EBBRO SUPER GT500 2012 No.32 EPSON HSV-010

ミニカーのコレクターを自称し始めて随分経ちますが、これほど発売を心待ちにしていた物は無かった様に思います。
それを昨日のW.M.C.Cのオフ会の場で確保。~待ってました!~
そのミニカーはこれ。
20130127 009
コレクションの対象外の「EBBRO」ですが、この車だけは特別です。

私がいつもブログの更新をするのは何度も紹介している通りリビングの隅にある50センチ×150センチの机にあるPCです。
我が家の中で私が排他的に自由に使える唯一無二のスペースです。
そのPC周りを煮て食おうが焼いて食おうが私の自由。
写真 (2)
お仲間にいただいた作品で囲まれています。

「EBBRO SUPER GT500 2012 No.32 EPSON HSV-010」
この壁の一番上にこのマシンのデザイン画があります。
20130127 011 20130127 012 20130127 013
このデザイン。EPSONの公募で1位を取った成果です。すごい事ですよね。
そんなデザイナーと知りあいって言うのが私の自慢…。
W.M.C.Cのメンバーなんです。
昨日、オフ会から帰って来てから嫁さんや子供達に自慢してやりました。

20130127 014 20130127 015
20130127 017 20130127 016
20130127 018 20130127 019
何にも無いところからデザインを起こす…。才能の無い私には夢の様な話です。


おまけにデザイナー自らが作ったバックの台紙をいただいてしまいました。
しかも直筆サイン入り!
20130127 010 - コピー 20130127 010
間違いなくこのミニカーは、私の宝箱行きです。



さぁ、次はだれに自慢してやろうか。


スポンサーサイト

LESNEY No.48A METEOR SPORTS BOAT & TRAILER

久々の宿泊旅行。
豊橋という名古屋から近場という場所という事も有り、ドライブの疲労感も薄く、残ったのはリフレッシュ出来たという満足感。

目標の一つである豊橋のB級グルメである「豊橋カレーうどん」はミッションクリア。
写真 (2) - コピー
市街地のうどん屋さんの多くがこれに参加し、お店ごとに個性があるらしいという前情報の中、私が選んだのは駅にも程近い「勢川」さん。
写真 (1) - コピー 写真 (4) securedownload[1]
見た目は至って普通のカレー粉を溶いた「カレーうどん」。
どんぶりの横に添えられている「福神漬け」が違和感たっぷり。
「うどん」部を食べて行くといよいよ始まる「カレーライス」タイム…。

からくりは…ご飯の上にとろろ芋を掛け、一応の層を形成。
その上に通常のカレーうどんを盛ると「豊橋カレーうどん」となる。
まぁ、面白い一杯でした。~ごちそうさま~

目標の2つ目の「渥美半島の温暖な春を満喫する」というものについては…
菜の花畑では満開の黄色の世界が広がるものの「春祭りのイベント」のスタッフの方々が防寒のベンチコートを着ている状況ではなかなか難しい。
さすがの渥美半島でも春まだ遠いといった感じです。
~1ヵ月後位が良いかなぁ~

宿泊したホテルではうたい文句の「地場の食材をふんだんに使ったバイキング朝食」に苦笑。
写真 (1) 写真 (3) - コピー
東海漬物の「きゅうりのQちゃん」やヤマサのちくわの「まめちくわ」も登場…。
~確かに地場の特産物だ~

今回は時間的にも無理の無い、気楽な旅行を楽しむことが出来ました。

「LESNEY No.48A METEOR SPORTS BOAT & TRAILER,issued 1958」

20130121 017 20130121 018 20130121 019
20130121 021 20130121 022 20130121 024
ブルジョワでは無いので「旅行」と「ボート」は結びつきませんが、「リフレッシュ」と「舟の上で過ごすゆったりとした時間」は結びつく気がします。
でもこのボートは「スポーツ用の競技かいボートなんですね。
1958年からの大きな時間の変化を見る思いです。

バリエーションは3種
1.テンカラーデッキに青色の船体、メタル製のホイールのトレーラー
2.テンカラーデッキに青色の船体、グレー色のプラタイヤのトレーラー
3.テンカラーデッキに青色の船体、シルバー色のプラタイヤのトレーラー
という事で私のは「No.48A-2」となります。

20130121 026
青と言うよりは「水色」ですよね。


私の勤める会社では有給休暇の消化率が異常に低く「ゆとり休暇」何て言う制度を始めました。
年に1回だけ、事前の登録で法定休暇に有給3日を組み合わせて強制的に5日の連続休暇を取得させるものです。

私の事前登録は2月です。
…という事で来月にも2泊3日で旅行が待っています。
1泊目は淡路島。2泊目は名古屋への帰路、京都です。
今から情報を収集し、美味しい物を大きなお腹いっぱい食べ尽くしたいと思います。


20130121 020
やっぱり気持ちと体のリセットは必要ですよね。




 



SCHUCO PICCOLO NSU Max mit Steib Beiwagen

今から嫁さんと久々の1泊旅行に出かけます。
行き先は渥美半島。藤村の詩に謳われている椰子の実の流れ来る温暖な気候の場所です。
~名も知らぬ、遠き島より流れ寄る椰子の実ひとつ…~

学生時代に泊まった事のあるホテルが今夜の宿になります。
当時の名古屋テレビでアルバイトをしていた私は、豊橋の磐田運動公園でのサッカーの試合の中継の仕事で前泊としてこのホテルを利用させてもらいました。
Jリーグが始まる随分前の話です。
私はその時に初めてラモス選手を見ました。…という事はキングカズもいたのでしょうね。

そのホテル、当時は出来たばっかりだったと思います。
新幹線の車窓から見える程高層のカッコいい建物です。
1階にアイススケートリンクがあり、運動音痴の私はリンクの手すりを一周掃除した後、すぐやめました。
スケートリンクはまだあるのでしょうか?あれ以来30年弱の時間が過ぎましたが、スケートをやった事が有りません。


今回は「春」を感じる事を楽しみに行きます。
「菜の花」は咲いているのでしょうか?

何てかっこつけはやめましょう。嫁さんがどう思っているかは別として、私としては…
豊橋のB級グルメ「1つの器でカレーライスも同時に楽しめるカレーうどん」や「どんぶり街道」で出会える味の数々をたのしみに。

「SCHUCO PICCOLO NSU Max mit Steib Beiwagen」
20130120 012 20130120 013
20130120 014 20130120 015

20130120 016
「STEIB社のサイドカー付きNSUのマックスバイク」
という事だと思います。NSU社はロータリーエンジンを世界で初めて作ったメーカーという事らしいです。
東洋自動車工業(マツダ)よりもはやっかったんですね。

こんなマシンに乗っていれば「春」の風を体で、心で思いっきり感じる事が出来出るんだろうに…
今日は愛車のステージア。幸いなことに25万キロにあと千数百キロという老体ですのでそんなにスピードも出させてあげられません。
窓を全開にして精一杯新鮮な風を体に入れてきます。

20130120 017 20130120 018



さぁ、リフレッシュへGO!

20130120 019



TOMICA JAPANESERED CROSS SOCIETY BLOOD DONATION BUS

今ごろ?そう、今ごろです。
20130113 004
今日、次男坊が献血をして貰ってきてくれました。

「血液が不足しているから成分献血をしてください」というDMが届いた次男坊は「献血フェチ」。
喜び勇んで献血ルームにGO!
何を思ったのか窓口の方に「もらえるミニカーは無いですか?」と聞いたそうです。
「内緒にしてくださいよ」と言われて受け取ったのがこれ。

「TOMICA JAPANESERED CROSS SOCIETY BLOOD DONATION BUS」
20130113 005 20130113 006 20130113 007
このミニカー持っていました。でも…。
ミニカーを集めている親父の事を思って、わざわざ聞いてまでしてもらってきてくれる愚息に対して「持っている」とは言えません!

欲しかったら自分で献血をすればいいんですけどね。
針を刺す前に言うんですよ「どこに射せばいいのか判らないって…」それ以来献血には行っていないなぁ~。
だって、パンパンパンと叩いても血管の位置が判らないんですから仕方ないですよね。


20130113 008 20130113 010


私のコレクションは家族みんなの支えが有って成り立っている様です。







MAJORETTE BMW 3.0CSL

平日のシフト休の今日、講義が休みの長男坊を連れて“店長のお店”でランチをいただきました。
12時を回った店内は満席、気付くとお一人で来店されていた“もっと徒然なるままに+”のハラさんを発見!相席をお願いすると快くOK!
ハラさんのところはまだお子さんも小さいと言う事なので21になり、髪を茶色に染めた愚息との相席は驚かれたでしょうね。
~ハラさん!大切なお昼休みに窮屈な思いをさせてごめんなさい~
うちの子達も“昔は”可愛かったんですがね…。

「MAJORETTE No.233 BMW 3.0CSL」
20130111-2 020 20130111-2 021 20130111-2 022
20130111-2 023 20130111-2 024 20130111-2 025
カッコいいですよね。このフロントマスクこそ「BMW」です。
20130111-2 033
マジョレットの事は良く判りませんが、「MADE IN FRANCE」ですのでちょっと古いものなのでしょうか?
裏板は一緒なのにホイールが違っています。
20130111-2 027 20130111-2 028
生産時期の違いでしょうかね。
マジョレットというとスーパーのお菓子売り場でラムネ菓子との抱き合わせ販売のイメージしかないですが、結構コレクターの方もみえるようですね。
出来は良いし、値段も高くないし…コレクターが多いのもうなづけます。


20130111-2 030 20130111-2 032 

今日は脈略も無くマジョレットを紹介させていただきました。


SCHUCO PICCOLO Zündapp KS 601 mit Steib S 350 Beiwagen

昨日載せた「Zündapp KS 601 」に対して“鶏さん”からコメントをいただきました。
転載させていただきます。
「兎に角有名なのは第二次世界大戦を扱った映画でドイツ側の情景で必ず登場するサイドカー。
カッコイイ軍服で登場するサイドカーがこのツンダップです。
BMWも多少は使われていたかもしれませんが、大半はこのツンダップです。
自分もBMWよりあこがれました。
あまりにも古いバイクですので私達の手元にやってくるようなバイクではありませんけどね!魅力一杯のバイクです。
どちらかと言うと最近ではスクーターの方が有名だったかな?
最近って言っても随分前ですが。(笑)

古いバイクはいいですね。特にヨーロッパのバイクは魅力満載です。
ピッコロは素晴らしいラインナップ持ってますね!
又今年も一杯紹介してくださいね!楽しみに待ってます。」

待ってもらっていては今日も同じバイクで行かせていただきます。
…と調子に乗ってしまうのが私の悪いところ。
今日は“緑のZündapp KS 601 ”です。

「SCHUCO PICCOLO Zündapp KS 601 mit Steib S 350 Beiwagen」
20130104 001 20130104 002 20130104 003

20130104 004 20130104 009 20130104 005

20130104 006 20130104 008 20130104 007

今日で私の正月休みもお終いです。
明日からは通常に勤務に戻ります。
長かったのか短かったのか…。






SCHUCO PICCOLO ZündappKS 601

どうもこの歳になると涙もろくなっていけません。
昨日、今日の“箱根駅伝”。走っているだけ(?)の画面に2日間も観入ってしまいます。
去年も多くの場面でおお泣きした様な…今年も同様。
棄権した2校の学生の事を思っては泣き、ふらふらになりながら襷をつなぐ姿に涙し、11校目にゴールするランナーに涙し…。
感動する為に観るのか、泣くために観るのか…。

「SCHUCO PICCOLO ZündappKS 601」

20130103-2 007 20130103-2 009 20130103-2 010
バイクの事は良く判りませんが、ファンクラブがある程のバイクですから、ファンは多いのでしょう。
今日紹介するバイクは“黒”色ですが、緑色が人気だったようで、“グリーンエレファント”と呼ばれていたそうです。
だからこのファンクラブのトレードマークは…
imagesCAAGNQQ9.jpg
我が家にはもう一台、このトレードマークカラーのZündappKS 601があります。また近々。

話を戻しますが「駅伝やマラソン」等のロングディスタンスランニングにつきものなのがこの手の「サイドカー付きバイク」。
選手の目線で選手と伴走する様な臨場感のある画像が届けられるのもこのバイクのおかげですからね。
テレビ画面にも重戦車の様な機材を積みカメラマンを乗せたバイクが映りますよね。

20130103-2 012 20130103-2 011 20130103-2 013
やっぱりカッコいい!
20130103-2 014

バイクの免許を持っていない私ですのでその魅力は外観のかっこ良さに終始するのみですが、バイク乗りの方はあの風を切る走りが良いとかよく言われますよね。
それってサイドカーの部分に乗る事でも味わえるものなんでしょうかね。
素人目でもバイクを運転するよりもサイドカーに乗った方が地面すれすれで怖そうに思えるんですが…。



出来る事なら、学生時代に乗りたかったと今更ながらに思う私です。
オンタイムの愚息たちに勧めて見るのですが、駄目ですね。
経験の無い私からではその魅力が伝わらない様です。


20130103-2 015
やっぱりカッコいい!




LESNEY No.55A D.U.K.W.

2013年は今日2日からブログ開始です。
昨日の初日の出はこの一年を占うには出来過ぎなものでした。
20130102 028
いつものように私の机から見える景色です。
~i-phoneのカメラも侮れない~
元日は嫁の実家へ行き、2日に私の実家へ。これも例年通り。
私の実家ではいつものように母の“おせち”が迎えてくれます。
20130102 016
毎年のように変わらない正月の景色を迎えられる事が何よりもの幸せなのでしょう。
でも確実に去年よりも品数が減っています。台所に立っている事が長時間に渡る“おせち造り”は昭和一桁のお袋には重労働になっているのでしょう。
孫に当たる私の子供達から見ても、親父が弱って来ているのが判るようで、両親共に無事に乗り切れる2013年になるか、年年歳歳、次の正月を今年と同じように迎えられる事を願うばかりです。

「LESNEY No.55A D.U.K.W.,issed 1958」

20130102 020 20130102 021 20130102 022
山あり谷ありいろいろな事が起きそうですからね。こんな車も良いのかも?

20130102 023

バリエーションは3種
1.オリーブ色の車体、メタル製のタイヤ
2.オリーブ色の車体、グレーのプラスティックタイヤ
3.オリーブ色の車体、黒のプラスティックタイヤ
という事で私のは55A-3となります。


「D.U.K.W.」とはウィキペディアに依ると「DUKWは、DとWは、「1942年設計(D)、水陸両用(U)」からの命名であり、KWは「前輪駆動(K)・後輪駆動(W)」からとされているが、当時のGMの命名法で「Kが全輪駆動、Wが2軸の後輪」を表すとする説もある。兵士達には、“ダック(duck:アヒルの意)”と呼ばれていた。」との事。
300px-DUKW_-_Flickr_-_Joost_J._Bakker_IJmuiden_(1)[1]
上陸作戦用の舟?車?

今日は“シロノワール”を食べたいと言う子供達を連れてコメダ珈琲の本店に行きました。
私の学生時代に何度も通った店ですが、今のようにどこに行っても“コメダ珈琲だらけ”という状態では無く、名古屋の南山にある今の本店だけだったと思うのですが…。
ここで長男坊が“シロノワール”の正しい食べ方を語り出す…
~名古屋名物とまで言われるこのシロノワール”ですが、私は初体験です~
ソフトクリームにシロップをたっぷり掛け少し置く…
20130102 048 20130102 049 20130102 050
ソフトクリームが程良く溶けてパン(パイ?)生地にしみ込んだところで食べる…
20130102 056
この段階で食べたら、「まだ早い!」と怒られてしまいました。
~なんじゃそれ~

20130102 025 20130102 024

「シロノワール」の食べ方からケチを付けられた2013年のスタートでした。








プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -