SIKU V305

ジクのVシリーズ何ぞ滅多に手に入る物では無いのでしょう。
私の手元にも数えるほどしかありません。子供のころ遊んだミニカーも40年以上の歳月を経るとヴィンテージという冠が付いたりします。
今回のジクの「V」は最近我が家にやって来たものですが、ちょっと大型です。

「SIKU V305 MERCEDES BENZ POSTWAGEN」

P7310889.jpg P7310890.jpg P7310891.jpg
いい顔したベンツですよね。
P7310892.jpg P7310896.jpg
側面に描かれた「DEUTSCHE BONDESPOST」とは独国の郵便局の事。そういえば「なでしこ」が活躍したワールドカップのインタビューブースにこのマークがありました。
スポンサードをしているという事は独国の郵便局も民間なのでしょうか?
このホルンの様なマークって言うのもいい感じですよね。

P7310893.jpg P7310894.jpg P7310895.jpg
このミニカー、ドアが開くギミック満載です。
P7310897.jpg
実に5枚のドアが開きます。
ちょっとギミック多過ぎですか?

日本の郵政の車は「赤」、独国は「黄色」。
マークも日本は「〒」、独国は「ホルン」。

遠く独国の深い山々、そこに響く「ホルン」の音。「ホルン」は郵便を配達する者の放つ合図なのでしょうか?
無知な私の勝手な想像の域を脱しませんが、何か良いですよね。













スポンサーサイト

SCHUCO MODELL 317 910

28日に新しい勤務先のお店が開店し、二十数年の勤務の中で初めてのシフト勤務が始まりました。
朝番の時には5時には家を出ますので、朝、起きるのは…。
2時に目を覚まし、3時、4時…。1時間毎に目が覚めてしまいなかなか熟睡できません。
この生活に慣れるのにどれくらい掛かるのか、これが課題ですね。
私の勤める会社は非鉄金属の建材メーカーですが、営業系の私の仕事を助けてくれていたのは24時間3交代勤務の工場のメンバー達であったわけで、今更ながら感謝です。


気が付くとブログの更新を「なでしこ」の優勝の日以来していませんでした。

「SCHUCO MODELL 317 910 VW-Kleinbus」
P7240864.jpg P7240865.jpg P7240866.jpg
最近、このシュコー社のモデルシリーズを揚げる事が多いのですが、結構お気に入りでついつい買ってしまいます。
このVWバスはシリーズ3の中の一台らしいのですが、モデルシリーズには一体幾つのシリーズがあるのか?そもそもいつ頃に作られた物なのか?資料も何も持ち合わせていないので判りません。これからの宿題ですかね?
P7240870.jpg P7240867.jpg P7240868.jpg
いい顔してますよね。

P7240869.jpg
スライドドアが開くって言うギミックも魅力です。

こんなミニカー達に触れていられることでまた明日への活力をもらえるような気がします。

さぁ次のブログ更新はいつになる事か…。




SCHUCO MODELL 301 837

「かさねとは八重撫子(やえなでしこ)の名成べし」
~奥の細道~
「月日は百代の過客にして行きかふ年もまた旅人なり…」今でも言えます。
高校の頃、「奥の細道」の一部を覚えなければ通らない試験があって、何度も読み返したものです。
数多くの句の中で私の頭に残るのは曾良の詠んだ「かさねとは…」。
「かさね」とは那須の黒羽で馬引きをしてくれた幼い女の子の名前。
これを八重撫子の花の一種の名前と掛けた句ですが、私の興味が向いたのは、この「かさね」という種類の花の色。
「一体何色なんだろう?」「赤色系なのだろうか?」…
あれから30年以上経つと思いますが、忘れていました。

今日の「撫子」の色は間違いなく「青」。
私も3時に起き、3時45分キックオフからの試合の一部始終を白々と明けて行く朝まで見入っていました。
2011年女子サッカーワールドカップドイツ大会に於いて日本が優勝を成し遂げた事は間違いなく歴史の1頁を作る偉業でしょう。
素晴らしい時間を共有させてもらえて事、とても幸せです。


「SCHUCO MODELL 301 837 FORD TAUNUS」

P7180851.jpg P7180852.jpg P7180853.jpg

車は「青」色です。
車種は今回の決勝戦を戦った米国の大衆車「FORD」。
P7180855.jpg
ミニカーのメーカーはシュコー社で、今回のワールドカップの開催国「独国」。
P7180854.jpg
ボンネットには「1」。取ってつけた様なシールですが、このシール自体オリジナルのものです。
しかも金色です。

今日、この日に紹介するしかないミニカーじゃないでしょうか?

それにしても格上相手に本当にいい試合でした。

P7180856.jpg

「なでしこジャパン」ありがとう。








WIKING MERCEDES-BENZ

梅雨が明けてから暑い暑い日が続きます。
エアコンの効いた部屋の中から一歩屋外に出ると体中の汗腺から一気に汗が噴き出してくるのが判る。
私の事務所、室外機が横に連なり、縦にも何段か積み上げられています。横を通ると全力で働く室外機のうなる音とそこから吐き出される熱風で一層不快感を増します。
せめてもの救いは事務所のひさしにいつの間にか作られたツバメの巣から聞こえる雛の鳴き声。

"私の贅沢"…私の使う"氷"は家庭の冷蔵庫で作る物では無く、もう何年もコンビニで売っているプロが作った"氷"を使っています。
まず、味が違います。家庭の水道水でも"氷"が違うと美味しく感じます。
次に音が違います。"音"?コップの中を転がるにせよ、水筒の中でぶつかるにせよ、家庭用の冷蔵庫で作った氷では出せない澄んだ"音"がします。"カランコロン"…。
私のとっての"カランコロン"は下駄の音では無くちょっと贅沢な"氷"の音です。

夏ですからエアコンを最強にしてガンガン掛けたいところですが、時代は"省エネ"。
事務所のエアコンを切る事は現実的では無いですが、こんな車があったらエアコンのスイッチはOFFに出来そうですよね。

「WIKING MERCEDES-BENZ」

P7120836.jpg P7120837.jpg P7120838.jpg

ピッコロと同じようなサイズですが、そこは樹脂製のミニカーだけあってむちゃくちゃ軽いです。
P7120840.jpg
軽いんですが、"WIKING"って独国のメーカーっぽい堅さを感じます。

P7120839.jpg
運転手と助手席の女性、表情が堅いでしょ…。


私の"氷"の話…最近安い氷を見つけました。"ローソン100"。何と1.3㌔105円也。自己満足の世界の物ですからこれで十分です。
私は会社に2Lのサーモス社の水筒を持って行っていますが、車の中で"カランコロン"…良い音を響かせています。





FUN HO!

今日は「FUN HO!」ってメーカーの車を載せますが知っていますか?
ニュージーランドのおもちゃメーカー何ですが、よく判りません。
私にとっては2台目の「FUN HO!」です。前に紹介したミニカーは見るからに古そうでしたが、今回のものはそうでも無さそうです。でも言えるのは、「LESNEY」のミニカーを集めている延長線上で見つけたメーカーという事です。
何とも言えないチープな作りが、'50年台の「LESNEY]を思わせるものがあります。

「FUN HO! HOLDEN」
P7100795.jpg P7100796.jpg P7100797.jpg

"HOLDEN"とはGMの傘下のオーストラリアの自動車メーカーの車だそうです。

私も20数年前にオーストラリアに行った事がありますが、日本車がとっても多く、残りはほぼメジャーなメーカーの車で、オーストラリアはすべての自動車を輸入している国かと思っていました。

このミニカー…
窓無しです。
ホイールだってありません。
パトライトが青くなっています。
…ふむふむ、レズニーらしくなってきた…
P7100798.jpg
パトライトの周りのプラの処理が…バリがいっぱいです。
P7100799.jpg
タイヤだってカシメではめられています。
何か安っぽいですよね。

この車って救急車かと思いましたが…残念!「POLICE」と書かれています。
ネットで調べる限り同じ車種でありながら側面にレッドクロスを付けている物もありましたので、やはりそれとは別の警察車両なのでしょうね。
護送車って言うのが正解なのかも知れません。

私には、こういう車の方がわくわくします。元気をもらえる感じがするのです。
ここ最近、ブルーカラーの重労働が多くなっていることもあり、21時には大きな睡魔に襲われます。
きっとこの日記も後で読み返すとむちゃくちゃな構成なのでしょう。
そういう毎日だからこそ、この手の車に傾倒してしまうのかも知れません。












CORGI LONDON TRANSPORT ROUTEMASTER

このところ赴任した新しい部署の立ち上げ準備でくたくた…20時に帰宅し、汗びしょの体にシャワーを浴びせ、食欲のわかない胃袋に無理やり食べ物を流し込み、21時に就寝。
朝は…途中何度も目が覚めるが体が動かない、5時に起床し、家をでる6時半位まで、食べやすいコーンフレークで喉と胃袋を満たし、今日やらなければいけない事をあれこれ思い出しながらメモを取る…。
あと2週間弱はこんな生活が続くのだろうと思います。
サボってきたブログですが、久々の載せるのにはやはりこの車の力を借りないといけません。

「CORGI TOYS ROUTEMASTER ,issued 1964」

P7100783.jpg P7100784.jpg P7100785.jpg

私の持っているコーギーのルートマスターでは一番古いものかも知れません。
P7100794.jpg


DRIVERとCLIPPIEが乗っています。
P7100789.jpg P7100786.jpg
"CRIPPIE"を辞書で引くと"女性の車掌"となっています。
ロン毛の男性にもみえますが、綺麗なブロンド色の髪の長い女性だったんですね。
私の子供のころにも市バスに車掌さんなる方が乗っていましたが、男性ばっかりだったような記憶があります。
もっとも40年も前の記憶ですから曖昧なものです。
ロンドンバスの女性車掌さん…花形の職業だったのかも知れないですね。
それにしてもドアも無い場所でのお仕事…さぞかし大変そうです。

もうひとつ、このルートマスターの装備で特筆すべきは「JEWELLED HEAD LOGHTS」。
ライトにカットガラスの様な物が埋め込まれています。
以前ジクのミニカーでも同じような物がありこのブログにも載せましたよね。
P7100792.jpg


え~、このバスの行き先は…
「ロンドン橋経由CHIGWELL、ALDGATE行き」となるのでしょうか?
P7100787.jpg P7100788.jpg


やっぱりイギリスっていいですよね。まるで乗り物界のガラパゴスの様です。
なんたってこんなバスを作り上げてしまうのですから…。






プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -