LESNEY No.K-8-A PRIME MOVER

大晦日。2011年もあと僅かな時間を残して閉じようとしています。
いろいろな事があった、いろいろな事があり過ぎた1年でしたが、今ここでこうしてブログを書ける自分が居る事をとても幸せに思います。
この歳になると家族を含め多くの方々に支えられて一年の締めくくりを迎えられている事を実感する事が多くなりました。本当に感謝です。

今、紅白を見ながらキーボードを叩いています。
今年の紅白はちょっと違っています。どの歌手の方もしっかりとしたメッセージをその声に込めています。
そうなんですよね。やっぱり今年は特別な一年だったんですね。

「LESNEY No.K-8-A PRIME MOVER,issued 1962」

1231 007 1231 008 1231 009

とっても力強い牽引車です。
本当は「PRIME MOVER & TRANSPORYER WITH CATERPILLARCRAWLER TRACTOR」という名前で牽引用の台車とその上に載るブルトーザーが有って初めて完品となるのですが、私の手元にはこの牽引車しかありません。
でもこの車を今年の締め括りの1台にしようと思います。

来る2012年に託すものがあまりにも多くあります。
これくらい力強そうな牽引車が必要ですよね。


2011年。本当にお世話になりました。

春よ来い…早く来い…











スポンサーサイト

TOMICA ISUZU ELF COSTOM

歳の瀬の晦日。今日は両親を連れて新年を迎える為の買い出し。
元旦と2日を掛けて妻の実家と私の実家、両方の家を巡ってしまうため我が家はお正月らしい準備と言えばしめ縄と鏡餅の飾り付け程度ですが、迎えてくれる側の両親宅ではそんなわけにはいきません。
おせち料理の準備がありますからね。
この「おせち」に関しては前にも何度か綴らせていただきましたが、今年(2011年)の「おせち」はこんな感じでした。
DSC09242 - コピー DSC09243 - コピー
DSC09241 - コピー DSC09245 - コピー
「おせち」を作る…ものごころ付く頃から正月を迎える風物詩として記憶に残っています。
"黒豆""たつくり""栗きんとん"…何段ものお重を埋め尽くす料理。何とか今回もあり付けそうです。

それにしてもどこに行ってもものすごい人の出です。
新年を迎える準備にこれほどのお金と手間を掛ける、脈々と受け継がれてきた日本の歴史ですよね。

「TOMICA ISUZU ELF HELLOTOTOMICA ORIJINAL VERSION」

1230 009 1230 010 1230 011
はるてんさんが主宰されているSNSに私も3年ほど前から参加させていただいています。もっとも不器用な私はこのブログを立ち上げて以来書き込みは年に数回という至って劣等生ですがね。

このオリジナルトミカは何年前に作られたものか判りませんがSNSに参加されている初期メンバーの方しか持ってみえないのだろうと思いますが、今回コレクターの仲間からいただいてしまいました。

二十数年前からほんの少しづつ集め始めたトミカ。コレクターという認識は全くなく、ただただ買って眺めて…1,000台程に膨れ上がり"趣味"を実感するようになり、店長のお店を知り、はるてんさんのSNSを紹介され多くのコレクターの存在を知る…。

コレクターの方の情報ってすごいですよね。どこから得ているのでしょうかね?
SNSを通じて北から、南から、多くの仲間と通じる事が出来ました。有り難い事です。


貴重なミニカーをいただき、今一度ここに至る幸せを再認識させていただけました。
1230 012





SPECIAL THANKS TO: G-TA-SAN




TOMICA FUSO CANTER COSTOM

今日29日は「W.M.C.C」の3度目の忘年会。
3年前の忘年会から参加させていただいている私にとっても"会"に参加させていただいている長さが確認出来ると言う意味では節目のイベントになっています。
この"会"が無かったら…
今でもひとりで"トミカ"だけを集めていたでしょう。もしかしたら昨今の乱発される発売に嫌気が差してミニカーのコレクションを止めていたかもしれません。
当然"LESNEY"に開眼する事も無く、このブログも存在しません。
何よりもこの歳になって出来たお仲間と過ごすまったりとした貴重な時間の共有は無かったでしょう。

「TOMICA FUSO CANTER W.M.C.C 3rd. ANNIVERSARY ORIJINAL VERSION,issued 2011」

1229 001 1229 005


1229 002 1229 003 1229 004
今回もこんな素敵な参加記念品をいただいてしまいました。

いろいろな事があった一年ですが、また1年先を楽しみに頑張る事が出来そうです。


SPECIAL THANKS TO : ALL MEMBER OF "W.M.C.C"







TOMICA ELGRAND COSTOM

昨日が仕事納め、と言ってもシフト勤務の中の私個人の仕事納めですのでどうもピンときません。
まぁこういう形態もありなのでしょうがね。
という事でパート勤務の嫁さんを送りだし朝から私に与えられた1.5平米程のスペースの大掃除を開始、こんなスペースでも結構くちゃくちゃになっていて四苦八苦。
気が付くと「めざましテレビ」からつけっぱなしのテレビで「ONE PIECE」が流れている…
冬休み中という事もあり、TV放送用に作られた何回分かをまとめて放送している様で何話かを観入ってしまいました。
世の中の動きに疎い私は恥ずかしながら「ONE PIECE」初体験。
~面白いじゃん~。
会社でもデスクの上にフィギィアを置いているメンバーが居たり、店長のお店にも「ONE PIECE」のコーナーが出来ていたりしたのですが、気にはなっても映像を観る事は無かった事もあり今に至るという具合です。

「ONE PIECE」を観ていて昔の「ガンバの大冒険」ってアニメを思い出しました。~古ッ~

「TOMICA ERUGLAND THE THOUSAND SUNNY COSTOMIZED BY RAMUNE-SAN,issued 2011」

1229 026 1229 027
今年の誕生日のプレゼントとして来夢音さんからいただいてしまった物で私のもう一台の愛車にのエルグランドのトミカにカスタムを施してくれました。

カスタム品…いいですね。私のお仲間でもカスタムを楽しまれている方が多くみえますが、共通して"カスタムミニカーを作る"という時間を本当に楽しまれている事が判ります。
私もちょっとだけやる事があるのですが、なかなか難しい…。
1229 028 1229 030
1229 029 1229 031
ブラボー!大人の楽しみですよね。
ミニカーが好きでぼろぼろになるまで遊んだ子供が、しっかり仕事をする大人になり、いろいろな楽しみを見つけて行く中でカスタムを始める。いい趣味じゃないですか。


さぁ、今日は店長のお店で行われる"W.M.C.C"の忘年会に参加させていただきます。
日本中でも、世界を見ても、そして私個人としても、いろいろな事があった一年でしたが、ひとつの節目です。
しっかり楽しみたいと思います。



Special Thanks To : RAMUNE-SAN

LESNEY No.50C FORD KENNEL TRUCK

この歳になって"サンタさん"の存在を実感しています。
欠品がある事でこのブログへの記載を迷いに迷って、半ばあきらめた上でこの12月12日に載せたレズニーのミニカーがあります。
あきらめたのは荷台に乗るべき"お犬様"4頭。
1224 011
車本体に止められているわけではないので無くなってしまっている場合が多い様でオークションではほとんど"犬無しの欠品"の物ばかり。
数年探しましたがもうお目には掛かれないだろうとあきらめたのですが…

「LESNEY No.50C FORD KENNEL TRUCK,issued 1969」
1224 012 1224 013 1224 014
とうとうゲットしました…初恋の人に再会できたかの如くの喜びですよ。
前に紹介済みの車両を本文で再度紹介するなんて事は超イレギュラーですが"お犬様"が居ると居ないとでは全く別物。許して下さいね。
1224 018 1224 015 1224 016
この4つに仕切られた荷台ですよ…居るべきものが居ないと納まりが悪いったらありませんよね。
1224 017
そこに乗るのがこの"お犬様達"です。
しかも4頭とも全部違うんです。
1224 019 1224 020
1224 021 1224 022

やっぱりサンタさんは居ますよ。
このミニカーを手にしてあらためて実感しました。



1224 023


LESNEY No.21B LONG DISTANCE COACH

久々にレズニー物にします。
クリスマスイヴイヴの今日23日ですが、ちまたはお休みですよね。
下世話な言い方かもしれませんが今上天皇も粋な日に生まれになったと思いませんか?
今年の様にクリスマスを交えて上手くいけば3連休…。こんな絶好のお休みを国民に与えて頂けたのですからね。
もっともシフト勤務の私には関係の無い話ですが…。

「LESNEY No.21B LONG DISTANCE COACH ,issued 1958」

1223 002 1223 003 1223 004
バリエーションは3種あります。
1.明るい緑色の車体、メタル製のタイヤ、"London to Glasgow"のデカール
2.明るい緑色の車体、グレー色のプラスティックタイヤ、"London to Glasgow"のデカール
3.濃い緑色の車体、グレー色のプラスティックタイヤ、"London to Glasgow"のデカール

1223 005
色の比較はし難いですが資料本の色と比較しても緑色が明るい目なので、我が家にある2台は共にNo.21B-2になると思います。
1223 007
このデカール、「London to Glasgow」。ロンドンからグラスゴーと言う都市への長距離バスって事でしょうね。
地図上の直線距離で560㌔位だと思います。
画像を探すと…
Glasgow_Montage[1]
何とも魅力的な街ですよね。イギリス第三の都市という事ですが歴史に支えられた素晴らしさを感じます。
このミニカーの裏板にはナンバーも車種名も打たれていません。
1223 009
ただ「LESNEY ENGLANG」のみ。私の心をくすぐる窓無し座席無しです。1958年生まれだからそんなものでしょう。
ちょっと困りものなのがタイヤ。
1223 011 1223 012
一方はビス頭で丸いのに対しもう一方は切ってつぶしただけの仕様で子供のおもちゃとしてはちょっと危ないかも?
まぁ、そんな事は関係ない!って時代だったのでしょうね。

今年もロンドン~グラスゴー間よりもはるかに遠いフィンランドからサンタさんがやってくる時期になっています。
サンタさんが忙しいのは重々承知していますが、この手のちょっと危険なおもちゃは是非子供たちでは無く私に頂けると嬉しいのですがね。

1223 010
一台のミニカーから行った事も無い地に思いを馳せる…。
楽しい時間を分けてもらいました。


さぁ、明日も仕事です。早く寝ないと…。







SCHUCO MODELL VW 411

師走も半ばを過ぎるとさすがに世間はあわただしさを見せてきました。
仕事も定時では終えられなくなってきています。が、今日は何やら様子が違う。
テレビを見なくてはいけないから今日は早く帰りたい…。
「?」。どうやら「家政婦のミタ」が原因らしい。
この手のドラマは興味が無い私はひとり"蚊帳の外"。
ニュースを観てPCを叩きながらウトウトとしていると妻はムービープラスで「ミニミニ大作戦」を鑑賞し始める。
子供達は…各々の部屋で「家政婦のミタ」を…。視聴率が良いわけですよね。

「SCHUCO MODELL VW 411」

1221 1321 1221 1322 1221 1323
4620747541_5ea936ff70[1] 100_4111[1] 1982vw411-1[1]

ここでミニを載せるとあまりに安易ですので、代わりにミニと同様に可愛い車にしました。
ウィキペディアに依ると'68年~'72年まで生産された"タイプ4"と呼ばれた車で、ビートルの血統を受け継いでドイツで開発・生産された最後の空冷エンジン乗用車となった名車と言う事です。

マスクもすっとぼけていて良いのですがやっぱりヒップラインが良いですよね。
1221 1326 1221 1324 1221 1325
何とも独創的です。

私のミニカーには青のパトライトが付いています。
このブログでも青のパトライトの車両は幾つも載せていますがどうしても違和感を感じてしまいます。
1221 1328 1221 1329
車両の色からしても"消防関連"の車両なのでしょうね。
"火の用心"ですよ!


1221 1327
今年も残りわずかです。
やり残した事は…例年のことながらいっぱいあります。



SIKU V294

スカッとしたくて映画館へ…
「何を観たかって?」もちろん「ミッションインポッシブル」ですよ。
alt[1]
ちょっと期待していた物とは違っていましたがそれなりにスッキリしましたよ。
"007"と"M:i"、比較する方がいけないでしょうが、‘ドキドキ感'って基準が有るのならちょっと物足りないかも?
それにしてもあの音楽は良い!テレビシリーズから大切に守られてきた財産ですよね。

「SIKU V294 JAGARE E 2×2」

1221 020 1221 021 1221 022
今回の"M:i"は超カッコいいBMWが出てきましたが、今日載せるのはジャガーです。
ジャガーってボンドカーにもなっていないんですよね、不思議です。
ボンドが乗るのに似合うと思うんですけどね。

このジク、タイヤにも"SIKU"の文字が打たれています。
1221 024 1221 023 1221 025
西ドイツ製のヴィンテージ物です。

1221 026
流れる様なボディー、時代を感じる格好ですが、いつまでも魅力的ですよね。





SPEEDY FERRARI 330 P4

12月も半ばにさしかかった事もあり"スタッドレスタイヤ"にチェンジ。
名古屋ではスキー・スノボをやられる方以外にはほとんどの人が"スタッドレス"タイヤ何ぞ履かないと思いますが、岐阜での勤務経験がある私には当たり前の装備のひとつです。
年に一度か2度しか効果の確認ができませんのでもったいないと思う事も有るのですが「備えあれば憂いない」。
もうこれで安心です。
写真 (5)
雪の中を入って行ける…
凍った路面でも走れてしまう…
名古屋の冬は北に向かおうとすると県境を越えて岐阜に入ると雪の心配があります。
よって西に行くか東に行くか、はたまた南に行くかしか有りません。
スタッドレスってすごいですよ。雪山へでも行けてしまいますからね。

3シーズン程度しかもたないのでこのセットも今年が最後でしょう。

「SPEEDY FERRARI 330 P4」

1214 006 1214 007 1214 008

私が子供のころから持っているものですので40数年前のものです。
1214 009
我が家で唯一無二の「MADE IN ITALY」のミニカーです。
フェラーリの故郷で作られたフェラーリのミニカーですから重力感も手伝ってそれなりの風格を感じます。
1214 011 1214 010
経年の疲れも感じさせないこのミニカー、さすが“フェラーリ”。
掛け値無しにカッコいいミニカーです。

フェラーリ用のスタッドレスタイヤで有るんだろうか?
雪道をフェラーリが疾走する何てカッコいい画図らじゃないですか?






ERTL DODGE AIRFLOW

面白かったです、“リアルスチール”。
写真 (5)
とてもじゃないですが良い父親とは言えない私ですので、後学の為に(何を言い訳をしているのやら…)。
「男に見せたい映画」とか「共感を集める映画」とかの評価が多い様ですが、単純で判り易い映画です。
吹き替え版を選んだのも良かったのかもしれないですね。
いいですよね映画って、日常を忘れられるというか、日常を顧みれるというか…。
この映画はお勧めですよ。

「ERTL DODGE AIRFLOW」

1213 006 1213 007 1213 008
映画の題名に沿って、「リアルな鉄」の車にしました。
ごッツィ車ですよ。
images[2]
この映画に出てくる“アトム”というロボットにも負けないくらいボロボロの実車写真ですよね。
何とも味のあるダッヂのトラックです。
実は…
1213 012 1213 013 1213 014
「ム?」何この穴は?
1213 015 そうです貯金箱です。

味のあるフォルムで実用的な貯金箱。
1213 009 1213 010
私のデスクの上に鎮座しています。



“リアルスチール”の中に、ロボットを載せて移動する為のトラックが出てきます。
画像を随分探しましたが見つかりませんでしたが、“LESNEY”好きの私の興味をくすぐる何とも味のあるトラックでした。

LESNEY No.50C FORD KENNEL TRUCK

すごかったですね…。
「FIFA クラブワールドカップ 準々決勝 柏レイソルVSモンテレイ(メキシコ)」
延長でも勝敗が決せずPKへ、菅野の好セーブ、ブラボーです。
でも試合は柏ペースで進んでいましたよね。本当に勝てて良かった。
J1への復活組がリーグを制覇し、今、世界のクラブチームベスト4にまで上りました。まだ判らない、世界1だって夢では無い!奇跡です!
いえいえ奇跡じゃないですよね、あの試合を観戦する限り実力の一勝です。
さぁ、次は南米王者ブラジル"サントス"。日本のリーグのレベルの高さを見せつけてやりましょう!

「LESNEY No.50C FORD KENNEL TRUCK,issued 1969」

1211 007 1211 008 1211 009
この車、1969年のレズニーですので“L”の中では比較的新しいのですが、私にとっては先の見えない大きな頭痛の種です。

バリエーションは4種
1.緑の車体、薄い色のついたカバー、白色のグリル
2.緑の車体、透明色のカバー、白色のグリル
3.緑の車体、透明色のカバー、シルバー色のグリル
4.緑の車体、薄い色のついたカバー、シルバー色のグリル
私のは…よく判りません。No.50C-1か2だと思います。グリルはシルバーですがカバーはちょっと色付き見えます。経年のプラスティックの劣化なのか最初から色が付いていたのか…
私の悩みの種はこの荷台。
1211 012 1211 014
本当は白い犬が4頭乗っているのですが…ここには居ません。
さすがに40年という月日は永く、この完品はオークションでも滅多に出てきません。
1970年以降のマッチボックスにもこのモデルは継続されますが、スーパーファーストの物を手に入れてお犬様だけ抜いて載せ替えようと思っても、スーパーファーストでさえ、このモデルは異常に高値になってしまいます。
みんな考える事は一緒ですよね。この荷台に乗ってくれる犬が4頭欲しいだけなのですがね。
1211 010 1211 011 1211 013
透明のケースだけではちょっと淋しいですよね。
でもこの荷台に乗るべきお犬様達に出会える日はきっと来ると信じてを楽しみに待ちたいと思います。


1211 015
トヨタカップはまだまだ続きます。ハラハラドキドキ…楽しみですよね。






SCHUCO MODELL VW GOLF

今年一番の寒さ、いよいよ冬ですよ。
最低気温が4度で最高気温が11度。北の方からはお叱りを受けてしまいそうですが本当に“寒かった”。
風が強い一日だったと言うのも寒さを一層感じさせた一因でしょう。
この地域は“伊吹下ろし”という吹き下ろしの風が吹きます。
岐阜県と滋賀県の境にある“伊吹山”を越えて落ちてくる風がその“伊吹下ろし”です。
2~3年前の冬、伊吹山の北側に行った事が有ります。絵を描く事を趣味とする親父が雪の伊吹山を描きたいというから連れて行ったのですが、あいにくの暖冬で絵になる伊吹山を南から見る景色には雪は有りませんでした。
ところが山の北側に行くと景色は一変。屋根に積もった雪を下ろす人は居たり、除雪車が出動したりといった状況になります。
北からの風は山の北側には雪を降らし、山を越えて冷たい空気を一気に平地に滑り下ろす。“冷たい風”のはずですよね。
新幹線を止めてしまう位の豪雪地域“関ヶ原”を擁する伊吹の地域からは雪の便りは聞かれませんが、今日のこの“底冷えする寒さ”はその季節がすぐそこまで来ている事をはっきりと知らしめるものでした。

「SCHUCO MODELL VW GOLF」

1209 004 1209 005 1209 006
“寒~い”時にはこんな暖色系の車が良いですよね。
~毎回毎回、安易な車種選択で申し訳ないです~

私の中では“VWゴルフ”と言えばこのイメージです。
今の丸っこいモデルになってから久しいと思いますが、この角々としたルックスの方が断然好きですね。

1209 008 1209 007
インテリアも暖かそうな色…。

このゴルフ、ナンバーが何とも不可解。
1209 010
1209 009
このナンバーって何?
「No」の小文字の「o」の上にもう一つ「o」が乗っかった形の横に「VG 880」。
独国語でこんな表記は有るのでしょうか?よく判りません…。

1209 011
何とも時代を感じるこの車、市街地ではめっぽう見なくなりました。

さぁ、明日は最低気温が1度、最高気温も9度とか…絶句。






SCHUCO MODELL BOEING 727

最近空を見えげる事ってやっていますか?
子供の頃は野球のボールを追いかけて空を見上げました。
水泳の背泳ぎでも目に入ってくるのは青い空・・・。
予備校に行っている頃は屋上で仰向けになって昼寝をしていました。
いつ頃からか空を仰がなくなってしまいました。
空の青さに気付いて見上げると多くの場合“飛行機雲”に気付きます。
宇宙が透けて見える位青く澄んだ空に白い雲が縦横無人に飛んでいたります。
~気持ちよさそう~

「SCHUCO PICCOLO BOEING 727」

1207 001 1207 002 1207 003
1207 004

これってピッコロっで言っても良いのでしょうか?
何日か前に私の持っているルフトハンザの飛行機を載せた事が有ります。
その時の飛行機はルフトハンザのノベルティー物で“PICCOLO”とはどこにも刻印されていませんでしたが、同じ型を使った飛行機で“PICCOL00”と刻印されているものがあり、ピッコロだった事が判明しました。
この飛行機も刻印は“ルフトハンザ”になっています。
1207 005 1207 006 1207 007
きっとこの“727”もピッコロですよね…。

個人的にはこの“727”は大好きです。
私が小学校の6年間を過ごした社宅からは一日何十機もの飛行機が見えました。
当時の名古屋空港(現 県営名古屋空港)に向かう飛行機の通り道だったのですが、直線で12㌔足らずでしたので既にタイヤが下りている状態での飛行を真下から覗くって感じです。
ちょうどジャンボ機が一世を風靡し始めた時期でしたが、私は期待の後方側面にジェットエンジンを備えたこの“727”がとても優雅なスタイルに思えたのだと思います。
“DC-8”何ていう飛行機そうろうの形をした物が全盛で、“ミニジャンボ”と言われた“737”が出始めた頃ですので比較するとやっぱり美しい優雅さを悟ったのでしょう。


もうこの機体も見なくなりました。
1207 008
随分昔の話ですからね。



2011年12月10日8:36追記

ピッコロマニアさんから情報をいただきました。
どうもこの飛行機はピッコロでは無く、モデルシリーズのひとつという事でした。残念!
という事で、本文の修正は行いませんが、タイトル及びカテゴリを修正させていただきました。
シュコーも奥が深い…。





TOMICA No.95 LONDON BUS TOKYO MOTOR SHOW 2011 VERSION

東京行きの目標は…
1.名古屋在住者を中心としたミニカー好きの集まり“W.M.C.C”の東京でのオフ会
2.“MEGA WEB”の見学
3.“東京モーターショー”の見学
4.“日産横浜工場ゲストハウス”見学…要するに"大人の遠足"です。
3日の11時に出発し、名古屋に帰ってきたのが5日の21時。心地良い疲労感を残した楽しい時間を過ごさせていただく事ができました。
写真 (11) - コピー 写真 (1)
“MEGA WEB”では翌日の楽しみの一つとしていた“86(ハチロク)”に合えちゃいました、この写真とは違いますが運転席にも座ってしまいましたよ。中庭にはランボが大集合!
写真 (10) - コピー 写真 (9) - コピー 
“サーキットの狼”の主役たちにも会えたりしました!
写真 (13) - コピー 写真 (8) - コピー 
翌日のビッグサイトでは…空いていると予想しての月曜日なのに人・人・人…しかも会場が広すぎて…。
時間にも制限が有ったのですが、結局トヨタの展示は回れずが期待していた"アクア"は見れずじまい…。


「TOMICA No.95 LONDON BUS TOKYO MOTOR SHOW 2011 VERSION,issued 2011」

1206 020
大好きなロンドンバスが組み立て工場として出ていましたので迷わず3色をオーダーです。
1206 012 1206 011 1206 013
1206 018 1206 016 1206 017
1206 019 1206 014 1206 015

1206 021
「行き先」は“TMS”…TOKYO MOTOR SHOWの頭文字
「系統」は“42”…今回のモーターショーが第42回目だから
気の効いた一台じゃないですか。

東京のお仲間との楽しい時間もよかったですよ。
お互い“ミニカー”を介しての知り合いで、“ミニカー”という媒体が無ければ決して巡り会う事はありえない面々です。
会社人間の私ですのでこの“ミニカー”を通して得た仲間というのは…
人生に別の方向から光を当ててくれたとっても貴重な存在です。
~大げさですかね~


唐突ですが…“築地吉野家”って何者?
しかも、築地にあるならまだしも、場所は“鎌田”…
写真 (3) 写真 (4)
味は…変わらない様な気がするし…そういえば豚丼は無かったような…朝定食も3種類くらいだったかなぁ…
フードハンターの私ですのでみんなには内緒で朝ごはんに行ってしまいました。
あ~ァバレチャッタ!



TOMICA No.1 FUSO HATO BUS

さぁ、もう少ししたら"大人の遠足"に出掛けます。
23時に出発何て言う事からしても如何にも"大人の遠足"です。
目的地は"花の東京"…そう"東京モーターショー"です。
何年か前に出張に合わせて行った事が有りますが、これで2回目です。
以前は月に1度は上京し本社で会議でしたが、ここ数年はTV会議やWeb会議に代わったりしていましたので東京自体も本当に久しぶりです。
こんな時間に出発するのですから当然新幹線ではありません。
~ビーアンビシャスが聴けない~

名古屋のミニカー好きが車2台でこぞって東京入りです。
東京のお仲間も集まって出張オフ会も予定されていてちょっと楽しみです。
実際のモーターショー見学は月曜日なのですが、土曜日に出発して日曜に一日空きがあると言うのが如何にも大人の遠足じゃないですか。

という事で…

「TOMICA No.1-2 FUSO HATO BUS,issued 1974」

PC031357.jpg PC031358.jpg PC031359.jpg
ちょっとベタ過ぎでしたかね?

PC031360.jpg
東京見物って「=はとバス」ってイメージ無いですか?
実際黄色いバスがいたるところを走り回っていますよね。
ってこんな古臭いバスじゃないですよ。しかも最新式で他所では見ない様なカッコいい車輌だったりします。
明日も見かけるんでしょうね。

時間があったら乗ってみたいですよね。ベタな東京見物でも結構楽しめそうな気がします。
PC031361.jpg


さぁモーターショーも結構話題ですよね…
“86”も見たいし…
私の会社も業界初のブースを出したって社内メールが回ってきました。
車とは全く関係無い業界なのに…。






SCHUCO PICCOLO KREIDLER FLORETT

"師走"の声を聞いたら急に寒くなりました。
~昨日までのぽかぽか陽気がうその様~
北海道の雪の話題はもうひと月近く前から聞かれますが、この地方でも高山あたりは雪が降ったりする日もあるのでしょうね。
これくらい寒い日が続くようであれば…
~スタッドレスに替えなければ~
名古屋で雪が積もるなんて言う日は年に一日か二日がいいところですが、私はスタッドレスに履き替えます。
岐阜勤務の経験が7年程ありますが、高山や東濃の雪深い地域に行く事もあり、スタッドレスの驚くべき性能を体感してしまうとたとえ雪の降らない名古屋と言えども無いと不安だったりします。
何せ冬のシーズン、休日の行動範囲が制限されないって言うのいも魅力ですよね。
~ちなみに…私はスキー、スノボを一切やりません~
もったいないでしょ?
そうそう、雪の時期、積もった雪を横目に温泉に浸かるなんて言うのは良いですね。

「SCHUCO PICCPLO KREIDLER FLORETT」

1201 005 1201 006 1201 007

原付バイクを乗り回す長男坊は手が寒いとのたまうので手袋を買ってあげました。
~688円也~
便利なものが売られていて、フリース裏布の作業用の手袋です。適度にグリップが効いて良いようですよ。

330px-Kreidler_Logo.svg[1]
このKREIDLERのバイクはピッコロなのにピッコロに有るまじき出来の良さ。
1201 010 1201 009 1201 008
カラーリングもお気に入りです。
残念ながらハンドルは固定。
細かなスポークのホイールはピッコロのチープさを持ち合わせていない出来です。
1201 012 1201 011

さぁ、これから寒さも増していく季節ですが、名古屋ではまだまだ暑かったり寒かったりする日が続くのでしょう。風邪をひかないようにしなくては…。










プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31