LESNEY No.31B

私の愛車はステーションワゴンです。
21万キロを超える走行距離にもいたって絶好調!…と言いたいところですがいたるところにガタがきているのも事実。でも欲しい車って無いんですよね。
やっぱりステーションワゴンがいいのですが、なかなかこれ!って言うのが出てきてくれません。
今日は"LESNEY"のステーションワゴンにします。

「No.31B FORD FAIRLANE STATION WAGON,issued 1960」

半世紀も前のミニカーです。
DSC09872.jpg DSC09873.jpg DSC09874.jpg
確かに時代を感じるフォルムです。

No.31はこの後4年後にリンカーンのセダンに引き継ぎますが、この4年の間に生まれたバリエーションは9種。
1.黄色い車体、赤いベース、透明の窓、シルバーのタイヤ
2.黄色い車体、黒いベース、透明の窓、シルバーのタイヤ
3.黄色い車体、黒いベース、プラスティックの無い窓、シルバーのタイヤ
4.黄色い車体、黒いベース、緑色の窓、シルバーのタイヤ
5.黄色い車体、赤いベース、プラスティックの無い窓、シルバーのタイヤ
6.黄色い車体、赤いベース、緑色の窓、シルバーのタイヤ
7.緑の車体、白ピンクの屋根、赤いベース、透明の窓、シルバーのタイヤ
8.緑の車体、白ピンクの屋根、赤いベース、緑の窓、シルバーのタイヤ
9.緑の車体、白ピンクの屋根、黒いベース、緑の窓、シルバーのタイヤ
10.緑の車体、白ピンクの屋根、黒いベース、緑の窓、グレーのタイヤ
11.緑の車体、白ピンクの屋根、黒いベース、緑の窓、黒のタイヤ

私のは…
DSC09881.jpg DSC09882.jpg
まず車体は緑と白ピンクのツートーン。
ベースは赤。
窓は透明
タイヤはシルバー。…という事で「No.31B-7」となります。
DSC09875.jpg DSC09876.jpg
マスクはこの時代の車の割には"精悍"。リアは丸いテールランプが時代を表している様です。
DSC09879.jpg DSC09880.jpg
ステーションワゴンってとにかく"楽"です。
多少の荷物は後ろにポイッ。必要なものがあれば後ろの席の人が中から取ればいい。
私の家には居ませんが、大型犬を飼っている人にはピッタリですよね。
このFORD FAIRLANEのステーションワゴンの横の姿は大きさを感じますよね。
いい感じです。

DSC09877.jpg DSC09878.jpg
この車が今でも売られていたら買う?
いくらステーションワゴン好きの私でも答えは…「?」。
ちょっとゴツ過ぎるかなぁ。
でもこの車が走っていたら、間違い無く追っかけるでしょう。
カッコいい…。








スポンサーサイト

SCHUCO PICCOLO Mercedes-Benz L322

あの劇闘はまだ今日の事。あれから21時間過ぎた。
今日一日で何度あの"李"のゴールシーンを見たことか。でも不思議と延長後半15分のフリーキックのシーンは数度しか見れなかった。心臓バクバクのあの凍りついた時間があってそのすぐ後のノーサイド。
韓国戦といい、オーストリア戦といい、最後までハラハラさせられました。

サッカーもビールかけってやるのだろうか。
これだけあれば足りるのだろうか…。

「SCHUCO PICCOLO Mercedes-Benz L322」

DSC09864.jpg DSC09865.jpg DSC09866.jpg

DSC09868.jpg DSC09867.jpg
「Stuttgarter Hofbräu」とは独国のビール会社。
HPをのぞくと「あなたは16歳以上ですか?」と聞いてくる。16歳って?かの国は16歳が基準なのか?

ちょっともったいなくて荷台のセロファンを剥がせずに居ます。
DSC09871.jpg DSC09869.jpg

マスクはベンツマークがしっかり付いていますがチープです。
ビールが入った樽は18個。結構リアルで本当の木でできているかの様。

DSC09870.jpg
今日は日本のどこかでもビールかけが行われているんだろうなぁ~。
DSC09862.jpg


SCHUCO PICCOLO Mercedes-Benz Tanksattelzug "Shell"

さぁ、いよいよ2010年アジアカップ決勝!
ここまでハードな試合を続けるザックジャパン。中4日では休養が十分とは言えないと思いますが、そこはオーストラリアも同様。頑張ってほしい!
私に出来る事は…TVの前でも応援。
…するとミニカーからも応援したいと申請が!

「SCHUCO PICCOLO MERCEDES-BENZ TANKSATTELZUG"SHELL"」

給油!給油!エネルギーを充填して!
DSC09849.jpg

DSC09841.jpg DSC09843.jpg
実車と…ちょっと違うけど…まツいいか!

DSC09844.jpg DSC09846.jpg DSC09857.jpg
ピッコロらしく可愛くまとまっています。

DSC09847.jpg DSC09848.jpg DSC09850.jpg
すべてが愛らしい。

DSC09851.jpg DSC09852.jpg DSC09853.jpg
トラクターヘッドが回ります。可愛い。

DSC09854.jpg DSC09855.jpg DSC09856.jpg
トラクターヘッドのコレクターというのもいるらしいですが、コレクションとしても十分楽しめます。
リアルな完成度は無いですがね。

今日は文章が無く申し訳ないです。
さぁ、キックオフ!




1月30日 2:30 追記

延長後半5分、李のボレーシュート。ブラボー永友!…残りの10分のドキドキ…ザックジャパン、優勝しました!
長い一日。終わりは心地よく…。明日の朝刊が楽しみ。サンデーモーニングが楽しみ。
大沢さん!天国から"あっぱれ"って言ってくれますよね。


2010年1月30日 11:30追記

DSC09859.jpg
残念…さすがに2:30の試合結果は朝刊には反映されていなかった…
新聞社の方もぎりぎりまで待ったに違いないが延長戦へ…で終わっている。という事は2時前がリミットってことか?
一面のトップ記事。名古屋版では豊橋の鳥インフルエンザが強毒性だったと判ったという記事。
アジアカップの優勝が決まっていたら校正が代わっていたのかも?




LESNEY No.16D

こんな期の途中に私の部署から2名が異動して行く、4月に大きく変貌する予定の私にお勤める会社はいままで無かった事があちこちで起きています。今日は送別会。慰安旅行用の福利厚生費を利用して、日ごろの慰労を兼ねて飛騨牛のA5等級を喰らう。
福利厚生日を送別会に流用できるはずも無く"慰労"がメインの食事会をセッティング。
"慰労"のイベントを何にしようかと迷った挙句…名古屋の玄関口にそそり立つミッドランドスクエアの展望台での夜景見物。凍りつく様に寒い冬の夜。地上220メートルの名古屋の360度のパノラマの夜景を堪能。
__[1] - コピー
iPhoneの写真にも限界が…。北北東を見る。
街中の暗いかたまりの中にひときわ明るい部分が…名古屋城。
天にも届こうかと思うスカイタワーから観ると兵どもの夢の跡はかくも小さなものになってしまう。

私の勤務地は名古屋市内といっても場末、名古屋駅の様な人の波の真ん中に来ると全くのラバーネック。
__[1]
マリオットアソシア…新幹線で遠くから見えるこのツインタワーの建物は帰って来たと実感できる象徴です。

久しぶりにいろんな色にあふれる街に出ました。今日の"L"はカラフルに。

「LESNEY No.16D CASE BULLDOZER,issued 1969」

DSC09827.jpg DSC09828.jpg DSC09829.jpg
カラフルでしょ?
"L"らしくないカラーリングですが、"L"最後の年である'69年製ですのでぎりぎりいっぱい立派な"L"です。
でも可愛い一台だと思います。
強いて言うのなら、このエンジン部分の造りに"L"の良さを感じます。
DSC09832.jpg

'69年製といえばそれでも42年も前のミニカーです。私の"L"のコレクションの中には多くのキャタピラのものがありますが、多くはゴム製のキャタピラが無くなっていたり、残っていても硬化して割れてしまっている状態です。
今回のブルトーザーキャタピラがかなりいい状態で残っています。
DSC09831.jpg DSC09837.jpg DSC09838.jpg
黄色と赤のカラーリングは見事です。
ギミックはキャタピラが回る以外は有りません。
運転席のプラ製の屋根が取れる位でしょうか?
DSC09834.jpg DSC09835.jpg

バリエーションは3種
1.赤い車体、黄色いブレード、緑のキャタピラ
2.明るい赤い車体、黄色いブレード、緑のキャタピラ
3.濃い赤い車体、黄色いブレード、黒のキャタピラ
キャタピラが無くなってしまっていたら、何とも比較のし難いバリエーション違いでした。
私のは赤が明るいですからNo.16D-2になります。

それなりに持っていて楽しくなるカラフルなミニカーを載せました。
DSC09830.jpg DSC09839.jpg










LESNEY No.71B

783万円あったら何を買うだろうか?
まずは車か…。我が家にある2台の車は既に大台超えの走行距離。私の愛車に至っては2度目の大台を随分前に超えてしまっています。
あッ我が家は5人家族だから3915万円か…。まずは住宅ローンの返済か?
国の借金が997兆7098億円というニュースがあった。うちはこんなに借金をした覚えは無いよと言っても逃げようの無い事実。
恩恵を受けていないとは言え無いが借り入れの額が余りに大きすぎて実感として伝わってこない。
我が家の分の借金は3915万円。それに加えて身に覚えのある本当の借金が・・・。あゝ恐ろしい。

政権が代わってもいままでの借金しながらの優雅な生活にどっぷりと浸かったやり方は容易には代えられない様ですね。普通なら“財政再建国家”ですよ。先人の作り上げた技術立国の信用に担保してもらえる時代もいつまでも続かないと思うと怖くも有ります。

真っ赤かの火の車の家計です。やはり今日は"赤"い車にします。

「LESNEY No.71B JEEP GLADIATOR PICKUP,issued 1964」

DSC09792.jpg DSC09793.jpg DSC09794.jpg

私の妻の実家には軽トラックがあります。またこれが結構便利だったりします。
田舎ってそうしたもので、農家で無くても結構軽トラックを持ている家が多かったりしますよね。
きっとアメリカの田舎にはこの手の便利なピックアップを持っている家が多いのではないかと勝手に思っています。
jeep.1969.Willys20Gladiator[1] Jeep_Gladiator[1]
結構使えそうですよね。
DSC09795.jpg DSC09796.jpg DSC09797.jpg
マスクは可愛いです。'64年頃らしい顔をしています。
リアは「JEEP」の文字が利いていてカッコいいです。
後ろの窓ってこんなに大きいものでしょうか?
私の新入社員の頃はサニートラックに乗って営業をしていましたが、後ろの窓はもっと小さかったような記憶があります。
DSC09798.jpg
これだけの荷台があれば間違い無く便利!

バリエーションは2種
1.赤い車体に緑のインテリア、黒いタイヤ
2.赤い車体に白いインテリア、黒いタイヤ

私のはインテリアが白ですからNo.71B-2です。

ギミックはドアの開閉です。
DSC09800.jpg
ドアが開くミニカーを動かすといつも思うのが"トミカ"の出来の良さ。
開閉がパチッと決まる"トミカ"ってすごいですよ。
この"L"も一応板バネが付いていますが開閉はぎこちないですから。

DSC09801.jpg DSC09802.jpg
余裕があればこういう実車も一台持っていたいですよね。





LESNEY No.62A

今日は多少攻撃的でも良いでしょう。
負けるわけにはいかないです。アジアカップ準決勝 韓国戦。
…だからアーミー物にします。

「LESNEY No.62A GENERAL SERVICE LORRY,issued 1959」

DSC09783.jpg DSC09784.jpg DSC09785.jpg

こういった車両ってときどき見ないですか?
私の場合高速道路やサービスエリアで見かける事が多いかも知れません。
大勢の自衛官を向い合せに座られて…、後ろには網(?)。あんなの網で人が落ちたりしないんだろうか?と要らぬ心配をしてしまいます。

DSC09786.jpg DSC09787.jpg
マスクはチープ。後ろは…。この椅子では怖いですよね。まるで人間が荷物の様です。

バリエーションは1種のみ
1.オリーブの車体、黒のプラスティックタイヤ

DSC09788.jpg DSC09789.jpg
ちょっと写真が判り難いですね。荷台部分にちゃんと補強が付いています。
こんなところは手を抜いてしまった方が"L"らしいのですが良い感じです。
タイヤも6輪です。そんなに重いものを運ぶんでしょうか?

DSC09790.jpg DSC09791.jpg
韓国は徴兵制度がありますので、このピッチでで走り回る韓国選手はこういった車両に乗った事があるのでしょうね。


2011年1月26日1:10追記

45分+45分+15分+15分=計120分で決着が付かずPK戦で見事韓国を下す!
すごい試合でした。さぁ、いよいよ決勝戦です。

2011年1月26日 12:15

ヤフーのトピックスに載っていましたが、日韓戦の平均視聴率は35.1%
瞬間最高視聴率は40.6%だったそうです。
あの夜中にこんなに多くの方が観ていたって事ですよね。
みんな何か元気になるものを求めているんですよ。
私は延長前半10分位から胃が痛くて・・・。
延長後半15分は何がなんだか、何がどうなってしまったのかわかりませんでした。

LESNEY No.72A

トラクターって結構好きです。
泥臭い感じが良いんですが、最近のトラクターってカッコいいですよね。
kubota_kl410hq[1]
クボタのHPを見ると一番高いもので1270万円って言うのが有りました。
もはやスーパーカーですよね。

「No.72A FORDSON TRACTOR,issued 1959」

DSC09774.jpg DSC09775.jpg DSC09776.jpg

前輪が小さくて後輪が大きいスタイルは半世紀の時が過ぎてもそんなに変わるものでは無いんですね。
むしろ変わって無いって言っても言いすぎでは無い気さえします。
働く車とはこういったものかも知れないです。ただ、中身は驚くほど進化しているんでしょう。

バリエーションは6種
1.青い車体、前輪はホイールなしのグレータイヤ、後輪はオレンジ色のホイールのグレータイヤ
2.青い車体、前輪はホイールなしの黒タイヤ、後輪はオレンジ色のホイールの黒タイヤ
3.青い車体、前輪・後輪共にはオレンジ色のホイールのグレータイヤ
4.青い車体、前輪・後輪共には黄色いホイールのグレータイヤ
5.青い車体、前輪・後輪共には黄色いホイールの黒タイヤ
6.青い車体、前輪・後輪共にはオレンジ色のホイールの黒タイヤ

私のは前輪にホイールがありません。加えて後輪がオレンジホイールでタイヤがグレーですので「N0.72A-1」になります。

DSC09778.jpg DSC09781.jpg
モーターとタイヤと運転席…だけ?サラブレットを思い出してしまいました。


DSC09780.jpg
持つべきものは"道具"。
このトラクターのおかげで飛躍的に仕事量を増やす事が出来たんでしょうね。



hpi・racing SKYLINE GT-R GROUP-A RACING (W)

何度か紹介してる"W.M.C.C"の集まりは私にとっては元気の源の様なものです。
月に一回の集まりはお酒の飲めない私でも十分楽しめるものであっという間に時間ばかりが過ぎて行きます。
メンバーの方の嗜好が一つでは無いというのもこの会を楽しいものにしてくれるひとつの要素なのかもしれません。トミカだけを集めている方も1/18を中心に集めてみえる方も見えます。コンビニ限定の京商ものだけって方も、ひとつの車種に限定して集めている方も見えます。
ミニカーってとても懐が大きいです。

今日載せるのは、メンバーの方に分けていただいたものです。

「hpi・racing SKYLINE GT-R GROUP-A RACING (W)」

正直言って「hpi」って会社の名前すら知りませんでした。
でもその魅力はものすごかったです。ビビビ物でした。1/43自体、数台しか持っていませんでしたが、この「hpi」は別格です。

DSC09765.jpg DSC09766.jpg DSC09767.jpg

「トミカ」や「LESNEY」では決して味わえない満足感がそこにはありました。
まずはその精密さに驚愕です。
DSC09771.jpg DSC09772.jpg
このブログを最初から見ていただいた方にはこの「hpi」から受けたカルチャーショックがどんなものだったのか想像できるのではないかと思います。
これでB級品というからさらにびっくりです。いったいどこがいけないのか?全く判りません。
DSC09773.jpg DSC09768.jpg DSC09769.jpg
精密さで言うならばまだ他にもメーカーがあるのでしょう。
私はこのスケールのミニカーをよく知りませんし、元来、チープなミニカーに魅力を感じるタイプの人なので他のメーカーの事は全く判りませんが、本当に持っていることにに満足できる1台でした。

ただ他人に影響を受けやすい単純明快な私にこの魅力を知らせてしまった事はちょっと罪深いかも知れないですね。
でも「hpi」では味わえない満足感が「トミカ」や「LESNEY」にはありますのでミニカーの世界って千差万別。

…実は1/18にも影響を受け2台程…。



Special Thanks To: ken-6さん
ken-6さんが教えてくれる世界にはいつも驚かされます。

LESNEY No.55B

昨日載せた"FORD FAIRLANE"と一緒の車種になります。

「No.55B FORD FAIRLANE POLICE CAR,issued 1963」

裏板は"No.59B"に使われていたと一緒ですが、"No.55"となっていています。これぞあるべき姿!

DSC09719.jpg DSC09720.jpg DSC09721.jpg
同じ'63年製のこちらは警察車両になります。
DSC09724.jpg DSC09723.jpg
パトライトは"赤"です。何故か安心する色ですが…このちょっとした違和感を覚えるのは何故なんでしょう。
車体の色でしょうか?
DSC09731.jpg DSC09729.jpg
確かにパトライトが付くのであれば赤い車両の方がしっくりきます。
結局のところ見た目の慣れの問題が大きいのでしょうね。
そういえば…警備会社の車両なら黄色か青色のパトライトってイメージが強いし、ガス会社の車両で緊急車両に赤いパトライトが付いていたりするとそれも"?"って感じがします。頭が固いんでしょうね。

バリエーションは4種
1.濃紺の車体、黒のプラタイヤ
2.明るい青の車体、グレーのプラタイヤ
3.明るい青の車体、シルバー色のプラタイヤ
4.明るい青の車体、黒のプラタイヤ

私のは車体が明るい青でタイヤが黒ですので"N0.55B-4"となります。

DSC09726.jpg DSC09727.jpg
アメリカらしい大型車の顔とリアのビューですよね。








LESNEY No.59B

"青"もおかしいけれど"白"ならどう?
昨日紹介したのは"LESNEY No.59C"でしたが今日はその"B"にします。

「LESNEY No.59B FORD FAIRLAND FIRE CHIEF CAR ,issued 1963」
DSC09707.jpg
47年も前のおもちゃの箱付きです。
DSC09715.jpg DSC09714.jpg
"白"のパトライト…何じゃこりゃって感じですよね。

DSC09708.jpg DSC09709.jpg DSC09710.jpg

バリエーションは3種
1.赤い車体、グレーのプラタイヤ
2.赤い車体、シルバーのプラタイヤ
3.赤い車体、黒のプラタイヤ
私のはタイヤが黒ですからNo.59B-3です。

ford-fairlane-1962a[1] DSC09712.jpg DSC09713.jpg
実車もアメリカの香りプンプンです。

DSC09717.jpg
裏板には「No.55」と打たれています。まだ紹介をしていませんが、同じ車種で同じ'63年に別の車が出されています。裏板を共有しているんですね。
それにしても資料本でも持っていないと、この車をNO.55だと思ってしまいますよね。
ちょっと不親切かな?

アメリカの良い時代を感じるイラストです。
1961_ford_fairlane_sedans_001[1]


今日はちょっといただけないパトライトの色をした消防指揮車を載せました、
DSC09716.jpg


LESNEY No.59C

大寒の今日、暦通りの寒い寒い一日でした。
空気も乾燥していてニュースでリップや保湿薬の売り上げが好調って言うのをやっていました。
私は…超メタボの役得か脂質も水分も十分に蓄えている為この程度の乾燥ではびくともしませんが、我が家では私以外の4人がリップを手放せない生活です。
それにしてもドラッグストアに行くとものすごい種類のリップが並んでいますよね。ちょっとしたブームでもあるんでしょうか?
嫁さんは無香料のコラーゲン入り、末娘は柑橘系、長男坊はメンソール系、次男坊は何でもOK!・・・バラバラのニーズにもちゃんと対応できています。

"乾燥"って言うとやっぱり危ないですよね…今日は消防ものにします。

「LESNEY No.59C FORD GALAXIE FIRE CHIEF CAR,issued 1966」

DSC09382.jpg DSC09383.jpg DSC09384.jpg

消防指揮車です。災害活動の現場で指揮をする部隊が乗る車とのことです。
DSC09386.jpg DSC09405.jpg
この車両にはドライバーのひとりしか居ません。ちょっと緊張感無し…。
このサイドのマークってカッコいいですよね。よ~く見ると"跳ね馬"?
それにしてもやっぱりパトライトが"青"って違和感ありますよね。
DSC09389.jpg
でも最近の日本では、消防指揮車に青色点滅灯を装備する車両が全国的に増加してきたそうです。
これは、青色灯を現場指揮本部の目印として活動時にはその点灯によって、指揮部隊の設置場所・車両を明確にする効果があるようです。
…って最新の事情が解ったとしても違和感は消えそうにないですね。

バリエーションは4種
1.赤い車体に青いパトライト、ボンネットとサイドにデカール、黒のプラタイヤ
2.赤い車体に青いパトライト、ボンネットにデカールサイドにシール、黒のプラタイヤ
3.赤い車体に青いパトライト、ボンネットとサイドにシール、黒のプラタイヤ
4.赤い車体に赤いパトライト、ボンネットとサイドにシール、黒のプラタイヤ

何だ赤いパトライトのバリも有るんじゃん。
私のはNo.59C-1です。

私の住む名古屋市では消防車の色は純粋に赤ではなく、蛍光色のオレンジの様な色になって来ています。
消防は自治体毎に組織されるので個々に決まった色になると言う事ですが、正直、青いパトライトと同じくらい違和感が有りますよ。
img_1127910_31735962_0[1]

今日は"L"の消防指揮車でした。
DSC09403.jpg DSC09404.jpg




SCHUCO PICCOLO BMW 328 CABRIO

PICCOLOが好きになり、インターバルとして何台か紹介させていただいてきましたが、独語という高い言葉の壁も有り適切な資料を持ち合わせていません。
ブログで紹介して行く中ではあまりにも準備不足で挑んでいるわけですが、そんな中、よく助け舟を出して下さる"PICCOLOMANIA"さんという方がみえます。当然面識は有りません。ただブログを拝見させていただくと毎日"PICCOLO"を紹介し続けてみえます。見事です。
どこのどなたか判らないまま不躾にリンクを貼らせていただく様にお願いしたところ快諾していただけました。
よって私のブログに"W.M.C.C"のメンバー以外の方で初めてですが"PICCOLOMANIA"さんのブログをリンクさせていただきました。
PICCOLOMANIAさん、これからもよろしくお願いします。


昨日に引き続き独国のSCHUCO社のPICCOLOです。
というか、セット物の片方になります。
DSC09694.jpg DSC09695.jpg DSC09696.jpg

「SCHUCO PICCOLO BMW 328 CABRIO,issued 2007」

可愛くないですか?ピッコロのスケールの良さが如何なく発揮されているモデルです。
DSC09699.jpg DSC09698.jpg DSC09697.jpg

「ADAC TRENTINO CLASSIC 2007」というセットです。
DSC09703.jpg DSC09704.jpg DSC09705.jpg
ウィキペヂアによると…
ADAC」とは日本における日本自動車連盟、通称「JAF」に相当する組織で、「ドイツ自動車連盟」の事だそうです。「TRENTINO」とはイタリアの北部の町ですから、ドイツ自動車連盟が2007年にTRENTINOという町で開催したクラシックカーの祭典記念のセットという事で良いのだろうか?
なかなか粋なセットを作ったものだ。










SCHUCO PICCOLO JAGUAR XK 120 ROADSTER

"LESNEY"が続くとネタ切れの心配があり、他のミニカーが続くと"LESNEY"が恋しくなる。
そんな時の緩衝材としてこの"PICCOLO"はちょうど良い。

ビンテージミニカーの中でも決して高級なものでは無く、親が負担感が少なく買い与え易い金額で、実際に子供が手にとって遊ぶ…
私の実体験で言うなら砂場で山を作り、トンネルを掘り、そこを走らせる。
塗装何てヤスリの中を貫くのだからまともなはずもない。
当然風呂にも一緒に入る。まるで"ボンドカー"。
そういえば寝るのも一緒だった…というものが私のコレクションの対象。
そんなミニカーの中にあって比較的新しい"PICCOLO"でも違和感がありません。
値段的にはトミカやマッチボックスの様には行きませんが、少しづつ集めて行きたいものです。

「SCHUCO PICCOLO JAGUAR XK 120 ROADSTER,issued 2007」

2台のセットものですが今日はその中の1台です。(という事は明日はその相方です)

DSC09685.jpg DSC09686.jpg DSC09687.jpg
この愛らしいミニカーに私の感性はたじたじです。

箱には説明書きが有りましたが…独語ですのでチャレンジする前からやめておきます。
DSC09689.jpg
何ともチープなマスクですよね。
DSC09692.jpg DSC09693.jpg
チープな割にはカッコいいホイール。
DSC09688.jpg DSC09690.jpg
こんなちっちゃなピッコロですが、さすがジャガーです。高級感が伝わってきますよね。


毎日"PICCLO"のコレクションをブログで紹介されている方がみえます。
私のブログにも何度か情報を寄せていただきましたが、その名もズバリ「Piccolomania」さんと言われます。
そのコレクションの数たるやものすごいものが有ります。
私も気付くとそのブログにおじゃましています。
一度のぞいてみてはいかがでしょうか?




LESNEY No.35B

DSC09677.jpg
名古屋では11センチの積雪ともなると新聞の1面をデカデカと飾る位の大きな出来事。
通勤時の市内の車は驚くほど少ない。みんな慣れない雪道の運転を避けている。
スタッドレスも履かない、チェーンも持っていないときてはそれも致し方無し。
バス停ではいつもに無いくらいの列が出来ている。
私はスタッドレスで安心の通勤。こんな大騒ぎした雪も午前中には解け切ってしまうから、いくらばかりか寂しくもある。

もう一台"雪"物として紹介したかった車が有ります。
次はいつ降ってくれるかわからないので、載せてしまう事にします。

「No.35B SNOW TRAC TRACTOR,issued 1964」

DSC09683.jpg
「雪上車」と訳せば良いのでしょうか?
ごッつい車です。鉄仮面を彷彿とさせるマスク。
DSC09681.jpg

DSC09678.jpg DSC09679.jpg DSC09680.jpg
残念ながらゴム製のキャタピラは有りません。
この雪上車は何故か私のお気に入りでしたが、キャタピラが有ったという記憶は全くありません。
切れてしまったのか外れて無くしてしまったのか…どうでもよかったのでしょう。
子供の私にはキャタピラーの有無よりもこのルックスが魅力だったんでしょうね。
DSC09684.jpg
砂場で大活躍したヒーローの様な車だったことは間違い無さそうです。

バリエーションは4種
1.赤い車体、白いキャタピラ、"Snow Trac"のデカール
2.赤い車体、白いキャタピラ、デカール無し
3.赤い車体、白いキャタピラ、"Snow Trac"のシール
4.赤い車体、グレー色のキャタピラ、"Snow Trac"のシール
私のはキャタピラが判らないので底の部分での判断はできません。"Snow Trac"の文字が有ったという記憶も
全く無いので敢えてNo.35B-2 としておきます。
DSC09682.jpg

snow-trac[1]
実車をみるとミニカーに感じた様な大きさは見られません。

雪国の住人であったなら手に入れたい一台ですね。




LESNEY No.16C

昨日は第三土曜日。私にとっては月に一度の貴重な気力回復の日。
トミカの発売日?
間違いでは無いですが、名古屋近辺に住むミニカー好きの親父が集まる"W.M.C.Cオフ会"の日。
昨日も6時から日付の変わる時間近くまで美味しい料理と仲間との会話を肴に楽しい時間を過ごさせていただきました。
ミニカーだけじゃ無いんですよ。
__[2]
すごいでしょ?この"エース"。こんな事が出来る人もいるんですねぇ~。
DSC09648.jpg DSC09657.jpg
エアブラシを駆使し、目は筆塗り…。脱帽物ですよね。
いろいろな仲間がその人なりの趣味の重なったほんの一部分"ミニカー"を共有して集まっています。
誰も何も否定しません。心地いい空間。心地いい時間でした…。が昨日はちょっと心配事が…"雪"。
帰りを心配された方も見えました。市内は普通に帰れましたが三重から来られた方は大丈夫だったのかなぁ~。

朝起きると"一面の"とは行かないものの雪。
DSC09661.jpg
車にも…この通り。
こんな程度の雪でも名古屋は大混乱。
雪は時折切れ間も見せながら日付が変わろうとする今でも降り続いています。
DSC09663.jpg
明日の朝が心配…。
でも私はスタッドレスに履き替えたから準備万端。
…でもないか?もともと名古屋でスタッドレスを履いてる車は極少。私だけがスタッドレスでも意味が無いかも?

という長~い前置きは終わりにして"LESNEY"。
どのタイミングで紹介しようかと迷っていた一台が今日生きました。

「No.16C SCAMMELL MOUTAINEER SNOWPLOW,issued 1964」


DSC09664.jpg DSC09665.jpg DSC09666.jpg

何と言ってもこのショベルが重要ですよね。
DSC09674.jpg DSC09676.jpg

ギミックは…
DSC09673.jpg DSC09672.jpg DSC09671.jpg

今日もニュースで都市高を並走する除雪車の映像が流れていました。
DSC09667.jpg
DSC09669.jpg DSC09670.jpg
2台が少し前後に並んで雪を路側に除けて道路を確保する…重要な働きをする車ですよね。

バリエーションは2種
1.グレー色のキャブ部にオレンジのオケ、グレーのプラタイヤ
2.グレー色のキャブ部にオレンジのオケ、黒のプラタイヤ

私の除雪車は2台共No.16C-2です。

DSC09675.jpg
さぁ、明日はまともに会社にたどり着けることが出来るでしょうか?




TOMICA N0.106 OKINAWA-SPECIAL

無事次男坊が遠く沖縄から帰還。
無理やり持たせたデジカメには男子校かと思わせるかの様にむさくるしい野郎どもがどんどん出てくる。
共学だろ?そっか奴のクラスは野郎ばかりなんだ…。
DSC09437.jpg DSC09624.jpg DSC09502.jpg
それなりに楽しかった2泊3日だった様です。良かった良かった。

私へのお土産は…

「TOMICA No.106 TOYOTA PRIUS OKINAWA PORICE」

やはり親の子です。トミカの臭いがしたらしい。最終日の首里城の横のお土産屋さんに有ったそうです。
DSC09636.jpg

DSC09640.jpg DSC09639.jpg DSC09641.jpg
持っている…とはとても言えません。口が裂けても…。
このトミカに気付いて買ってきてくれたことだけで十分ですよ。しかもプチプチでくるんで持ってきました。
「かばんの中で箱が凹まないように…」良くできた坊主に育ってくれました。

何と700円也。でも私にとっては福沢諭吉2人分ですけれどね。
ベトナム製でした。
DSC09637.jpg DSC09642.jpg

沖縄は若者を魅了する魅力あふれる場所だったようでまた行きたいと言っていました。
そうだ!高校2年生を留年すればいいんだ!現実的じゃないですね、

DSC09644.jpg




LESNEY No.40B

あまり衝動買いをしない(つもりの)私ですが、「アメトーク」の"家電芸人"特集を見て思わず買っちゃいました。
__[1]
首用のマッサージ器です。
放送のあった翌日に価格.comでの最安値からアタックするも品切れ続出。テレビの威力ってすご~イ。
何とか在庫のあるショップを見付けて無事購入。
デスクワークをしながらでも、ブログを打ちながらでもOK!
信じられない位、岩の如くにガチガチ肩コリさんの嫁へのプレゼント。
私も使ってみましたが、なかなかいいですよ。さすが家電芸人のお勧めの品!
家電ってすごいですね。どんどん進化しています。

という事で今日は進化系の"LESNEY"にします。

「No.40B LEYLAND ROYAL TIGER COACH,issued 1961」

'61年にこのデザインです。
DSC09390.jpg DSC09391.jpg DSC09392.jpg

Leyland_Ghia[1] DSC09394.jpg DSC09395.jpg


50年前はこういう形が未来の車に期待されるデザインだったのだろうが、残念ながら50年後の今は無駄な物を思いっきり排除したシンプルな物が主流ですよ。
垂直尾翼の様なウインカーって無いですよねぇ~かっこいいですけど。

でもよく見るとフリントもリアもなかなかいい出来。
DSC09397.jpg DSC09398.jpg

バリは3種
1.シルバーブルーの車体、グレーのプラタイヤ
2.シルバーブルーの車体、シルバーのプラタイヤ
3.シルバーブルーの車体、黒のプラタイヤ
私のはグレーのタイヤですからN0.40B-1となります。

DSC09393.jpg
裏板も剝げてしまうほどの救済くんです…

こういう無駄な物が有るデザインが復活する日は来るのだろう?

DSC09396.jpg



LESNEY No.63B

前記の通り…
結局、復性肩関節脱臼…この夏から3度の脱臼を繰り返して来た次男坊は左腕を体にくっつけて固定するベルトを巻き、その上から学ランをを羽織るといういかにも怪しそうないでたちで、今朝、セントレア空港から沖縄に向けて修学旅行に旅立って行きました。
長男坊の時も同様でしたが、いつも近寄ってすら来ないのにここしばらくはスリスリ状態。
今朝、小遣いとして福沢諭吉2人も私の財布から一緒に飛び立って行きました。
「お土産買ってくるよ!」と言っていましたが、はたして何を買ってくるやら。
沖縄トミカは2年前に長男坊が買ってきてくれて持っているしなぁ…。
あまり細かい事を気にしない次男坊だけにどこでも買えるチンスコウを帰りの空港で買ってくる位かなぁ…。
まぁ、2泊3日の短い旅行だからお土産何ぞに気を使うことなく楽しんできてほしいですね。

そうそう、彼にとっては初めての飛行機だったんですよ。あの離陸するときの"G"を楽しめたかなぁ。
よって今日は空港物です。

「No.63B FOAMITE CRASH TENDER ,issued 1964」

DSC09374.jpg DSC09375.jpg DSC09376.jpg

屋根に乗っているはずの"はしご"はどこかへ行ってしまいました。救済くんです。

頭の先頭に"ノズル"を載せています。ここから水を出し空港で発生した火事に対応するんですよね。
このノズルが唯一動くギミックになります。
DSC09378.jpg DSC09379.jpg DSC09380.jpg
バリエーションは2種
1.赤い車体、シルバーのノズル、黒のプラタイヤ
2.赤い車体、ゴールドのノズル、黒のプラやイヤ

私のはノズルがゴールドだったからN0.63B-2です。
こんな小さな車なのに6輪車です。。
DSC09381.jpg
結構水などの液体って重いんですよね。
DSC09377.jpg
「AIRPORT CRASH TENDER」空港の消防車。
そりゃぁ飛行機だけあって燃えやすい燃料を積んでいるからこういう車の中から作業できる消防車の形なのでしょう。

DSC09400.jpg DSC09399.jpg

ちょっと可愛い車ですよね。
帰りも何も無く無事に帰って来てくれる事を願ってますよ!

BUDGIE TOYS AUSTIN A95

「BUDGIE TOYS」こんなミニチュアカーメーカーが有ったんですね。
"BUDGIE"とは"セキセイインコ"という意味ですが、聞きなれないメーカー名だけあって、"インコ"と"ミニカー"が関連づけにくいものが有ります。

「BUDGIE TOYS No.15 AUSTIN A95 WESTMINSTER COUNTRYMAN」

DSC09353.jpg
裏板にはメーカー名が書かれていません。
ヤフオクでLESNEYのミニカーとセットだったものを落札したのですが、何と送り主は憧れの英国に住むの日本人の方でした。英国の空気と一緒に手に入れた1台になりました。

DSC09350.jpg DSC09351.jpg DSC09352.jpg

DSC09355.jpg
私の好きそ~なチープ極まりないミニカーだと思うのですがネットで検索しても判らずじまいです。
Austin-027-large[1]
1958年のカタログですが、この頃のミニカーでしょうか?
LESNEYの良い時代と時間軸でも、ミニカーの出来からしても重なっていますよね。
私の好きなステーションワゴンのタイプです。

DSC09357.jpg DSC09358.jpg
こんな車が発売されたらおしゃれですよね。買っちゃいます。

2011年1月11日 21時半追記
鶏さんから情報を寄せていただきました。
2195_m[1]
何ともコレクター心をくすぐるセットです。
LESNEYと共通する味が多くありそうです。
なかなか出会う事が無いメーカーですが、ある程度の数を世に出している会社という事が判りましたので私の元にも新たなインコ社のミニカーがやってくる事を期待して…。

SCHUCO MODELL 306 875

3連休の中日。次男坊がハンドボールの試合に行き肩を脱臼して帰ってきました。
この夏休み中の練習試合でタックルを受け1度目の脱臼。11月に2度目。そして今回は試合前の練習でボールを取りに腕を伸ばした瞬間に外れたという事で今回ばかりはハンドボールを続けていけないと思った様で意気消沈。
この次男坊、休みの開け12日から沖縄に修学旅行を控えた高校2年。
中学の修学旅行の時も出発の前日に感染性腸炎で入院をし、楽しいはずの数日間を病院のベットで過ごしたという曰くつきの彼。どうも"楽しい修学旅行"に縁が無いのかも知れません。
本人は至ってノーテンキで、腕を体にピッタリと添わせる拘束帯と腕を吊る三角巾も慣れっこなのか、それを付けて行くらしい。
まぁ、良い思いでのおまけってところでしょうか?


そうそう、今日9日は新しい大河の1回目の放送日。
"江(ごう)"。
浅井の家に嫁いだお市の方が産んだ3人の娘の波乱万丈の物語を毎週日曜日の楽しみにして行けそうです。
鈴木保奈美さん・・・私が結婚した当時のトレンディードラマ(この言い方も古い・・・)のヒロインですが、ちょっとお市の方の年齢設定に無理があるかなぁ~。
3人の娘はいい感じですよ。でも茶々がちょっともっとやんちゃなイメージでしたのでこの先宮沢りえさんがどういう茶々姫を演じるのかを含めて展開が楽しみですね。


そして…サッカーアジアカップの初戦、対ヨルダン戦。前半の吉田のオウンゴールでまさかの1点を追う展開。
このブログを打っていてもTVが気になって仕方が無い。

…今日は波乱万丈のいちにちでした。

波乱万丈の一日の締め括りとしてのミニカーはこれにします。
「SCHUCO MODELL 306 875 3.0 CSL COUPE」

DSC09336.jpg DSC09337.jpg
DSC09343.jpg DSC09349.jpg
イエガーマイスターのオレンジのマシンです。
個人的にはこの"イエガーマイスター"のマークとロゴ、オレンジの車体は大好きです。
カッコいいですよね。
ただ…お酒に弱い私は当然"イエガーマイスター"何て飲んだ事は有りません。
リキュールってことはちょっと癖が有る味なのか?
オレンジジュースで割るのがおすすめと言う事だからどこかで試してみたいものですね。

DSC09340.jpg DSC09341.jpg DSC09342.jpg

以前、PICCOLOMANIAさんが300シリーズはレーシングカーと教えてくれましたが、確かにこれはその番号に合致し、レースカーです。

DSC09346.jpg DSC09347.jpg
裏板に白いさびが浮いてきています。そして裏板と一体になったフロントもリアも白いさびが…。

ちょっとはまりつつある"シュコー社"のミニカーでした。
DSC09345.jpg


2011年1月10日 1:25追記
ちなみにサッカーは後半ロスタイムコーナーキックからのセットプレーで吉田が頭で合わせ1対1のドローで勝ち点1でした。


SCHUCO PICCOLO MERCEDES-BENZ FEUERWEHR

今日は寒かった。思わず"みそ煮込み"を食べに行ってしまうくらい。
__[1]
ちょっと写真が黄色くなってしまってしまいましたね。
今日は邪道かもしれないですが"えび親子煮込み"。えび天と鶏肉とたまご入りです。
"名物に旨いもの無し"といいますが私は名古屋のみそ煮込みは好きです。
私の勤める会社は全国展開をしており、他の地域から転勤してくる方も多く居ますが、「麺がかたい」「味が濃すぎる」など最初の感想も概ね慣れて行くうちに好きになってくれます。
個人的には超有名な「あの」お店より名古屋市内に点在する普通のうどん屋さんで出してくれるみそ煮込みの方が好きかも知れません。特に私のお気に入りは"まことや"さんです。檀渓通り(だんけいどおり)にある本店で修行された方が市内を中心にお店を構えている様ですが、特に天白区島田にあるお店が美味しいですね。
という事で名古屋名物のみそ煮込みは私の様に名古屋生れの地元人も食べる地域に根ざした名物だと思います。
特に寒い冬には暖まりますよ~。

さぁ、寒いと言うと空気が乾燥する季節ですが、ニュースでも火事の話が多く聞かれるようになっています。
木造住宅が黒こげの柱だけになってしまう映像を見ると怖くなります。
今日はピッコロの消防車両にします。

「SCHUCO PICCOLO MERCEDES-BENZ FEUERWEHR ,issued 2000」

DSC09324.jpg
DSC09325.jpg DSC09326.jpg DSC09327.jpg
良い感じのはしご車です。
DSC09333.jpg

はしごの部分が起こせるようになっています。
DSC09332.jpg DSC09329.jpg


こんなハンドルが付いています。
DSC09328.jpg
はしご部は回す事も出来てハンドルを回すとはしごが伸びま~す。
DSC09334.jpg DSC09335.jpg
しかも3段も!DSC09331.jpg
私はマンションの6階に住んでいますが、このはしご車なら助けてもらえそうですね。

さて、シュコーのふるさと独国では
消防は「FEUERWEHR/フォイアヴェア」で電話番号は「112」
いずこの国でも判りやすい番号になっているんですね。
ちなみに
警察は「POLIZEI/ポリツァイ 」で電話番号は「110」
これって偶然?
火事は一瞬にしてすべての財産を燃えつくします。気を付けてたいものです。

さぁ、まだまだ寒い日は続くのでしょう。この冬は何回"みそ煮込み"を食べに行くのでしょうか? 


2011年1月19日追記

Piccolomaniaさんから2000年のモデルと教えていただきました。
1997年としていましたので訂正をさせていただきました。
「Display 2000」というセットの中の1台という事が判りました。



TOMICA 69-3

"勢い"って大切ですよね。よって今日もアーミー物にします。
トミカにも有るんですよね。
DSC09315.jpg

「TOMICA No.69-3 TOYOTA JFDF TRUCK WITH A HOWITZER,issued 1980」

DSC09316.jpg DSC09317.jpg DSC09318.jpg
「大砲付き自衛隊トラック」となっています。
…でこんな大砲が付いています。
DSC09319.jpg DSC09320.jpg DSC09321.jpg

あくまで大砲を移動させることを目的としているミニカーですよね。
DSC09322.jpg DSC09323.jpg
こんな車が生きる場面は既に国内に敵が侵攻した後という事になるのでしょうね。

1980年というと1980年~88年 イラン・イラク戦争?
さすがにトミカは時代を反映させたものであってほしくは無いですが、それにしても驚くほど世界では戦いが起こっているの驚きます。
1982年 フォークランド戦争
1983年~2004年 スーダン内戦
1983年~2002年 スリランカ内戦
1989年~2001年 アフガン内戦
1989年 パナマ侵攻
1989年~90年 エチオピア内戦
1990年~94年 ルワンダ紛争
1990年~91年 湾岸戦争
1991年~2000年 ユーゴスラビア紛争
1991年 スロベニア独立戦争
1991年~95年 クロアチア戦争
1992年~95年 ボスニア紛争
1999年~2000年 コソボ紛争
1991年~ソマリア内戦
1994年~96年 第一次チェチェン紛争
1999年~第二次チェチェン紛争
2001年 アフガン侵攻
2003年 イラク戦争 etc.
これでも年表の中で聞いたことのない物は消したのですがね…。
戦争が無いと生きていけない人が居るかの様に世界のどこかで戦っている人が絶えず居ることになります。
恐ろしい事です。
近々でも朝鮮半島でも砲撃が有りましたよね。既に他人事ではすまない地域に音を立てて近づいてきています。
願わくば、武力で戦いあうことなく平和裏に進む事を願いたいです。
平和な日本に居て平和ボケしているのでしょうか…。 



LESNEY No.68A

アーミー物を続けますが、昨日のNo.67Aとは違って"砲台"無いだけでもちょっとホッとします。

「No.68A AUSTIN MKⅡ RADIO TRUCK,issued 1959」

4463132374_256f1795bb[1] DSC09307.jpg

"RADIO TRUCK"って無線車の事でしょうか?
戦場…ラジオ…というと個人的には「グ~~~ッドモーニング ベトナム!」と叫びたくなります。
知ってます?ウィリアムロビンソンの主演した「グッドモーニング ベトナム」って映画。
いい映画ですよ。チャンスがあったら一度ご覧あれ。

DSC09298.jpg DSC09299.jpg DSC09300.jpg
無線車だとすると前線まで行く車ではではなさそうですよね。
マスクはこの上なくチープ。リアも愛想も何もない箱…。
DSC09301.jpg DSC09302.jpg

運転席部と送信部が独立しているかのように離れています。
DSC09303.jpg DSC09304.jpg
これは放送室?移動ラジオステーションに間違いない!
まさに「グ~~~ッドモーニング ベトナム!」

DSC09305.jpg
ロビンウィリアムスの叫び声が聞こえてきそうです。



LESNEY No.67A

2011年最初の"LESNEY"は何にしようかと思いつつ、ネタが切れてきた"L"の中で物色。
"L"の殻をぶち破る…。2011年は攻撃的に…。等あれこれこじ付けながらこの車にします。

「No.67A SALADIN ARMORED CAR ,issued 1959」

"戦車"です。こういうアーミー物って"L"の中には何台か有ります。
既に何台か紹介していますが、この車には砲台が付いているリアルに危ない感じもします。
DSC09284.jpg DSC09293.jpg
どっちが前?
資料本に載っている写真では…
DSC09294.jpg
先の短い方が前の様です。
DSC09291.jpg DSC09292.jpg
どうも戦車ってキャタピラってイメージですが、この車は“タイヤ”って言うところが機動力が有りそうですよね。
1959年製という事ですがミニカーに戦車を選ぶというのはそういう時代だったのでしょうか?
第二次世界大戦が1939年~1945年
東西冷戦が1945年~1989年
ウィキペディアで検索すると出てくる出てくる…
1950年~1953年- 朝鮮戦争
1954年~1962年 - アルジェリア戦争
1955年~1972年 - 第一次スーダン内戦
1956年 - ハンガリー動乱
1959年 - チベット動乱
1959年~1962年 - 中印国境紛争
1959年~1975年 - ラオス内戦
1960年~1965年 - コンゴ動乱
1960年~1996年 - グアテマラ内戦
1960年~1975年 - ベトナム戦争年
1961年 - キューバ危機
1959年にこの車が選ばれることに必然性が有ったのかもしれませんね。

バリエーションは1種のみ
1.オリーブ色の車体、黒のプラスティック製タイヤ

ギミックは、同然…
DSC09290.jpg DSC09289.jpg DSC09288.jpg

そういえばトミカにもアーミー物が有りましたよね。
個人的にはあまり歓迎する種類の車では無いですが、時代を反映した車となれば別。
でも時代がこういう車をミニカーにしてしまう…出来れば無い方がいいかも?
DSC09297.jpg




SCHUCO PICCOLO MAZDA COSMO SPORT

私の実家が名古屋で嫁の実家が知多半島・・・2軒ともそれほど遠くに無いので両方の実家に各1日づつ年賀のあいさつに行くと3日目からは空いてしまいます。何をしようか…と考える事も無く今日は寝正月と決め込む。
正月3ケ日はほぼこんな感じです。明日から2日間は嫁さんがパートで出勤、子供達もそれぞれの予定が有る様で晴れて自由の身。映画を観に行くも良し、ロンリードライブも良し…久しぶりにトヨタ博物館何て言うのも有り?
でも多分溜まったミニカーのリストの整理でもしている事でしょう。

歳が明けてからカスタム品が続きましたので今日はピッコロにします。
DSC09277.jpg DSC09276.jpg DSC09275.jpg
これだけでどんな車か判ってしまいますよね。
DSC09279.jpg DSC09280.jpg DSC09281.jpg
近未来を思わせるすごい車です。
今でも持って見えるかどうかわかりませんが、知多半島の布土(フット)にある建具屋さんが15年近く前まではこの車を大切に持っていました。この車を維持するのは金銭的にも大変だろうなぁ~と思いながらも、大切にしてくれているといいなぁ~。

「PICCOLO MAZDA COSMO SPORT,issued 2007」

DSC09267.jpg DSC09269.jpg
箱にはロータリーエンジン40周年記念と書かれています。
1967年に作られたこの車の40周年として2007年に作られたものです。
箱のフタの裏にはこの車についての裏書きが英語で書かれています…
DSC09270.jpg
第18回の東京オリンピックの年の東京モーターショーでデビューし"夢のスポーツカー"と呼ばれていた様です。
しかも0-400mが16.3秒…すごい。
生まれて行く時期が早過ぎたのか?今の自動車業界の反映の証の一歩だったのか…。
DSC09271.jpg DSC09278.jpg
思うところは有りますがとにかく憧れる車ですよね。



TOMICA FUSO BUS COSTOM

昨日今日とお世辞にも上手いとは言えないカスタムを載せているのは、店長のお店に置かれていたものが1年振りに手元に戻ってきたからで、次への課題発見と反省を込めて…。
"スーパーカー"というお題が決まっていて作ったのですが、今日載せるのは"名古屋の市バス"です。

「TOMICA No.79 FUSO BUS COSTOMIZED BY MYSELF,issued 2010」

もともとはリサイクルショップで見付けた塗装の剥がれたぼろぼろのミニカーです。
DSC06314.jpg
塗装をはがして…下地を処理し…
DSC06333.jpg DSC06524.jpg
DSC09260.jpg DSC09261.jpg DSC09262.jpg
名古屋の市営バスです。その中でも赤帯の"ワンマンカー"が私にとってのひとつの"スーパーカー"です。
私の記憶の中で一番古い料金は大人15円、子供7円。子供料金の記憶が有るところを思うと小学校の低学年の時の物だろうと思います。大人用の回数券が茶色で子供用の回数券が緑色だったことも憶えています。
このバスがいつの物なのかがはっきりしませんが…
当時市バスは運転手さんと車掌さんの2マンで運行されていて、車掌さん用のスペースが中ほどのドアの横に有ったものです。60センチ角位のスペースだっただったでしょうか?立ち入り禁止の禁断の場所でした。
私にとってのスパーバスは"ワンマンカー"で、運転手さんがひとりですべてを行ってしまうこのバスはある種のカルチャーショックだったのを憶えています。
当時のバスは3色でしたが、このワンマンバスには赤い帯が付けくえわえられていました。
そのかっこよさといったら無く、バス停にやってくるバスに赤帯が付いていると嬉しかったものです。
retoro7[1] retoro8[1]
ねっ!このカラーリングの違いは子供心をくすぐりしょうでしょ?
ちなみに赤帯が無くてもワンマンで運行しているバスも有りました。
フロントに赤い"ワンマン"の看板を掲げているそのバスにも楽しみが…
旧車を使っているそのバスには車掌用のスペースが残っていました。
赤い帯の無いワンマンバスに乗ると席が空いていようがいまいがその車掌さん用のスペースにダッシュし…車掌さん気分を味わえるそこは憧れを体験できる貴重な場所だったのだと思います。
もう随分前の話ですね。

せっかくなので…
DSC09264.jpg DSC09265.jpg DSC09266.jpg






LESNEY FORD GT COSTOM

あけましておめでとうございます。
2011年が始まりました。
予報では6時まで"雪"という事で雪の積もる元日の朝を期待したのですが、残念ながら(?)雪ひとつ無い良い天気。
IMG_4371.jpg
私の住む名古屋の場末では雲の切れ間から初日の出を拝む事が出来ました。
幸せなことに我が家のリビングの窓からは毎朝日の出がみられます。
日本って良いですよね。毎日眺める日の出に"初"のひと文字を付け、拝む対象とする…。大切な文化でしょう。

さて、今日はちょっと前の小ネタ物にします。

「LESNEY No.41 FORD GT COSTOMIZED BY MYSELF,issued 2010」

昨年の3月、"店長のひとりごと"2周年記念の際にカスタムしたものです。
ただのミニカーコレクターが思いに任せて塗ったもので自己満足の集大成みたいなものです。
もう1年も前の事なんですね。

DSC09234.jpg DSC09235.jpg DSC09236.jpg
もともとは1965年製造のミニカーで45年の年を経た物。私が子供の頃に実際に遊んでいたもので…
DSC06313.jpg
もともとはこんなのでした。
剥離剤で色を落とし…。
DSC06329.jpg
缶スプレーとインクジェットプリンターを駆使して…。
DSC09238.jpg DSC09237.jpg DSC09239.jpg 
こんな姿にされてしまった事をこのミニカーはどう思っているのだろうか?
タイヤが外れてしまって無かった…
塗装がはげはげでした…このままではずっと車としての体をなさないまま終わってしまうはずです。
私も随分楽しませてもらいました。ミニカーにとっても良かったのでは?
私の持つ別のFORD GTとのツーショット。
DSC06735.jpg DSC06736.jpg

やっぱり良かったと思います。あれから1年。全く技術が上がっていない自分に歯がゆい思いです。
やってみたい事はいっぱいあります。今年は頑張ってみようかな…カスタム。



プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -