg

DSC09173.jpg
こんなちっぽけな車なのにデカールはしっかり…
DSC09175.jpg DSC09176.jpg
なかなか細かくて良いでしょう?
そういえばいつものピッコロとタイヤが違います。
ラリー用でしょうか?でもいつものホイールの方が安っぽくて良いのですが…。

今回は特別にジオラマに置いてみます。
DSC09179.jpg
やっぱり市街地は似合わないですね。
このジオラマ…トミカのクリスマスケーキの台紙となっていたものです。
__[1]
これ…。昨晩のクリスマスイブに我が家を盛り上げた…いや盛り下げてしまった代物です。
特注トミカが付いていたので今年は迷うことなくこれにしたのですが、味が…。
家族に支えられた私のコレクションは有る事をあらためて実感するイブでした。



LESNEY No.51C

今日は比較的暖かないちにちでしたが暦の上では"冬至"。明日から本格的な冬の寒さ…のはずですが、どうかな?
私はタイヤをスタッドレスに履き替えて準備万端。
ここ名古屋では雪何ぞ年に数回わずかに積もる程度。スキーやボードをするわけでもない私にとっては無用の長物?
でも岐阜に8年勤務した関係でスタッドレスのすごさを知っています。
あの安心感と言ったらないですよね。過信は禁物ですが、雪道でも凍結した道路でも走れてしまうのが不思議です。
昨年もあの雪深い北信の斑尾山を横断しましたがFRのステージアでも問題なく走れましたからね。
やっぱり冬の必需品でしょう。
話を冬至に戻しますが今日の我が家は"ゆず湯"でした。子供の頃の記憶が甦ります。
湯船で絞って怒られたものです。

今日のレズニーは"ゆず"の"黄色"にします。

「No.51C 8-WHEEL TIPPER,issued 1969」

レズニー晩年の1台です。
"TIPPER"とは「truck whose contents can be emptied without handling」
中身が処理されない状態で空にすることが出来るトラックと訳せばいいのでしょうか?
産業廃棄物で言うところの中間業者(移動業者)が当てはまるのかなぁ~。
DSC09156.jpg DSC09157.jpg DSC09158.jpg
バリエーションは4種
1.オレンジ色の車体、白色のグリル、"DOUGLAS"のシール
2.オレンジ色の車体、シルバー色のグリル、"DOUGLAS"のシール
3.黄色の車体、シルバー色のグリル、"DOUGLAS"のシール
4.黄色の車体、シルバー色のグリル、"POINTER"のシール
私のは"ゆず"の黄色で…
DSC09159.jpg
"POINTER"のシールという事でNo.51C-4となります。
1~3の"DOUGLAS"とは英国イングランドとアイルランドの間にあるマン島の首都の名前です。
"マン島"って言うとオートバイレースで有名な島ですよね。
"ダグラス"って言う人の名前なのかも知れません。


DSC09164.jpg
名前の通り8輪トラックです。大型のトラック何でしょうね。
ギミックは荷台の上昇。あおりが自重で開きます。
DSC09161.jpg DSC09162.jpg

DSC09163.jpg
爆走する姿が想像できますが、この手の車の後ろは走りたくないですね。排気ガスが過ごそう…。









TOMICA NO.55 SPECIAL VERSION Z34 METAL GRAY

LESNEYから始まった私のミニカーの世界の一端は今年40年を迎えたトミカに繋がっています。
価格的にも買い易いですからね。小遣い生活者のお父さん向きです。
そんな私に日産からトラップメールが届きました。(私は日産車2台のオーナーで日産ファンです)
名古屋の栄にある日産ギャラリーで40周年記念の特注トミカを配るとのこと。
師走の忙しい中、配布する平日何ぞ行けるはずも無し、しかも50台限定。
ため息もので諦めるところですが我が家には暇を持て余しているが金は無しという愚息が居り、立候補。
開店の10時に並んでくれるとの事。
どれくらい並ぶのか判らないとちょっと脅し気味に伝えたこともあり、愛車の原付バイクで栄入りをして朝8時にギャラリー前に到着。親父は会社で朝礼で話すひとことを練っている最中です。
一番乗りだったらしく"本当に今日なの"という全く親父を信用していないメールが届くも無視。
8時20分。ようやく人が集まり始めたというメール。その頃親父は朝礼中。
9時を回りようやく列が構成されたとのメール。その頃親父は本気の仕事モード。
10時前、整理券が配布され1番だったとちょっとウキウキのメールが届く。
__[1] その頃親父は悪戦苦闘中。
10時、見事ゲットの知らせ。その頃親父はそれどころでは無し…。
家に帰ると私の机に
DSC09155.jpg
これだこれ!

「TOMICA NO.55 SPECIAL VERSION Z34 METAL GRAY,issued 2010」

"トミカ"も40周年ですが"Z"も40周年なんですよね。
DSC09151.jpg だからこのタンポ印刷。

DSC09154.jpg DSC09149.jpg DSC09150.jpg

この40周年の記念"Z"は上手い企画で色違いで何色かが世に出されました。
時にトミカ博のゲームの景品だったり、子供服との抱き合わせ販売だったり…
色バリって結構魅かれます。結果まんまと商根たくましいトラップにはまってしまっています。
現在4色確保。あと何色有るのでしょうか?


今朝の名古屋は相当寒く辛かったろうと思います。
今回も結構高い"Z"となってしまいましたが金欠病には有効な薬だったようですね。
それにしてもカッコいい"Z"。満足です。
DSC09152.jpg








LESNEY No.4D

年末がどんどん近付いてくる。仕事がバタついてくる。
職場のみんなの顔が険しくなってきた。残りわずか、頑張ろう。

今日は"レズニー"。

「No.4D DODGE STAKE TRUCK,issued 1967」

「STAKE」とは「(トラックなどの積み荷の落下を防ぐ)さく柱」の意味。
DSC09145.jpg
ちゃんと木目にしてあるのが良い感じです。
それにしてもこの手の柵状の荷台にしてあるトラックって名古屋近辺じゃ見ないですよね。
何を運ぶのだろうか…牛?馬?豚?干し草?その手の物しか浮かびません。
DSC09144.jpg
チープなマスクを見る限り…独断と偏見でやっぱり農業に従事する車両という事で決定!
DSC09141.jpg DSC09142.jpg DSC09143.jpg
後ろのスカートみたいな物は何でしょう?泥よけ?
やっぱり道の悪いところを走る酪農用の車ってこと?

バリエーションは2種
1.黄色い車体とブルーグリーンの荷台
2.黄色の車体とグリーンの荷台
私のはNo.4D-2になります。

DSC09147.jpg
やっぱりこの柵状の荷台がこの車の最大の特徴ですよね。
古い"L"とは違いますがちょっと味のある1台でした。

SCHUCO PICCOLO SCHEINWERFERWAGEN SERCHLIGHT TRUCK

今日地上波で放送された"ワンピース"の映画、見入ってしまいました。
ちまたで噂になっている"ワンピース"。漫画を読まない私は完全に時代に乗り遅れてしまいましたが、「内容が良い」「泣ける」「堅い友情の物語」「大人向きと言っても過言では無い」…随分前からうわさになっていてもなかなか手にする機会も無く今日に至りました。映画も良かったですね。漫画版も読もうかなぁ~って思いましたが、正直はまってしまう事が心配かな?ミニカーだけで私の小遣いは目いっぱいだし…。
そういえば日産の新型セレナとこの"ワンピース"が新型車発売のキャンペーンでコラボしていますよね。日産からCMで出てくるワンピースの絵で埋め尽くされたあのミニカーが発売されないですかねぇ~・親父としては欲しい1台ですね。

ミニカーはどこか漫画チックで可愛いピッコロにします。
DSC09140.jpg
こんな車両もミニカーになれるんですね。ちょっと驚きです。

「SCHUCO PICCOLO SCHEINWERFERWAGEN SERCHLIGHT TRUCK」
DSC09130.jpg DSC09131.jpg DSC09132.jpg
このライトは何に使われるのでしょうか?
DSC09134.jpg

工事現場用?警察用?夜間のスポーツ用てのも有りでしょうか?
サーチライトって生活には全く無用じゃないですか?
ピッコロの車両でこれが選ばれる理由が私には全く判りません。
ピッコロの奥深さでしょうね。私も勉強が必要ですよね。

このライト、軸が360度回転します。加えてライトも横軸で360度回ります。
DSC09137.jpg DSC09138.jpgDSC09136.jpg 

DSC09139.jpg
 
“チープ”ッて言葉がピッタリのピッコロですが、働く車にその可愛さは如何なく発揮されていますね。
DSC09131.jpg




LESNEY No.40C

勢いに任せて"TRAILER"をもう一台。
まずは箱から…
私が箱物を持っているなんて珍しいったら無いですね。しかも2種類です。
DSC09111.jpg DSC09112.jpg
左が"TypeE"の箱で、右が番号が右上にあるものが"TypeF"の箱になります。

「No.40C HAY TRAILER,issued 1967」

やっぱり"TRAILER"って言うんですね。
DSC09113.jpg DSC09114.jpg DSC09115.jpg
先に紹介したLESNEYの51BHUSKYのFARM TRILERが2輪でしたが、この40Cは4輪です。

DSC09116.jpg DSC09117.jpg
前と後ろに大きなフェンスが付いています。豊かな収穫を運ぶのでしょう。

バリエーションは1種のみ
1.青い車体、黄色いあおりと黒いタイヤ

DSC09118.jpg
でも我が家にある2台は若干色の濃淡があります。トミカだったら立派なバリ違いなのでしょう。
このあたりもレズニーらしくて良いじゃないですか。

ギミックは…牽引部が実に360度回ります。
DSC09121.jpg DSC09122.jpgDSC09123.jpg
DSC09124.jpg DSC09125.jpg
こんな感じです。

そういえばこのNo.40Cを引っ張る車を紹介していませんでしたね。…またいつか。


2010年12月15日追記
No.40Cを引っ張る車両…随分前に紹介していました。
N0.39Cですが、2010年6月8日です。100台程のレズニーを載せてきましたが、ダメですねぇ~。
管理不足です。~反省~




HUSKY FARM TRAILER

LESNEYのTRAILERを紹介した関係でHUSKYのTRAILERも続けて行きたいと思います。
やっぱりこの荷車的な車の事を英語で"TRAILER"と言うんですね。

「HUSKEY FARM TRAILER」


DSC09110.jpg
"MADE IN GT BRITAIN"です。
私が子供のころに遊んでいた物です。よって'70年よりは前の物だと思います。40年以上前ですね。
残念ながらどんな車が(で)引っ張っていたのか全く記憶にありません。
トミカがまだ世に出されていなかった時代の事ですよね。その頃のミニカーってレズニーやハスキー、コーギー等の欧州の物が多かったと思います。レズニーもそうですが、結構多くのミニカーに牽引用のフックが付いていたりします。そんな車に引っ張らせていたのかも知れないですね。
この車をどうして気に入っていたのかもあまり記憶にありません。強いて言うのなら、このハスキーのミニカーはレズニーの様にタイヤが外れてしまう事無くしっかり付いています。だから捨てられずに残っているのかも知れませんね。

DSC09103.jpg DSC09105.jpg DSC09106.jpg
溢れんばかりに積まれた干し草を運んでいる姿が目に浮かぶようです。
DSC09107.jpg
スロープが付いています。
DSC09108.jpg
ってことは馬や牛を運ぶのも有り?

働くミニカーの仲間ですが、日本ではちょっと作られない様なミニカーでした。


LESNEY No.51B

こんな車が1つのナンバーを持つって言うのも欧州ならではって感じでしょうか?
2010年6月12日に紹介したNo.50Bの相方です。共にジョンディアー社のトレーラーです。
"トレーラー"ってもっとでっかいイメージが有るのであえて"荷車"って訳の方がぴったりする様ですね。
前記で"欧州ならでは"としたのは、我が家には他にもハスキー社製の"荷車"のミニカーが有るからです。
日本のミニカーで"荷車"ってあるのかなぁ~。北海道は別として、大々的な耕作が無かった日本ではこの手の車は日常的では無いのでしょう。

DSC09088.jpg DSC09089.jpg DSC09090.jpg

荷台はフラットです。
DSC09092.jpg
こんな樽型の物が載せられています。
DSC09093.jpg
この樽には何が入るのでしょうか?
単純な私が最初に考えたのは"ぶどう"。ワイン用の"ぶどう"です。らしくないですか?
でもよく考えたらLESNEYは英国のおもちゃですよね。英国でワインは作られているのだろうか?
ドバー海峡を挟んだ仏国はワインで有名なのだから有りうるのかなぁ~。

「No.51B JHON DEERE TRAILER,issued 1964」

英国って私はほとんど知らないですが、田舎に行くとこういうのが走っている様な風景があるのでしょうか?

ギミックが付いています…例の如く荷台の昇降です。
DSC09102.jpg DSC09101.jpg DSC09100.jpg
ありきたりでしたね。



バリエーションは2種
1.緑の車体にグレーのタイヤ
2.緑の車体に黒のタイヤ

私のはタイヤが黒だからNo.51B-2ですね。
ちょっと残念なのは相方であるNo.50Bとのバランス…タイヤの色が揃っていません。
DSC09095.jpg DSC09096.jpg DSC09097.jpg
こういう土臭い車って好きです。
ハスキー社の"荷車"については、またいつか…。


2010年12月14日14:00追記

気になってお昼休みに調べて見ました・・・何をッて?イギリスのワインについてです。
16世紀仏国のボルドーのワインは英国の植民地時代に英国の商人の手によって大きく発展し・・・
欧州には仏国、独国、伊国など独特なワインがあるのですが英国のワインはボルドーを育てた承認魂を併せ持つワインを作っているということでした。
というわけでこのNo.51Bの樽はワイン用のぶどうを収穫する樽に勝手に決定!
アルコールにはすこぶる弱いのですが、英国のワイン・・・一度飲んでみたいものですね。


SCHUCO MODELL 832

シュコー社(ドイツ)のミニカーで私が気になっているのはピッコロシリーズだけでは有りません。
もともとはシュコー何てミニカーメーカーの存在何ぞ知る由も無かったトミカオンリーの私でしたが、レズニーの魅力に懐古し欧州のミニカーの素朴な魅力を知ります。その延長線上にピタッとはまったのが"ピッコロシリーズ"であり、この"1/66の800モデルシリーズ"でした。
他にもいくつかのシリーズが有りますが、いくつか手に入れても続きません。私にはレズニーやピッコロ、800モデルの様なちょっとチープな作りの物の方が合っている様ですね。
DSC09073.jpg
ハードプラスティック製の透明ケースに入っています。
中身は前記の通り1/66とトミカよりも若干小さなサイズです。
DSC09074.jpg DSC09075.jpg DSC09077.jpg

「SCHUCO MODELL 832 VW 1302」
残念!独語がさっぱり不得手の私では何年製のモデルなのかを調べる事さえ容易では無いのですが、またじっくりネットを徘徊して生まれを突きとめたいと思いますが、後に中国での生産を主とするシュコー社と聞いていますが、これはドイツ製でした。
DSC09083.jpg

また、裏板が相当錆びついていますのでそんなに新しいものでは無いのかも知れません。
箱の中には質の悪そ~な紙が入っています。
DSC09084.jpg DSC09085.jpg
これがまた味が有って良い!裏面には飛び番も有り34種の車の名前が並んでいます。
"805 Mercedes 200""835 Porche 911S"って感じです。で、このビートルは"832"というわけです。
我が家には数台の"800シリーズ"がありますので、残りは追々。

DSC09079.jpgDSC09080.jpg
ビートルにもいくつかの種類があるようですが、私には良く判りません。ただ"ビートル"。これで十分です。
我が家には十数台のいろんなビートルがありますが、残りは追々。
ビートルって何か良いですよね。ホッとします。永遠のグットデザインでしょう。

DSC09082.jpg
なかなかわかり難い写真ですが、ハンドルは車体と一体化されたメタル製です。
DSC09086.jpg
トミカの様にパチン!と閉まる機能は無いですが、さすがドイツの"物づくり"ドアと車体とチリの妙技は素晴らしい!

DSC09078.jpg
ニュービートルが世に出て久しいですが、未だに前のビートルを大切に乗っている方が多くみえます。
大切に乗り続けたい!って気持ちが良く判る1台ですね。


2010年12月13日0時35分追記
またしてもPiccolomania さんからコメントに情報をいただきましたので全文を転記させていただきます。

「Schuco Modelle 1/66 は1971〜1976年までの製造です。76年にシュコーが倒産し、金型がブラジルに渡ったのでこの金型で数年製造されている様ですが。
ちなみに301はPkw 乗用車・302は Taxi,Feuerwehr,Post・305はPolizei・306はRennwagen レーシングカー等になります。
805から890まであり、間が抜けている様にみえますが実際は続いています。900番台は働く車等になります。
はっきりと何年製は分かりません。 勝手に書き連ねてすみません。」

いつも情報をいただきありがとうございます。もう少し外国語に長けていただらもう少し内容の濃いブログも書けるのでしょうが残念ながら得意だった英語も今では中学校のレベルにも届かないでしょう。
このモデルシリーズも私の感性をくすぐる何かを持っている様です。



LESNEY No.32C

私の応援するチーム。
野球はドラゴンズ1本ですが、サッカーはグランパス、アントラーズの2本立て。
そんなアントラーズから発表された来シーズンの新ユニホーム。今までの物が結構お気に入りだったので、慣れるまでちょっと違和感が有りそうですね。
nr058_02[1] nr058_03[1]
そういえば今年のプロ野球でも一時期昔のユニフォームを着て試合をした日が有りましたよね。
なかなか楽しませてもらいました。
ユニフォームと言えば地元中京高校が昔中京商業という名前だった頃の野球部のユニフォームが最高でした。
他の高校のユニフォームがどんどん新しくなって行く中、中京高校に高名を代えてからもしばらくはかたくなに歴史を守り丸襟の立った守り…それはそれはカッコいいユニフォーム。今でも思い出されます。

今日の"L"は歴史が有ってカッコいいトレードマークを守っている"BP"物にします。
DSC09068.jpg


「No.32C LEYLAND PETROL TANKER,issued 1968」

DSC09064.jpg DSC09065.jpg DSC09066.jpg

バリエーションは4種
1.緑のキャブとシャーシ、白いタンク、"BP"のデカールとシルバー色のグリル
2.緑のキャブとシャーシ、白いタンク、"BP"のシールとシルバー色のグリル
3.緑のキャブとシャーシ、白いタンク、"BP"のシールと白色のグリル
4.濃紺のキャブとシャーシ、白いタンク、"ARAL"のシール、デカールとシルバー色のグリル

私のは"BP"のマークはシール…我が家にあるのは"PB"マークはシール、グリルはシルバー色ですので"No.32C-3"になります。


それにしてもら"L"って"BP"のタンカーが多いですよね。
7月11日に紹介した「No.M-2-A」とか「N0.25C 」も"BP"のタンカーです。
DSC09071.jpg DSC09070.jpg DSC09072.jpg
この25Cには黄色は使われていません。何か色合い的に足りない感は有りますよね。

特に25Cとイメージ的にダブル1台でした。

LESNEY No.72B

FJを見に行きました。
良いじゃないですか。何度か道ですれ違った事が有ったのは逆輸入したものだったんですね。
__[2] - コピー __[1] - コピー (2) __[1] - コピー
各都道府県でデザインを競っているという事で、愛知は金シャチです。マットブラックのボディーによく合っていましたよ。
こんな車を見ちゃうと欲しくなってしまいますが、8.4㌔/Lでは我が家では対象外ですね。

今日の"L"はジープにします。

「No.73B STANDARD JEEP,issued 1966」

DSC09055.jpg DSC09056.jpg DSC09057.jpg

"スタンダードジープ"っていう名前の通り飾りっ気の無い"ジープ"のイメージそのものの車です。
DSC09058.jpg DSC09059.jpg DSC09060.jpg
もうちょっとタイヤの溝が彫られているともっとカッコいいのに。

バリエーションは2種
1.黄色い車体、赤いインテリア、黒いタイヤに黄色いホイール
2.黄色い車体、白いインテリア、黒いタイヤに黄色いホイール
DSC09061.jpg
私のは赤いインテリアですので、No.72B-1です。
この車種、資料本に依ると、白いインテリアの物は赤い物の50倍~100倍の価値になっています。
余程市場に流通している量が少ないのでしょう。

DSC09062.jpg DSC09063.jpg
ジープって何か男の憧れですね。







SCHUCO PICCOLO HANOMAG ST 100

師走も第2週が始まり忙しさも本格化。
ただでさえ仕事が集中する週初め、明日の月曜日の為に元気をもらわねば…。

「SCHUCO PICCOLO HANOMAG ST 100,issued 2005」

4000台製造されたミニカーです。
DSC09054.jpg DSC09051.jpg
この車幅の両端に立つポールは何なんでしょうね?よほど大きい物なのか?
DSC09053.jpg
タイヤはリアがダブルになっています。よほどの重さなのか?
DSC09052.jpg
牽引用のフックもついています。
「HANOMAG」とは機関車やトラクターを作るメーカーという事ですが、今回の車もそんな車の様です。
当然実車も有り、1968年に作られています。
99080302-Hanomag-ST100-Strassenzugmaschine-blau-Fr[1] big_15859342_0_800-532[1]
「機関車」「トラクター」…なるほどね。
トラクターヘッドと思えばポールもダブルのタイヤもフックも納得!

この車ならパワーをもらえそうですよね。

DSC09048.jpg DSC09049.jpg DSC09050.jpg





LESNEY No.2C

これもダンプカー?
これほどまでに無駄な物が無い働く車って言うのも潔さを感じるものです。

「No.2C HUIR HILL DUMPER,issed 1961」
DSC09038.jpg DSC09039.jpg DSC09040.jpg
それにしても無駄のないデザイン、この緑と赤のカラーリングが無ければただの安っぽい働く車なのでしょうが、見事です。

バリエーションは2種
1.赤い車体と緑のオケ、黒のプラタイヤに"LAING"のデカール
2.赤い車体と緑のオケ、黒のプラタイヤに"HUIR HILL DUMPER"のデカール

で、私のは…。
DSC09041.jpg
No.2C-1となります。

"HUIR HILL"とはこの車のメーカー。この手の特殊ダンプやトラクターなどを作っている会社の様です。

この車のギミックもオケの上下
DSC09045.jpg DSC09044.jpg DSC09043.jpg
DSC09046.jpg

非対称のマスクが可愛い1台でした。
DSC09042.jpg






LESNEY No.2B

今日は日ごろの頑張り過ぎ(?)に対してお休みをいただいていた一日。
なるべく内容濃く行きたいと思うのは何故だろう?
休みは土日祝としっかりとれているのに…土日祝はだらだら過ごせても、みんなが仕事をしている日のお休みはやっぱり特別。
朝から昨日公開の「宇宙戦艦ヤマト」を観に名駅の109シネマズへ、
__[1]
「宇宙戦艦ヤマト」のアニメが世の中を席巻したのが私が中高生の時、御多聞にもれず私もはまってしまいました。映画としてコメントは控えますが、あの頃の熱い思いが2.5時間の中に上手く納まっているのに感心しました。

お昼は店長のお店でkunysさんとミニミニオフ会ランチ
__[2]
ここ1年以上、完全に事務職になってから会社で弁当を取っていましたが、久々の店長のお店のランチです。ごちそうさまでした。

最後は30年来の恋人のコンサート。
7863[1]
最初に聴いたのが小学校6年生の時。それからずっと大好きで、大好きで…30年を余裕で超えてしまうくらい前の話です。
コンサートに来る人の多くは私と同年代の方ばかり、若い方は…息子?娘?きっと自分が若い時に聴いていた歌を青春を自分の子供に伝えようとうしているかの様です。前回の7年前のコンサートの時にも思いましたが、まるで同窓会の様なコンサート。
私も嫁さんが急に行けなくなったので大学生の愚息を伴っていきましたが、良いコンサートだったといってました。私に気を使ったのかなぁ~。でも何故か私の青春時代を垣間見られた感がちょっと恥ずかしかったりします。

次回コンサートはいつなのか?もう楽しみです。オリビアも60歳を超えていますので次回は敬老コンサートでしょうね。

夕食は愚息のリクエストで再び店長のお店へ…。
店長!全部の料理がおいしくて、満足していましたよ!

今日は…オリビアの生れた1948年の物…と思いましたが、そんな古い物は有りません!だからこれにします。

「No.2B DNMPER,issued 1957」

DSC09028.jpg DSC09029.jpg DSC09030.jpg
十分古いですがオリビアには敵いません。
「DUMPER」って何?「DUMP」が「重い荷物」という意味で「DUMPER TRUCK」と同じという事でした。要するに「ダンプカー」
運転手がほぼ無防備な状態が良いですね。
DSC09031.jpg
ギミックはオケの上下で、
DSC09035.jpg DSC09034.jpg DSC09036.jpg

バリエーションは2種
1.緑の車体、赤いDUMP、無塗装のメタルのホイール
2.緑の車体、赤いDUMP、グレーのプラスチック製タイヤ

私のはNo.2B-2になります。
DSC09037.jpg
十分満足した1日。これで猫の手も借りたい師走の忙しさに向かって行けそうです。

追記
オリビアニュートンジョンのコンサートの最前列のセンターにはクリス松村さんが居ました。
私はクリスさんの7列後ろでした。
多分今回のツアーに何箇所か行かれている様で、スタンディングオーベーションや声援など、クリスさんに会場全員の観客を引っ張って盛り上げて行ってもらったって感じでした。

LV-92a  NISSAN 3.5t TRUCK

見て見ぬふりをすると決めていたものをつい買ってしまいました。
この世界に触れると自分を見失いそうで、小遣い生活者の私としては…。
DSC09012.jpg

「TOMICA LIMITED VINTAGE NISSAN 3.5t TRUCK,issued 2010」
DSC09013.jpg DSC09014.jpg DSC09015.jpg

消防車をスルーして、このボトルカーをスルーして…手を出す事無く通り過ぎたつもりが、オークションで見たばっかりに…何げに更新されても仕方のない金額を入れたつもりなのに…。
でも満足な出来です。
DSC09016.jpg DSC09021.jpg DSC09020.jpg
旧日産のマークまでバッチリ!ボトルの入る棚も見事です。

DSC09017.jpg DSC09019.jpg 
「スカッとさわやかコカコーラ」
何か懐かしいコピーです。
夏休みプールの売店で、やっと飲めるようになった炭酸のコーラを買うのが楽しみでした。
その頃は瓶を引きぬくタイプの自販機で・・・。
上手くやれば同時に2本引きぬく事が出来そうな気がして何度かトライしましたが、幼い知識では太刀打ちできない高性能なマシンでした。
記憶が正しいのかどうかわかりませんが私が小学生だった頃ペプシコーラ派とコカコーラ派はどっこいどっこいの勢力だったと思うのですがね。もう随分前の話です。

う~ん。ボトルの袋を開けられない…
DSC09022.jpg DSC09023.jpg
人間も開けられない…
DSC09024.jpg DSC09025.jpg
せっかくの手入れたビンテージなのだから、袋を開けてセットしてしまえば良いのに…貧乏性な私です。

そんな貧乏性な私が明日は嫁さんと2人でコンサートに行きます。
小学校6年生の時からずっと大ファンの「オリビアニュートンジョン」です。
高校生の時に1回、2003年に2回目、そして明日で3回目です。30年来の恋人に会いに行く感じです。

しかも今回はCBCの事業部に居る同級生にお願いして通路を挟んだ8列目を確保。
DSC09027.jpg
前回のコンサートの時は観客がみ~んな同じような世代の方ばっかりで、同窓会の様な不思議な雰囲気でした。

さぁ、明日は…。8列目のセンターですからきっと"シワ"まで見れますよ。楽しみです。
プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -