TOMICA 86 RC

私の前の勤務地にとても気のいい奴が居ました。
10年以上前に三重で勤務していた時、別の部署だったにも関わらず陽気な性格で支店内のみんなが知る存在だったと思います。
そんな彼が私の部署にやってきたのは心を病んで、2年余り休職した後の事です。
いろいろあったのですが、私の下に来てからの彼は自由に楽しそうに仕事をしていました。
この10年の間に彼は結婚し、子供も一人。
少し障害を持っている子で、保育園から呼び出しが有ったし、何度か代わりに迎えにも行きました。

この子が大の“タクシー好き”。
私もリクエストを受け下手なカスタムですが、差し上げた事がありました。

その一家は部署自体が全国的に集約された事を受け大阪に転勤し、私は事情があり、名古屋に留まり今に至ります。

そんな彼から送られて来たのは“トミカの箱の耳”。
トミカのキャンペーンで応募に必要な“耳”を集めているという話をどこかで話したのを覚えておいてくれたのでしょう。
ちなみに“耳”にはトミカの番号が打たれていますが、すべて「51番」でした。
「51番」というと「トヨタ クラウン コンフォート タクシー」。
やっぱり“タクシー”です。苦笑ものです。

せっかく送られた“耳”を使わせてもらい応募したところ…。

「TOMICA 86 RC」
20130225-2 011 20130225-2 012 20130225-2 013
当たってしまいました。
3000台という大盤振る舞いですが、当たりは当たり、素直に喜びたいと思います。

それにしても2枚の応募はがきに同じ「51番」の“耳”が貼られたはがき…。
そんなのを気にも止められない抽選なのでしょうが、気付いてもらえていたら驚かれたでしょうね。

ノーズブラを付けたそのマスクはなかなかカッコいいです。
20130225+-3 009 20130225-2 016
“86”というのがまた良いですよね。50過ぎの私ですが、久々に心躍る名車です。

20130225-2 014
明日、大阪に電話をしようと思います。

「おかげでレアなミニカーが当たったよ!」






スポンサーサイト

SCHUCO PICCOLO HEINKEL MOTORROLLER

昨日までの3日間、夫婦で淡路、京都と2泊3日の小旅行に行ってきました。
私が入社したころは毎晩帰宅は日が替わってから、当然飲んで帰るなんて余裕は無し…。
残業代なんて事は諸規定上の言葉としては有りましたが、誰も申請すらしない…。
有給休暇も同様、毎回の給与明細に記載される有給残数は“40”のまま…。
そんな時代は今は昔。
会社が有給消化を強制するんですよ。
今回も“ゆとり休暇”なる強制取得。
25万キロをあっという間に越えて今なお現役の愛車“ステージア”が今回もお伴です。
写真
この橋を渡るのは2回目です。前ほどの感動は無かったですが、大きな橋を渡る事で俗世間から“離れられた”という実感はわきますね。
泊まったのは夢舞台公園に隣接したホテル。
淡路を一周しましたが、以前の訪問の際に観た収穫した玉ねぎをさらに美味しくする「玉ねぎ小屋」もその時期では無いらしく閑散としたもの…。
美味しい物をいっぱい食べて食べて食べまくり一日目は過ぎて行きました。
2日目。
数年前に仕事で訪れた際にホテルの窓から見えた“IKEA”へゴー!
写真 (4)
ちょっと寄るだけのつもりでしたが3時間は居たでしょうか?
途中、妻は子供達にメールをバンバン打っています。
結果は2万弱のお買いもの…
次男坊用に買った鏡は1600×200のミラー。「持って帰れるの?」と心配そうに聞く愚息に「大丈夫、大丈夫」とノーテンキの妻。
机やら、調理器具やら…とんでもないことになってしまいました。
写真 (5)
確かに熱くなるのも判る価格設定…。私も相当興味津津で楽しい時間でした。
この“IKEA”、いよいよ名古屋にも進出するらしい…~どうなる事やら~。

夢舞台の広~い公園を歩いた距離よりもさらにいっぱい歩いた“IKEA”。
ちょっとお疲れ気味でたどり着いたのは京都駅に接続する「ホテルグランビア」。
荷物を部屋に投げ入れ一目散に向かうは鶏さんに教えてもらった先斗町にあるおばんざいをいただけるお店。
写真 (3)
狭い先斗通りを進むと“舞妓さん”とすれ違い…~あ~きれい、得した気分~。
お酒をいただけない私達夫婦にはちょっと場違いの感もあるお店でしたがカウンターに置かれた大皿から小鉢や小皿に移されて出される料理はどれもおいしく…1時間弱の時間でしたが「京のおばんざい」を十分堪能させていただきました。
宿に帰る前に妻に見せたかったのは京都駅の絶景「大階段」。
折しも桃の節句のイルミネーション中。
写真 (3) 写真 (4) - コピー 写真 (1)
3日目。
毎度毎度の事ですが、子供達の事が気になるらしく、お寺周りを楽しむ余裕も無く帰路。
~毎度の事だから慣れました。母はやっぱり母です~

「SCHUCO PICCOLO HEINKEL MOTORROLLER」
20130225 004 20130225 005 20130225 006
このスクーター、チープなピッコロにしては出来過ぎ、しかも見えないところの方が精巧だったりして…。
20130225 007 20130225 010
この辺りがドイツ品質何でしょうね。

20130225 008 20130225 009


今回の旅行、の~んびりしたものでした。
年老いた“車”だった事も有りますが、スピードを出し過ぎる事も無く、運転の粗いドライバーに怒る事も無く…。
こういう旅行も良いものですね。
まるでスクーターで近所に買い物のに行くかの如くの様でした。~700㌔もあるのに~

ちなみに我が家の旅行で泊まるのはほとんどが会社が保養所契約をしているところばかりです。
2人で一泊5千円から高くても1万円です。
宿代をギューっと抑えて美味しい物をいただく方に回したいですからね。


また、来年度も“ゆとり休暇”の制度は続くそうです。
次回が楽しみになってきました。






CORGI TOYS DATSUN 240Z

1年も先の事ですよね…「ソチ五輪」。
明日は久々のシフト休の為、帰宅した後はゆっくりとTV漬け。
4大陸選手権のフィギュアで真央ちゃんの復活金メダルに歓喜し、佐藤健のドラマ「とんび」に涙し、そして今、女子アイスホッケーのオリンピック最終予選で日本の勝利に沸く。
女子アイスホッケーはソチオリンピック代表決定1号だそうですよ。
女子とは言えさすがアイスホッケーです。氷上の「格闘技」ですよあれは。
何はともあれ、おめでとう!

「CORGI TOYS No.394 DATSUN 240Z"in East African Safari Rally" - Red Body,issued 1972」

20130210 023 20130210 024 20130210 025
今日は“勝負”繋がりでこの車にしました。
いつ、どのタイミングで私にの下にやってきたのか全く覚えていません。
サイドの画像を見るとスケールバランスが合っていない様な気がしませんか?
一応1/43という事ですがデフォルメされていますよね。
まぁ、どの道精巧な物を求めているわけではない私のコレクションですのでこれで十分です。
20130210 026
大体このカットグラスのライトは無いですよね。オールドジクのミニカーの様です。
20130210 028
「MADE IN GT BRITAIN」

20130210 027

これから順次日本を代表する選手が決まって行くのでしょうね。
~ガンバレニッポン!~









LESNEY 20A E.R.F. STAKE TRUK

NHKのBSでアメリカの放送局が作った東日本大震災の報道番組を放送していました。
震災後1ヵ月位の状況だと思うのですが、人々の心の変化を桜の開花とリンクさせえているもので、編集の視点も今まで観てきた震災関連報道とは違っていて見入ってしまいました。
今、23時50分。
番組が終わってから2時間余り、自分のブログを2011年3月11日分から読み返していました。
日常生活のあわただしさの中、あの日が頭の中で影が薄くなっているのは間違いないのに気が付きました。
あの揺れは…今でも覚えています。
遠く離れた名古屋の地でも波長の長い異常な揺れが長い時間続きました。
家に帰ってから付けたテレビから叩きつけられた津波の現実…。
「人は忘れて行くことで新しい情報を取り入れる事が出来るんだ」と聞いた事がありますが、「あの衝撃」がこんなにも早く「過去の物」になって行くのに少し驚きでした。
ブログをやっていてよかったです。
その時、何を感じていたのかを顧みる事が出来るのですから。

「LESNEY 20A E.R.F. STAKE TRUK,issued 1956」

57年も前のミニカーになります。
20130207 014 20130207 015 20130207 016
20130207 017 20130207 018 20130207 019
よくここまで残っていてくれたものです。
私の手元に届いている古い、古い、ミニカー達は少なくとも私が生きている間は大事にしなくてはいけないですよね。

20130207 022
裏板には「LESNEY ENGLAND」とだけ打たれていて「20」のナンバーも打たれていません。

バリエーションは6種
1.マルーンカラーの本体、グリルとタンクがゴールド色、金属のホイール
2.マルーンカラーの本体、グリルとタンクがシルバー色、金属のホイール
3.マルーンカラーの本体、グリルとタンクがシルバー色、グレーのプラタイヤ
4.マルーンカラーの本体、グりルとタンクも同色のマルーン色、金属のホイール
5.濃い赤色の本体、グリルとタンクがシルバー色、金属のホイール
6.濃い赤色の本体、グリルとタンクも同色の濃い赤色、グレーのプラタイヤ
私は2台の20Aを持っていますが、共に20A-3です。

0_edinburgh_transport_cars_vans_lorries_-_thomas_smith_erf[1]
この間の抜けた「顔」、良いですね。私の感性をビンビンくすぐります。
窓のサイドがちょっとタレ目ぎみ?
20130207 020 20130207 021
微妙ですが、ミニカーの窓もタレ目ぎみですよね。


20130207 025

まだまだ「LESNEY」もコンプリート出来ていませんし、浮気性の私の事ですので他の古いミニカーにも手を出すと思います。
永い時を越えて私の下にやってくるミニカー達は私に元気を与えてくれます。

確かに日常生活の場面場面で、あの震災で観た映像に結び付けて思いを巡らす事は、これから先もどんどん減ってくるのだろうと思います。
でもどこかで立ち止まった時に「ふと思い出す」。これも大切な事なんでしょうね。



LEGO 250-2 HO Scale Esso Bedford Fuel Tanker Truck

日付が変わってしまったのでもう昨日の事になってしまいますが、おいしい「焼き肉」をいただきました。
W.M.C.Cのメンバーの方にお誘いいただき、初めての「大人焼き肉」です。
8連勤明け、久々のお休みの私は朝からダウン。今日が「焼き肉」の日だと言う事が完全に頭から消えていて…。
はっちさんからの電話で慌てて直行!
写真 (2) 写真 写真 (3)
イベリコ豚も美味しかったし、トンとろやモツも…子供連れでは味わえないゆっくりした美味しい時間を楽しめました。
~ごちそうさま~

「LEGO 250-2 HO Scale Esso Bedford Fuel Tanker Truck,issued 1957」
みなさんのおかげで発売された年等が判ってきました。
この車、2回目の登場です。
前回は震災から1ヵ月も経たない2011年4月2日
130205 008 130205 009 130205 010
樹脂製のレゴの宿命でしょうか、変形してしまったものでした。が、今回は…
130205 002 130205 003 130205 004
あるところにはあるものですね。半世紀の時を越えてもまだほぼ形を変えずに残っている物を手にする事が出来ました。
でも…。バリ違いの様です。
130205 012
裏板に打たれている番号が違います。
私が遊んでいた変形してしまった方のタンカーが裏板「4番」です。そして綺麗な方が「1番」。

美味しい物を食べたら元気が出てきた様な気がします。
エネルギーは満タン!
さぁ、明日は忙しくなりそうだし、がんばるぞ!

130205 006 130205 007





プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -