TOMICA No.F6-1

CONGRATULATIONS!
P4290220.jpg 2681584559-royal-wedding-live-report[1]
久しぶりに明日の朝刊の一面はおめでたい話題がカラーの写真付きで賑わすと思います。
30年振りのロイヤルウェディング。貴族では無い一般人が英王室に嫁ぐのはおよそ350年振りだとか。
英国本国をはじめ、英連邦王国の方、いえいえ、世界中の人々が祝福しているに違いないですね。

「TOMICA No.F6-1 ROLLS-ROYCE PHANTOM Ⅵ ,issued 1976」

P4290221.jpg P4290222.jpg P4290223.jpg
私も抜けています。
"LESNEY"コレクターを自称する私が、"LESNEY"の故郷"英国"のロイヤルウェディングの日に紹介する車両を"LESNEY"で残して居なかった何て…ダメですねぇ~。
代役は"トミカ"です。ロンドンタクシーやルートマスター、007でお馴染みのロータス…あれこれ迷いましたが、やっぱりこれでしょう"ロールスロイス"。
P4290219.jpg P4290224.jpg P4290226.jpg
これこれこのマスクですよ。
運転席と後席の間が隔てられているのもさすが"ロールスロイス"って感じですよね。

運転したい車では無く、後席にゆったり座る車なのでしょうが…やっぱり私は運転してみたい。
P4290225.jpg


ロイヤルウェディングが明日の一面としましたが…

楽天イーグルスが復旧した本拠地球場での開幕戦、マー君で見事勝利
東北新幹線全線復旧
松島の観光船再開
新型i-pad発売
etc.
今日は気持ちを前に向けてくれるニュースがいっぱいありました。
明日の一面はな~んだ?

ウィリアム王子は3月18日に英連邦王国の1つ、ニュージーランドの震災追悼式で東日本震災に言及して哀悼の意を表してくれています。ダイアナさんの血を受け継いでいるだけの事はあります。





スポンサーサイト

TOMICA CIVIC TYPE-R COSTOM

「四十九日」…。
震災の日から幾つの夜が過ぎて行ったのかもう忘れていましたが、今日のニュースで知りました。
長かったのか…短かったのか…。
私の仕事も多いに影響を受けました。
私の場合、ここに来るまで本当に長かった…。

最近やっと工場の一部の稼働が始まりました。
まだまだ被災した工場の稼働が半分にも満たない中ですから、震災前の様にはいきませんが、気持ちは随分楽になりました。
工場にも多くの被災者の方がみえますが、がんばって、がんばってここまで復旧させてくれました。感謝です。

「TOMICA CIVIC TYPE-R SAVEJAPAN Ver. COSTOMIZED BY SOMEONE ,issued 2011」
P4280218.jpg
まだ見付かっていない方も多くみえます。
生き残る運命を背負った方も多くみえます。新しい人生を"ゼロ"から始めることも厳しい運命だと思います。
「SAVE JAPAN」この震災で被災した地が復興を為すのに何年掛かるのでしょうか?
長い活動として"応援して行く"事が必要なのでしょう。
P4280214.jpg P4280215.jpg P4280216.jpg

今日は多くを書き綴るのはやめにしたいと思います。
今日は四十九日の法要。
亡くなった多くの方の御冥福を心から祈りたい。
P4280217.jpg








SCHUCO PICCOLO JU 52 784

その可愛さにはまってしまっている独国シュコー社の“ピッコロ”ですが、このブログで紹介している台数もレズニーに次いで2番手になっています。
これって気にっている証拠でしょうね。
1/90をベースとするあの小ささと対象的にトミカよりも重いその存在感。
間違っても精巧とは言え無いチープな作り。
私にとっては“ツボ”とも言える魅力満載。それが“ピッコロ”です。
基本的にはビンテージミニカーに多くの魅力を感じる私ですが、私の持っている“ピッコロ”は、極最近に発売されたものばかりで、ビンテージピッコロなんぞ手に入らないものだと思っていました。
が・・・♪我が家にもありました。
“ピッコロ”という文字はどこにもありませんが、“ピッコロ”の師匠“Piccolomania”さんのブログにも登場していますので間違い無いでしょう。

「SCHUCO PICCOLO JU 52 784」

P4250205.jpg P4250206.jpg P4250207.jpg

独語が解らない私としては何物かを探す術を持たない飛行機がありました。
それがこれです。
それこそ子供の頃に遊んでいたものですので40年近く前のものだと思います。
今回同じものがオークションに出ていたことから急転直下で“ピッコロ”であることが判明したというわけです。
"ピッコロ"と判った段階でさらにPiccolomaniaさんのブログを見返すと…有った!これだ!

ネットで調べて行くと、箱は赤の箱と青い箱の2種類ある様です。
私のは当然箱なしです。どっちの箱だったかの記憶も一切ありません。
・・・が、不思議な事に私の持っているものと翼の裏の刻印が違っているのです。
“Piccolomania”さんが紹介されているものも、ネット上で出てくるものも、左の翼から右の翼まで「Schuco 784 piccolo」と打たれています。でも我が家にあるのは「Luftfracht mit Lufthansa」。
$(KGrHqIOKpUE1qbttyHHBNhniiq7VQ~~_12[1] P4250209.jpg P4250208.jpg
表の文字は一緒ですが、裏の…この違いはなんでしょう?
どこにも“シュコー”とも“ピッコロ”とも打たれていません。
ネットで探す限り同じ刻印のものは探しきれませんでした。一体何もの?
「ルフトハンザ」と書いてあるから、“ルフトハンザ航空のノベルティー物”?
P4250211.jpg P4250210.jpg
P4250212.jpg P4250213.jpg

我が家は、先祖代代、海外で活躍するような懐の広い人は居ないはずですので、そんな伝(つて)があるはず有りません。
私の持っている古いミニカーは名古屋の「松坂屋」か「オリエンタル中村百貨店」のどちらかで買ったもののはずですので、こういうものが通常品で有ったと思われるのですが、今のところ迷宮入りですね。

サイズは1/400という事ですから実物の飛行機の全長に直すと18メートルくらいなのでしょうか?
それなりの大きさです。
実物は何人乗りなのでしょうか?

飛行機って何か夢が有りますよね。
どこか遠くに行きたくなります。



LESNEY No.16A

昨日は"W.M.C.C"のオフ会でした。
私にとってひと月分のエネルギーを分けてもらう貴重な場です。
親父連中が集まって美味しい食事をいただきながらワイワイガヤガヤ。
ミニカーに囲まれた空間で仲間と一緒に過ごす時間って言うのがいいんでしょうね。

「LESNEY No.16A ATLANTIC TRAILER,issued 1956」

P4240193.jpg P4240195.jpg P4240196.jpg
自力では走れないですが、助けが有れば大きなものを運ぶ事が出来る…。
まるで私の様です。
引っ張る力は昨日のオフ会の様なみんなからもらえるエネルギーだったり、職場の仲間の協力だったり、家族の応援だったりするのでしょう。
みんなの力を分けてもらわないと動くことすらできないってことに最近気付くようになりました。

P4240197.jpg P4240198.jpg
積載し易いようにスロープが付いていたりします。角度は急すぎますが、何か親切なギミックですよね。
P4240200.jpg P4240202.jpg
P4240203.jpg P4240201.jpg
引っ張られるのはちょっとチープなフックのみ。レズニーらしいさに安心します。


私が載せるのは…?
きっとみんなが必要としている事(物)なのだろうと思います。

私はみんなからパワーを分けてもらって何とか頑張れています。
自分だけで生きていける…何て言う強い人は居るのでしょうか?
…無理ですよね。
きっと他のみんなも同様なのでしょう。



LESNEY No.36B

前にも書きましたが、名古屋勤務の前は岐阜での勤務でした。名古屋から片道50キロのドライブ通勤。

今日の新聞の一面「福島原発事故 20キロ圏 警戒区域実施」。午前0時から発令されています。
半径20キロ、直線40キロ。
地図に定規を当ててみました。10キロで4センチ…という事は16センチかぁ。

名古屋の場末に住む私の住処から市の中心を通り越し、いくつかの街を越え、県境である木曽川を越え、岐阜の街中まで…これで16センチでした。

あの通勤距離は直線で40キロ…広い。果てしなく広く感じます。
あの通勤経路に人が居ない状況…想像できない。

原子力発電…恩恵を受けている事は間違いない事実。
これからも必要とされて行くのかは、これからの技術の発展に依るのかもしれないですが、40キロという距離を自分の生活圏の中にいれ込んでみると…怖い。

原発の関係で避難されている方が早く元の生活に戻れる事を願っています。

「LESNEY N0.36B LAMBRETTA SCOOTER & SIDECAR ,issued 1961」

P4220181.jpg P4220182.jpg P4220183.jpg
風を体いっぱいに受け走るにはオープンカーよりもこの手の車なのでしょう。
     13lambretta[1]

バリエーションは2種
1.濃いメタリックグリーン、黒のプラタイヤ
2.薄い緑色、黒のプラタイヤ
私のは薄緑のNo.36B-2となります。

P4220188.jpg P4220189.jpg P4220190.jpg

サイドカーの付いたバイクってカッコいいですよね。
このミニカー、スクーターもサイドカーも個性いっぱいで可愛いったらありゃしない。
P4220191.jpg P4220187.jpg
サイドカー部のシートだって手抜きなしですよ。

P4220186.jpg
春風を浴びる…春待ち遠しい彼の地で、待ち焦がれた"春"の風を楽しむ事も許されない。
厳しい現実です。






TOMICA No.17-2

子供達は歓迎していないが我が家では20時45分からほぼニュース番組のはしご状態。
20時45分からNHKの地方ニュースから始まって"ニュース9"。
それからは各社のニュース番組…インターバルは"日テレNEWS24"。

いつ頃からだろう?
引越しをして、それぞれが自分の部屋を持ってから集まってテレビを視なくなったのかな?

今日の"ニュースステーション"で茨城の偕楽園の"左近の桜"を紹介していました。
偕楽園は震災の影響で閉園中。
HPには「崩落の恐れ、液状化、地盤沈下のため危険な状態です。」と案内されています。
京都紫宸殿から昭和38年に根分けされた山桜である"左近の桜"は吉野桜の様な華やかさだけでは無い趣が有るのだろうと思います。
テレビ画面に映る"左近の桜"は今が盛りの満開でした。風に花びらを散らす桜。
1年で一番美しいこの時をだれにも観てもらえない"桜"。
こんな春を迎えるのはこの"桜"にとって初めてなのでしょう。


"桜"…で車を探しましたがこれしか浮かびませんでした。

「TOMICA No.17-2 NISSAN CHERRY F-Ⅱ 1400 COUPE GX ,issued 1975」
P4190170.jpg P4190171.jpg P4190172.jpg

チェリー…?ちょっと無理な繋がりでしょうか?
エッ?35年も前の車ですね。
確かに箱は"黒"ですし、マスクもリアもどことなく経年の良さが滲み出ています。
P4190174.jpg P4190180.jpg P4190179.jpg
でも良く見ると、なかなかいいデザインじゃないですか。
こんな車が新車で発売されたらちょっとなびいてしまうかも知れません。
生まれた時代が少し早かったために売れなかった車って何台か思い当たりますよね。

ギミックはドアの開閉です。
P4190175.jpg


"左近の桜"…今シーズンはみんなに愛でてもらうのは無理でしょう。
来年の春。どんな春を迎えるのでしょう。どの様な復旧を遂げるのか楽しみです。
きっと"左近の桜"も見守っていてくれる事でしょう。~来年はみんなで楽しんで欲しい~
P4190177.jpg



SCHUCO PICCOLO MERCEDES-BENZ 300D

出社すると社内メールでカリスマ的な存在だった元社長の訃報を知りました。
享年84歳。もっと歳が大きい人だと思っていました。背は低いものの大きくみえる存在でした。
一代で数万人規模の会社を立ち上げたのですからそれもうなずけます。

入社してからの20数年で何度お会い出来たでしょうか?
入社式、QC大会…5~6回でしょうか?
私の様なペーペーの社員では多い方かも知れません。
そういえば、全社のQC大会で、握手をしていただいたことも有ります。

最期に大震災を体感し、グループ会社の統合、自ら作った会社の社名の消滅を見届けてから天に召される。
出来過ぎの人生ですね。

今朝の朝礼では支店全員で1分間の黙とうが行われました。

ちょっと今日は…
しめっぽくしても仕方が無いですがそれなりに落ち着いたものにします。

「SCHUCO PICCOLO MERCEDES-BENZ 300D」

P4180165.jpg P4180166.jpg P4180167.jpg
(あえて社長とさせていただきますが…)
社長がどんな車に乗ってみえたのかなんて知りませんが、こんな黒塗りの車だと勝手に想像してしまいます。
色が黒ですから喪章代わりです。

P4180168.jpg P4180169.jpg
社長ですからこれくらいの車には乗っていてほしいですよね。



LESNEY No.74A

今日は両親を連れて信州伊那地方へ。
目的は"桜"。昭和一桁の両親、特に親父の方は大きな手術をしたことも有り80歳を迎えた今、会う度に"老い"を実感するようになってきました。
行き先は…役場のHPにも観光地としては載っておらず、地元の人しか来ていないようですのであえて"小学校の校庭"としておきましょう。
P4160123.jpg P4160125.jpg P4160135.jpg
やっぱり写真じゃ"感動"は伝わらないですよね。
校庭をぐるり取り囲っています。その圧倒的な存在感に飲み込まれてしまいました。
孫を連れて遊んでいた老人に話を聞くと…
この学校の卒業生との事。
昭和5年の開校の時に植えられたそうで、高学年になると"桜当番"が有り、学校で出る肥を担いで桜の周りに掘られた穴に撒いたとか。
…という事はこの桜は植えられてから80年という事になります。
樹齢80有余年の桜に広い校庭をぐるり囲われた学校です。
この桜に見守られながら、入学し、この桜を見守りながら卒業して行けるこの地の人は"幸せ"だと思います。
この歳になると桜の名所をいくつか知っていますが、生活に密着し観光地化されていないここの桜は間違いなく最高ランクです。

校庭の入口に看板が…
P4160122.jpg
地域の人がみんなで楽しみ、みんなで守っている事が伝わってきますよね。

だから…
「LESNEY No.74A MOBIL REFRESHMENT CANTEEN,issued 1959」
P4160155.jpg P4160156.jpg
ここには出店も提灯もライトアップも有りません。

この車、屋根には「COFFEE:TEA:SNACKS」と書かれています。
側面には「REFRESHMENTS」「MINERARALS SANDWICHES」「HOT PIES」
花見につきものの「ビール」何かは扱っていないようですね。
ましてや「花見団子」なんかも…残念。
この校庭では・・・お母さんが一生懸命作ったおにぎりやおかずがいっぱい詰まったお重を囲む親子3代、4代の笑い声が一番似合うのでしょう。

P4160161.jpg P4160160.jpg P4160159.jpg
中にはちゃんとした調理が出来そうな設備が付いています。

バリエーションは何と10種類
1.白い車体、青いベースとインテリア、グレーのプラタイヤ
2.ピンク色の車体、空色のベースとインテリア、グレーのプラタイヤ
3.ピンク系の車体、青いベースとインテリア、グレーのプラタイヤ
4.クリーム色の車体、青いベースとインテリア、グレーのプラタイヤ
5.シルバーグレー色の車体、青いベースとインテリア、グレーのプラタイヤ
6.シルバーグレー色の車体、アクアブルー色のベースとインテリア、グレーのプラタイヤ
7.シルバーグレー色の車体、青いベースとインテリア、シルバー色のプラタイヤ
8.シルバーグレー色の車体、アクアブルー色のベースとインテリア、シルバー色のプラタイヤ
9.シルバーグレー色の車体、ピュアブルー色のベースとインテリア、グレーのプラタイヤ
10.シルバーグレー色の車体、濃い青のベースとインテリア、グレーのプラタイヤ

こうなると困ってしまいます。
P4160163.jpg P4170164.jpg
我が家に有る2台はシルバーグレーの車体ですが…ベースの色をどう判断したらいいのか?
内1台はグレー色のタイヤでベースが薄い青色…
もう1台はシルバー色のタイヤでべースがそれよりも濃い色、でも純粋な"濃い青"とは違っていそうです。
え~イ。N0.74A-6と7という事にしておきます。


この時期、名古屋では葉桜の様相ですが、少し山に向かうと今週末が絶好の"桜"の見ごろです。
"桜"って良いですよね。新しいものが始まる予感がします。
この前線がどんどん北へ向かって行きますよね。間違いなく東北にもこの"新しい風"が吹きます。






HUSKY 2+2 E TYPE JAGUAR

何となく手に取ったミニカー。
こりゃ特別ひどい…。塗装が剝げるのではなくめくれてしまっている感じです。

「HUSKY 2+2 E TYPE JAGUAR」
P4140103.jpg P4140104.jpg P4140105.jpg
結構ひどいでしょ。40年以上は前のミニカーだと思います。
ジャガーってこの色がいいですよね。単に"レッド"と言って良いのかそれとも別の呼び方が有るのか?
P4140108.jpg P4140109.jpg
このヒップライン…良いですよね。フロントのローアングルもGOOD!

P4140106.jpg P4140102.jpg

イギリスのハスキー社のものです。
子供のころのミニカーって"レズニー"であり、"コーギー"であり、"ハスキー"であり。要はトミカが生まれる前の世代ですからね。
内緒ですが、遠近両用のメガネを使ってもこの裏板を読むのは至難の業です。
よって我が家には"拡大鏡"なる心強い見方が居てくれます。
じゃないと「2×2 E TYPE…」何て文字が読み取れる筈無いじゃないですか!
ミニカーと一緒にオーナーも歳をとるのですから…。

P4150110.jpg
実車なら博物館ものですよね。




DIAPET CHERICA SUBARU SAMBAR PANEL VAN

私の秘かな楽しみ、10時半ごろの"小休憩"。
ヤクルトレディーのおねえさん(?)が机を回ってきます。
保険屋さんも受付までで事務所の中には立ち入れない私の職場ですが、ヤクルトレディーは特別扱いのフリーパスです。
私の職場でのヤクルト暦は十年ほどになると思います。1年半ほど前、「プレティオ」から「黒酢」にチェンジしていますが、午前中の仕事がピークになりつつある時間帯にさっぱりした「黒酢」…癖になります。
P4140099.jpg
もともと「酢」と名のつくものは、その名前の持つ響きからして、一切受け付けない主義でしたが、飲み始めると病みつきに…結構気分のスッキリします。
目尻に有った直径2~3センチのシミも跡かたも無く消えてしまいました。これホント。

今日、このヤクルトレディーが"ヤクルトだより"なるプレゼントをくれました。
何とも気の効いたプレゼントだ事。
P4140100.jpg P4140101.jpg
何かを育てる何て余裕何て持ち合わせていなかった自分に気付きました。
"小松菜"かぁ~。やってみようかな?

「DIAPET CHERICA SUBARU SAMBAR YAKULT VAN,issued 1974」

P4130092.jpg P4130093.jpg P4130094.jpg
有るものですねぇ"ヤクルト"のミニカー。
私の勤める会社を担当してくれているヤクルトレディーの方は3輪バイクです。
重そ~うなかばんを2つも下げて2階に上がってきますよ。
あれは下手な筋トレ以上にハードだろうなぁ~といつも思っています。

ダイヤペットチェリカを載せるのは初めてですよね。我が家には数台有りますがトミカに比べてやや大きめという中途半端なサイズのせいか積極的に集めて行こうと言う対象にはならないですね。
P4130095.jpg P4130097.jpg
ドアが開くことも無いミニカーですが、唯一荷台の保冷庫のドアが開閉します。
P4130096.jpg
この車が生まれた'74年というと私は小学校6年生…。えらく昔に思えてきます。
そういえば小学校の高学年の時に"ジョア"が発売された様な記憶が…。
"♪ジョア ジョア 誰~のもの ジョア ジョア 君~のもの…"
CMの歌は"小柳ルミコ"?違ったかなぁ。


何かを育てよう…って思うと、たとえそれが"小松菜"だとしても前を向けるような気がします。
ヤクルトもなかなかおつなプレゼントをしてくれるものですね。

そういえばヤクルトの工場も被災したはず。立ち直ったのだろうか。
P4130098.jpg











LESNEY No.60A

1ヵ月が経ち…という書き出しで昨日はブログを書こうと思っていました。
17時過ぎ、私は2階のデスクでPCをたたいていて、細かい振動を両方の足に感じました。
1ヶ月前に感じたそれはゆっくりとした、波長の長いものでしたので、今回の波長の短いものとは全く異なものです。(愛知では震度1だったという事でした)
前回は会議中。何の危機感も無く、そのまま会議を続けていました。
今回の地震では…即Yahooのトップ画面を見ました。案の定、東北の地は震度6弱。
加えて、たて続けに起きる大きな余震、5…4…。

超えるべき一つのハードルとして昨日の11日という日を迎えたつもりでいましたが…
ス~っと自分の中の張りつめた気持ちが萎えて行くのを感じました。

家に帰りテレビを付けると…番組はテレビ欄の情報通りです。
それだけでもホッとします。前回は全局が津波の映像ばかりに変わってしまっていましたから・・・。
だたおびただしい数の地震速報のテロップ。止む間が無いかの様です。

生きた心地がしないだろうなぁ。
嫁さんと顔を見合わせ、顔も知らない、名前も知らない東北の地の人の事を案じました。

「LESNEY No.60A MORRIS J-2 PICKUP,issued 1958」

P4110086.jpg P4110087.jpg P4110088.jpg

最近、"LESNEY"をコレクションの対象としていて良かった…としばしば思う様になりました。
むかしむかしのおもちゃです。ぼろぼろの物でも良いんです。遊ばれた証じゃないですか。
津波で思い出の品を無くした方も多く居る中、思い出の詰まった対象物として持っていられる事が"良かった"のです。
オークションで落札したものでも良いんです。見知らぬ誰かの思い出がいっぱいのはず…。

P4110089.jpg P4110091.jpg
このすっとボケたマスクがいいんですよ。
このわけのわからない形がいいんですよ。
このはげはげのデカールも良いんですよ。

バリは6種
1.ブルーの車体、赤と黒のデカール、後ろの窓有り、グレー色のプラタイヤ
2.ブルーの車体、赤と黒のデカール、後ろの窓有り、シルバー色のプラタイヤ
3.ブルーの車体、赤と白のデカール、後ろの窓有り、グレー色のプラタイヤ
4.ブルーの車体、赤と白のデカール、後ろの窓有り、シルバー色のプラタイヤ
5.ブルーの車体、赤と白のデカール、後ろの窓有り、黒色のプラタイヤ
6.ブルーの車体、赤と白のデカール、後ろの窓無し、黒色のプラタイヤ

私のはかすかに残ったデカールの文字が白色で、タイヤがグレー色ですのでN0.60A-3となります。

P4110090.jpg
これはオークションでの入手品ですので私以外の誰か他の人の思いでの詰まったミニカーとなります。
今は、私の大切な一台です。50有余年の時を経て、今も形を為す子供のおもちゃ、ミニカーです。
大事にしないと申し訳ないですよね。


震災以来のこの1ヶ月。
会社でお茶や缶コーヒーのおつりを義援金の箱に入れる事。毎日続けています。
黒烏龍茶が120円。百円玉2枚持っていれば80円のおつりです。缶コーヒーは90円ですので10円のおつり…。忘れない事が大切。負担感が無く続けられることが大切…かな?

名古屋では満開だった桜が散り始めています。川沿いの遊歩道。川面は桜の花びらの絨毯で敷き詰められています。次の季節へ…確実に自然の"歩"は進んでいます。





TOMICA VOLKS WAGEN COSTOM

この土日。
私にとっては次の1週間を頑張るエネルギー補給用の重要な週末でした。
結果は…予定通り。リフレッシュ完了!って感じです。

土曜日…W.M.C.Cの春の遠足。大人の遠足です。
今回の目的地は静岡県の西部地域、磐田と浜松です。
・ヤマハのコミュニケーションプラザ
・スズキの歴史博物館
・航空自衛隊浜松広報館 エアパーク
珍しい車やバイク、自衛隊の航空機など普段見れないお宝に会う事が出来ました。
P4090035.jpg
こんな逸品も…。
御一緒いただいたメンバーの方、お疲れさまでした!
企画いただいた方、ありがとうございました!
あっという間の一日でしたね。

日曜日…バタンキューで寝入ってしまって起きたら9時。
マスターズの決勝ラウンドに残った遼くんは少し後退した…と嫁さんの弁。視たかったのに、起してくれよ~。
陽気の良さに釣られて近所を散策…。
P4100062.jpg
我が家を出て新しくできた地下鉄の駅まで続く川沿いの遊歩道。
年に数日はこの満開の桜の回廊を楽しめます。今日は嫁さんとデート。

家に帰りDVDを観る。
楽しい物がいいなぁ~と思って選んだのはディズニーの「HERBIE FULLY LOADED」(邦名:ハービー 機械じかけのキューピッド)。

という事で今日はこれ
P4100078.jpg P4100079.jpg P4100080.jpg

「TOMICA No.F-20 VOLKS WAGEN COSTOMIZED BY MYSELF,issued 2010」

1年余り前に自分でカスタムした1台です。カスタム何て言うのもおこがましいですね。
元は友達の子供が遊んでいたぼろぼろのトミカです。
そして今度は大人に遊ばれて「ハービー」に変身!

P4100081.jpg P4100082.jpg P4100083.jpg

こんな風に捨てられる寸前のミニカーを自分なりに再生するのも良いものですよね。


満足できる2日間を過ごせました。

また次の土日を楽しみに出来るように頑張って仕事をします!






2011年4月11日 6時57分追記昨晩のF1第二戦マレーシアGP
寝溜めしたおかげか、寝ずに観戦。タイヤに厳しいサーキットだったようですね。
(タイヤの問題?)
残り僅かの周回を踏ん張ることのできないタイヤ…。
我らが小林可夢偉は8位入賞!おめでとう!…
思いきや、6位のハミルトンが20秒のペナルティーを受け順位が後退。
可夢偉は7位へランクアップ!おめでとう!

気持ちよく出社できます!


2011年4月11日 17時37分 追記17時を過ぎ、今日の通常勤務の時間を終えようとする辺りで鈍い揺れ。
愛知では震度1という事でしたが、細かな振動が長く続きました。
前回が波に揺れる様な感覚だったのに対し、今回は近くで道路工事か何かをやっている様な揺れでした。

福島県浜通りで6弱、5弱と続く。何と過酷な試練を与えるのだろう。
津波警報が出されている。治まって欲しい。
東北の地がやっと復旧に向けて動き出すとそれを阻むように起きる地震・・・。









HUSKY MONKEEMIBILE

ようやく1週間が終わりました。
震災の後、日を追う毎に厳しさを増す職場の環境にいささかグロッキー気味の私です。
仕事が厳しいのは私一人では無い事は百も承知していますが、これほど過酷な状況は初めてです。
20数年働いているといろいろな場面に出くわしますが、今回は間違いなく最上級のハードさです。
ナンバー1です。…ため息。
まだまだ半年は続くと言う事なので、がんばらなくては…。

仕事が有るだけでも幸せ。
震災に影響されて経営を断念した会社も多くあったと今日のラジオで紹介していました。
新卒で内定を取り消された人も多いと聞きました。
この程度の苦労なんて…何て事は無い!
この状態が終わらずに続く事は絶対に無い!頑張れるよね。

この休みは来週を乗り切る為に重要な2日間です。リフレッシュが大切!

さあ、車でもリフレッシュ!
モンキーズのマシンです。
P4080011.jpg P4080013.jpg P4080017.jpg
私がリアルに遊んでいたミニカーです。
"モンキーズ"って何?今であれば判りますが、小学校に入る前の私です。
"モンキーズ"云々は判らなくても、この車の持つ楽しそうな雰囲気は判ったのでしょう。
それもそのはず…
P4080019.jpg
これですから…。

オークションでもときどき出てきますよね。
何種類かある様ですが、私のモンキーモービルはハスキー社のトミカサイズです。
P4080024.jpg

昨日の夜中、23時半前。また大きな地震がありました。
私の勤める会社の工場の1つが一関にありますが、今朝から連絡が取れない。自宅退避だそうです。
その工場で作り出す製品の納期が震災前の状態に戻ると言う通達文が私のところに回って来ていましたが、昨晩の地震で取り消されてしまいました。
せっかく動き出した被災地の元気がまた沈んで行く…。

週末は何があっても気持ちの切り替えを一番に考えて時間を使わなくては…来週を乗り越えられない。







LESNEY No.17B

多くの被災者が住みなれた故郷を離れ新しい生活のスタートを切る。
簡単ではない思いっきり勇気のいる決断が有ったのだろうと思います。
がんばれ、がんばれ、がんばれ。

今朝視たテレビで、アントニオ猪木さんが避難所に慰問に行かれたというのがありました。
正直、個人的にはあまり好きな方では有りませんが、
「元気ですか~!」「1.2.3.ダァー!」「闘魂注入!」など
若い方からお年寄りまで、みんなが共通で認識できる個性を持っている事の素晴らしさが伝わって来ます。
お年寄りも笑っています。若い人は闘魂注入されています。
テレビを通して目が潤むのを感じました。

新しい生活を始められる方へのエールを込めてこんな車にします。

「LESNEY No.17A BEDFORD REMOVALS VAN,issued 1956」

IMG_4459.jpg IMG_4460.jpg IMG_4461.jpg
引越用の車です。

バリエーションは5種類
1.マルーン色の車体、ゴールド色のグリル、メタル製のホイール、キャストナンバー無し
2.マルーン色の車体、銀色のグリル、メタル製のホイール、キャストナンバー無し
3.青色の車体、メタル製のホイール、キャストナンバー無し
4.緑色の車体、メタル製のホイール、キャストナンバー無し、小さくまとまったデカール
5.緑色の車体、メタル製のホイール、キャストナンバー無し、横面いっぱいのデカール
私のは…デカールの大半が剝げていますが全体的にデカールが小さめかな?と思われるので、No.17B-3とさせていただきます。

ちなみにこの次のNo.17Cはこの17Bとほぼ同じ外観ですが、この17Bとの違いはナンバーが打たれているか否かです。
IMG_4463.jpg裏にはナンバーは打たれていません。

マスクの可愛いこの車、50年以上前の車です。
IMG_4462.jpg

新しい生活の基盤になる街で普通の生活を迎えられる事を念じています。




観たかった映画が有りましたが今はどこでも上映されていません。
イーストウッド監督作品の"ヒア・アフター"です。
津波のシーンが有る事で上映が中止されているというらしいのですが、映画館で観た予告編では壁の様に迫ってくる形で津波が表されています。
今回の大震災で多く残されている映像は、私の中の津波のイメージを一変させました。
静かに迫ってくる…。水かさがみるみる高くなる…。車を浮かせ、家を押し流す猛威を振るう凶器。
怖い水。
上映が復活してもきっと観に行く事は無いだろうと思います。
今観に行くなら楽しい映画がいいですね。




2011年4月7日 11:00追記

猪木さんを好きでない理由・・・
お恥ずかしい話ですが・・・
学生の頃テレビ局でアルバイトをしていました。猪木さんの絶頂期だったでしょう。
テレビ朝日系列の局だった為、新日本プロレスの中継がありました。カメラのケーブルをさばく役割で、リングの周りにリングよりも一回り大きく仕切られたフェンスがありますが、私はその中にいました。
フェンスの四隅を、時にケーブルが絡まない様に、時にカメラマンさんが動き易い様に考えながら働きます。
プロレスファンの方からするとうらやましいのだろうと思いますが、もともと格闘技が得意でない私にとっては“怖さ”の方が先に立ってしまって・・・。
よって私が猪木さんを好きではないという理由は学生時代の体験から来る物だろうと思います。トラウマですね。

でもプロレス好きのバイトだったら試合に見とれてしまってケーブルやカメラマンの事なんてどうでもよくなってしまったでしょうね。
プロレスを見上げる位置から見れたこと、場外乱闘でレスラーの直ぐ真横で呼吸まで感じられた事。貴重な体験だったと思います。

DINKY TOYS VISCOUNT #708

昨日紹介したピッコロに関して…。
IMG_4442.jpg
・"FOLLOW ME"という文字
・目立つチェッカー模様 
などからマラソンの先導者?としていましたが、私のピッコロの師匠Piccolomaniaさんから、コメントをいただきました。
「無線機の故障などで、管制官と直接連絡の取れない航空機を駐機場所へ先導する車両です」
…お恥ずかしい。また一つ賢くなってしまいました。
Piccolomaniaさん、ありがとうございました。

というわけでこのブログ始まって以来の"飛行機"を載せようと思います。

「DINKY TOYS VISCOUNT #708 issued 1957」

IMG_4454.jpg

IMG_4449.jpg IMG_4450.jpg IMG_4452.jpg
私が遊んでいたものですので53年も前に発売されたおもちゃです。
私が生まれるはるか前からあったおもちゃという事になります。
"プロペラ機"っていうのがいいでしょ。

正真正銘"DINKY"です。
IMG_4456.jpg IMG_4457.jpg IMG_4455.jpg
 viscount800full[1]
飛行機の名前は"Viscount #708"。Viscountとはイギリスにおける男性の"爵位"の事の様です。
だから垂直尾翼には英国のマーク。
IMG_4453.jpg

飛行機自体乗ったのは数えられるほどしか乗っていません。
・社会人になって導入研修先の大阪から入社式の行われた東京まで
・新婚旅行でオーストラリアまで
・労働組合の大会が有った四国松山まで
普通の人はそんなもんですよね。その中でプロペラ機は名古屋空港から松山までのボンバルディア機だけですね。
プロペラ機も味が有っていいもんですよ。

会社では日に日に震災の影響が奥深くまで浸透してきています。
資材によっては東北に集中的に供給させる為に、受注自体が停止になったものも出始めてきています。
国策?という話も聞きますが、今のことろ噂の範疇です。仮設住宅がひと段落するまではもっと強力に国の指導があっても良いのかも知れませんね。
前にも書きましたが、私の住む地方は今回の震災の被災地ではありませんし、被災地からはるかに離れています。
中には荷物が届かない現状に対して厳しい叱咤をされるお客様もいますが、大半の方はじっと我慢してくれています。被災地から離れているとは言え、商売を成立させる為には私達の提供する商品が必要なわけで、甘い事を言っていては生活が出来なくなる心配も有ると思います。
日本中が被災をしたんだとこの頃思うようになってきました。

この問題がひと段落したらどこか遠くに行きたいものです。
道後温泉って言うのもいいなぁ。その時は、また松山空港までプロペラ機かなぁ~。

IMG_4458.jpg




SCHUCO PICCOLO VOLKSWAGEN 712

さすがに月曜日は忙しい。
忙しいと言っても今までの月曜日の仕事とは全く異質の忙しさ。
多くの荷物の納期が確定させられない状態が3週間続く中、現場に多大な迷惑を掛けてしまっています。
被災地では無い地域が景気を引っ張って行かなくてはいけないのに…難しいですね。
月曜日から疲れきってしまう…がんばらないとね。

付いて来い!と空元気でも言いたい気分なのですが…。という事で

「SCHUCO PICCOLO VOLKSWAGEN 712」
IMG_4442.jpg IMG_4443.jpg IMG_4444.jpg

「FOLLOW ME」です。マラソンの先導者でしょうか?

IMG_4445.jpg IMG_4446.jpg
チェッカーフラッグ柄の車体も良いですよね。チープなピッコロシリーズらしく遊び心いっぱいです。
IMG_4448.jpg

大丈夫だから、「付いて来い!」

IMG_4447.jpg





LEGO TANKER

NHK BSプレミアムで被災地への応援番組が放送されていました。
第3部は"世界からのメッセージ"。クイーンもメッセージを寄せていました。
PVで紹介されたのは"手を取り合って"。クイーンが日本語で歌っている祈りの歌です。
私が高校に入ってすぐ位にクイーンの音楽に出合い、"ボヘミアンラプソディー"で驚き"ラブオブマイライフ"に癒され…そんな中で違和感を感じ続けてきた歌がこの"手を取り合って"。
宗教というものが身の周りに無い私の世界では宗教色の強い"神への祈り"の歌が"日本語"で歌われている事の不自然さを強く覚えた気がします。
でも、今日気付きました。クイーンはこの日の為にこの歌を用意していたんだろう。
フレディーが生前に東日本大震災の犠牲者への鎮魂歌を歌っていた…そう気付くと不思議です。

今日はこれ
「LEGO TANKER」
IMG_4435.jpg IMG_4436.jpg 
私の名前が油性ペンで書かれていて40有余年を過ぎた今でも残っています。
IMG_4437.jpg IMG_4438.jpg

津波で家が流されてしまった方はこういう思い出も一緒に失ってしまわれたんだろうと思うとさびしいですよね。
何かにつぶされてしまっていますが油を運ぶタンカーです。今、必要とされている車ですよね。
IMG_4439.jpg IMG_4440.jpg
レゴ社のミニカー…珍しくないですか?
'10年7月18日にもレゴの車を載せていますがこの2台で我が家に有るレゴのミニカーは打ち止めです。昔はもっと持っていた様な…40年の流れの中では仕方ないですよね。

IMG_4441.jpg
私の手元にあるむかしのミニカー達。
自分が遊んだものの、最近手に入れたものも…長い年月生き抜いた物たちです。大切にしていきます。






LESNEY No.12B

出社すると新しい社章が渡された。
~今までの物と比べると…ちゃち~
IMG_4428.jpg
女性の制服が廃止された。
~毎日職場で着る服を考えるのって、大変だろうなぁ~
入社してから5~6千回は唱えている会社の理念も変わった。
~新入社員研修で覚えさせられたよなぁ~
新しい事が始まるってこういう事なのだとあらためて実感する一日でした。

これからが山あり谷あり…大変なのでしょう。
だ・か・ら…この車

「LESNEY No.12B LAND ROVER,issued 1959」

IMG_4429.jpg IMG_4430.jpg IMG_4431.jpg
やっぱりこれですよね。悪路でも平気そうですから。

IMG_4432.jpg
この武骨なマスクがいい。なんたって力強そう。

バリエーションは2種
1.オリーブグリーンの車体、グレーのプラタイヤ
2.オリーブグリーンの車体、黒のプラタイヤ

私のはタイヤが黒だからNo.12B-2です。

IMG_4434.jpg


とりあえずの山は日本国中、世界中が見守る"東日本地震"の復興。
この山はいくらこの車だって容易には登れないでしょう。
みんなで後ろから押さないと…せ~のっ!

プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30