hpi・racing PORSCHE 956 LH【♯7】1986 Le Mans

私が早番勤務の後寄り道をして帰宅する。

長男坊はバイトに出る前だった様で部屋で着替え中。
高校生の娘はテスト前日にも関わらず遊びの方が重要らしく帰宅前。
次男坊はケーブルテレビでカーツーンネットワークをみてげらげら笑っている。
ベランダでは部屋の明かりを受け“ぼわ~っ”とした気味の悪い光を放って家族5人分の洗濯物が揺れている。
“お母さんは?”と聞いても誰一人知らない。
3時までのパートの妻。もう6時を回っているのに…。こんな事は初めて…。
次男坊に洗濯物を部屋に入れなかった事を叱咤し、とりあえず取り込み、妻の携帯に電話。
何度電話しても留守番電…。
心配をしていると折り返しの電話…。
会議が長引いて…。“ほッ…”。

ここ数年の嫁の稼ぎは、すべて子供の授業料の補てんに回されていて、今年から私の扶養からも外れています。
家の事を変わらずやりこなしてのパート…(本人には決して言わないですが)頑張っていますよ。
という事で夕食は“外食”と決めました。
とはいえ無類のラーメン好きを自称する次男坊が一緒という事ですので、毎度のことながらはっちさんのブログを検索開始…。
次男坊が選んだのは“昭和”…。やっぱりこ奴の触角は鋭い!“昭和”はちょっとした噂の店。
写真
店内は以外にも空いていましたが、敢えて外のテントをチョイス!
ダルマストーブと温まるラーメンとのコラボ!美味しくいただきました!
一食分は楽をさせてあげられたのかな?

「hpi・racing PORSCHE 956 LH【♯7】1986 Le Mans」

20121129 009 20121129 010 20121129 011

大学生の長男も次男も着る物にはうるさい。
でもブランド第一!という事は無く、“ユニクロ”好き。“しまむら”だってOK!
現実的という言葉が合うのかも知れないですね。
20121129 012
私が学生だった頃にはよく「taka-Q」さんにはお世話になりました。
でも我が家の息子達は「taka-Q」って名前知らないんですよ。
「何それ?」って言われちゃいました。
「1986年」というと私が社会人になった年…。時代の変遷ですかね。
20121129 013
それにしてもこの“hpi”にはいつもやられてしまいます。
この精巧さ…。
ため息が出てしまいます。
そりゃそうですよ。
いつも“LESNEY”やら“PICCOLO”やらのチープな作りの物で十分に満たされているのですからね。

20121129 015


hpiの物をこのブログに載せるのはこれで2台目ですが、コレクションは十数台にまで膨れています。
まったく何にでも手を出す親父ですよね。
よっぽど息子たちの“こだわり”の方が筋が通っていると思う今日この頃です。





スポンサーサイト

SCHUCO PICCOLO VW KASTENWAGEN

広い範囲で受け取るなら「東海名物」。
だから「東海地方の玄関口」の名古屋駅には多くの売り場が有ります。
さァこれって何?
いろいろと思い当たると思いますが、今回の正解は「赤福」。

「名物に美味いもの無し」とよく言いますよね。
実際その味に慣れていない人が食べても「NG」というものはいっぱいあります。
私は伊勢名物の「伊勢うどん」がどうも駄目です。何とも表現し難いあの歯ごたえがありえません。
そりゃあそうですよね。
「生茹で」とまで評されるあの「芯」の残った様な固さが持ち味の「味噌煮込み」の名古屋で育ったのですから。

でも「赤福」は好きですよ。
知らない人の方が多いかもしれませんが、夏は「赤福氷」、冬は「赤福ぜんざい」。
想像してみてください。
~宇治のかき氷の中に赤福が隠れている「赤福氷」~
~赤福の餡の美味しさを活かした「赤福ぜんざい」~
美味しそうでしょ?
でもやっぱり定番も捨てがたい…。
写真
お抹茶といただく「赤福」はテッパンですよね。
名古屋には百貨店の中に「赤福茶屋」が有ったりします。

「赤福」のもう一つの楽しみ…
20121126 010 20121126 011 20121126 012
店で配られている「伊勢だより」。「赤福」さんが毎月発行しているものです。
私も知りませんでしたが、コレクションされている方もみえる様です。
表は季節感いっぱいの「絵」で裏にはその説明書き。味が有りますよね。

「SCHUCO PICCOLO VW KASTENWAGEN」
20121126 013 20121126 015 20121126 016

「赤福」というとパッケージの色「赤」がイメージされます。
正確には「ピンク系の赤」となるのですが、今日はこの車にします。
20121126 017

20121126 019
「赤福」って餡の中には真っ白のお餅が入っています。まさにこの車の屋根の様!

「伊勢神宮」、いえいえやっぱり「お伊勢さん」の方がしっくりきます。
また「お伊勢さん」に参拝し、天照大神の懐で心と気持ちを洗い…五十鈴川の川面を眺めながら「赤福本店」で御番茶と「赤福」を静かにいただきたいものです。

たまには後ろを振り返って辿ってきた道を確認する事も必要なのかも知れません。
20121126 018





SCHUCO PICCOLO VW T3 FENSTERBUS

この十数週間の間、土曜日が巡ってくるのを秘かに楽しみにしていました。
でも、その楽しみも先週の11月17日で終了…。
休みだから?いえいえ、私の休みは決まった曜日では無いので当てはまりません。
何を隠そう“パチンコ”です。

学生時代…いえいえ、予備校に通っていた頃にはじめたのでもう30年?
社会人になってからは、悩みが有るとはあの俗世間から解放された“無”の時間を求めて月に1回くらいはやっています。
~何言ってんだよ!パチンコ屋さん自体が俗世間そのものだろ!~
仕事何かで行き詰ると、帰りに寄って、台に対座し、何も考えずにハンドルを握るんです。
そうすると自然とあれやこれやを思い出し、自分の頭の中が整理できる…。
そんな大したものでは無いのでしょうが気持ちは落ち着きますね。

でもこの数週間は違っていまっした。「AKB」のパチンコの存在です。
週1回のペースで新しい曲が追加される今までに無かった企画に加え、それに合わせてホール限定賞品も週毎に追加される…。
~上手い企画ですよね~
私は毎週更新される「AKBのファイル」を集め始め、見事コンプリート。
50の親父が何をやっているんだか…。

そんな企画も先週の土曜日、17日を持って予定されていた12曲の更新が終了したという事で、私も呪縛から解放されました。
エッ?戦果?おかげ様で「プラス」で終えれたと思っています。

「SCHUCO PICCOLO VW T3 FENSTERBUS」

20121123 008 20121123 009 20121123 010
「AKB」と何の関係も無い様に見えるこのピッコロですが…。
セブンネットからAKBがCMをやっているクリスマス向けの商品案内のメールが届き、商品を何気に検索していく中でたどり着いたのがこれでした。
何と70%以上割り引かれた1000円也!即クリック!「AKB様々」です。

20121123 011 20121123 014 20121123 013
2009年の Model of the year の限定ピッコロで、こんな缶に入っています。
私のは963/1000。

20121123 016
さぁ、次は何を楽しみにしようかなァ~。

今回の「AKB」のパチンコは実によく出来ていて楽しめたので、余程の出来の台が出現してくれない限りパチンコ熱も冷めてしまうかも知れません。







SIKU V234 PORSCHE 901

私の愛車のステージアが悲鳴を上げ始めた。
ブレーキ辺りから異音がする。
今までもパットの減りはあり、何度か交換をしてきたがどうも「音」が違う…。
気が付いたのは“防音壁”に反射する車の音に聞き慣れない金属音を感じた1週間ほど前。
2日程続いた事でディーラーに“パットの交換”をお願いすると、パットはもちろん、ディスクもキャリパーも交換が必要との事。
見積りは143、808円也。
25万キロに手の届きそうなメーターの数字を見ると致し方無しと思うしかない。
妻は…買い替えなくていいの?(本心?)
でもここまで乗ってしまうと募る愛着は半端無く、気に入った新車が無いから何て言う理由をわざわざくっ付けて修理を依頼。
代車として宛がわれたのは「新型ラフェスタのハイウェイスター」。
ディーラー側の策略が見え見えと思いながらも十数年の技術の進歩を目の当たりにする事でちょっと驚き。
アイドリングストップ…お~すげー!

「SIKU V234 PORSCHE 901 issued 1964」

20121116 009 20121116 010 20121116 011

48年も前のミニカーがこんなにしっかりとしているんだから、私のステージア何てまだまだですよね。
20121116 013 20121116 014
「超オールドSIKUの証」“ダイヤモンドカット”のヘッドライトです。
裏板が「V234」と「V235」の兼用になっていますが、「V235」がパトロールカー版です。

20121116 012 20121116 015
インテリアの黄色に黒のハンドルが栄えます。
ハンドルが大径で違和感ありますけどね。
ボンネットの中は「空」。
エンジンが後ろですので当然なのですが、ちょっと殺風景過ぎて敢えてボンネットを開けるギミックは要らないと思えてしまう位です。

SIKUも良いですよね。特に古いものはね…。



ディーラーにステージアを持って行く際のドライバーは長男坊です。
~当然若葉マーク付きです~
長男坊が運転する車に初めて乗りました。
助手席に居る自分の慣れない視界に違和感を覚えながらも、子供が車を動かしている事にそれ以上の違和感いっぱいのしばしの時間でした。

子供の運転でドライブも良いかもしれないですね?
その時は飲めないお酒をわざと飲んで運転の全部を任せてみようなかなぁ。




LEGO VW T1

明日は5時に家を出る勤務だから早く床に就かないと…と思いながらも「日本映画専門チャンネル」を観てしまう。
「時をかける少女」…。
50の私は原田知世さんのものしか知らなかったですが、今日の映画は「仲里依紗」さん版。2010年の作品だそうです。
1972年にタイムトリップする予定が誤って1972年に行ってしまうのですが、1972年と言っても私にとってはまさにオンタイム。…見入ってしまいました。
1974年というと…小学校6年生。月に数回のソフト麺の給食を楽しみにしていた頃です。
純粋無垢ですよねッ。

「LEGO VW T1」

20121115 302 20121115 303 20121115 304
このミニカーはいつぐらいもものでしょうか?
20121115 305 20121115 306
「レゴ」です。「LEGO」の文字とこのメタル製のタイヤが「レゴミニカー」の証。
我が家で4台目の「レゴミニカー」になります。
資料も無いので詳しい事は判りませんが、1974年よりは古いと思うのですがね。

20121115 308
プラスチック製にも関わらず、よくこの時代まで残っていてくれたものですよね。
この時代を経た存在感にはやられてしまいます。

この貴重なミニカーは誕生月にいただいたプレゼントです。
エッ!?良いんですか?って感じでした。


私の下に嫁いできたからにはずっとこの姿を保っていられるよう大切にしますね。

20121115 307

古いミニカーの持つ不思議な力に今日も元気をもらっている私です。



Special Thanks To:のっぽさん







SIKU V220 TEMPO-MATADOR-BUS

写真
今朝、妻が発見。“ハートの葉”を見付けていつになく上機嫌。
思いつきで買いステージアに積んできた“ベンジャミン”。
1メートルくらいだった背丈は1.5メートルにはなっただろうか?
編み込んであった茎は醜く伸び、何度か刈り込みを入れたものの丸く大型のビーチボール位の大きさだった葉の塊はまるでむかしの笑福亭鶴瓶師匠のアフロの如く…。
でもこんな“愛らしい葉”を生んで我が家の空気を和ませてくれる。嬉しい発見でした。

「SIKU V220 TEMPO-MATADOR-BUS,issued 1963」

20121107 1868 20121107 1869 20121107 1870

良いでしょ。ジクの“V”です。しかもダイヤモンドカットのヘッドライトです。
20121107 1872 20121107 1871
残念ながら“キャプテンハーロック”状態ですが、50年近くの歳月を経て、今、この姿を見せてくれているのですから十分じゃないですか。
ジクの事は良く判らないですが、1963年~69年まで作られたこの車にも塗装のバリエーションやインテリアカラーのバリエーションがある様です。
私のは塗装は“抹茶色”。シートは“緑”でハンドルは“白”。
20121107 1873
何とも間抜けた“顔”をしたミニカー。大好きです。

20121107 1874 20121107 1875

さぁ、仕事を頑張りましょう!









プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -