SOLIDO PEUGEOT 504 AMBULANCE

8日に入院した父が今日他界しました。
御歳82歳。自他共に認める苦労人で、“昭和一桁代表”と言っても過言ではない頑固者でした。
自宅に帰れる事を信じて疑わなかった私は、実家に電動リクライニングのベットを贈り着々と準備をしてきましたが残念です。
親父が幼少のころから抱えてきた苦労は他人の想像可能な範疇を大きく超えるもので、そのほんの一部を垣間見る程度出しか知らない私でもものすごいものです。
私のやり残した事のひとつは、新しい私の愛車に乗せてあげられなかった事。
アテンザ
前の車では本当にいろいろな場所に連れて行きましたからね。
きっと親父もどこに連れて行ってもらえるか楽しみにしていたはずですから。

「SOLIDO PEUGEOT 504 AMBULANCE」
20130830 010 20130830 011 20130830 012
呼吸をする親父が乗った最後の車は・・・結局「救急車」でした。
きっと本人もすぐに帰れると思って乗ったに違いありません。

生意気にストレッチャー付きですよ。
20130830 015
この何週間か不可欠な物としての“命の空気”を与え続けてくれた酸素ボンベも積んでいます。
20130830 013
すごいマシンです。

でもこのマシンの最高さは外箱にあり。
20130830 008
20130830 009
ソリドの日本総販売元としての販売権を「アサヒ玩具」にあり!という事が一目瞭然です。

「アサヒ玩具」が英国のコーギ社、フランスのソリド社と販売契約を結んだのが昭和37年。
つまり私の生まれた年です。

何か不思議な因縁のあるこのミニカーを今日、紹介させていただく事は何かの縁なのでしょう。




スポンサーサイト

SCHUCO PICCOLO CITROEN H KASTEN

昨日昼過ぎに親父が救急車で掛かり付けの病院に運ばれました。
あれやこれやいっぱいの持病を抱えた親父もこの暑さの中で体調を維持できなかった様です。
しばらく入院が必要と言う事で“HCU”という救急入院病棟に入りました。
家に帰ると朝の3時半…。早番勤務の日で有ればそろそろ起きなければいけない時間です。

運ばれてから約一日が過ぎた今日の昼過ぎ、お袋と妻を連れてお見舞いに行くと先生からお話があると言われ暫し病室で待機。そういう時って悪い事ばかり考えてしまうんですよね。

しばらくすると若いが賢そうな先生が入室。
循環器科で対応させていただくという件が告げられた後、持病が多く、急な判断を要する事態になる可能性があるがその時にどう対応したらいいのかを決めてほしいというものでした。
機械を付けて命を永らえる措置を取るのか、自然に任せる措置にとどめるか…?
これまで先端の技術を前に何度も何度も危ない状況を救ってもらった親父ですが、こういう2つに一つの判断を迫られる時がやって来てしまいました。

…と言っても今すぐどうのこうのでは無いのだろうと思います。
瞬間の判断を求められる場面でどういう措置を取ればいいのかという事を家族の意思として把握しておく必要があるのでしょう。

明日からお盆休み無しの7連勤が待ち構えている私の勤務です。
なかなか病院を訪ねる事もままならない状況ですが、悔いの残らないようにしたいものですね。

「SCHUCO PICCOLO CITROEN H KASTEN」
20130809 009 20130809 010 20130809 011
こんな事態に何故にミニカーって思わないでくださいね。私の気持ちを落ち着かてくれるのもミニカーの効果ですから。

大好きな“ピッコロ”です。
大好きな“Hトラック”です。
いいですよね。見た目通り、まさに“鉄の塊”。重いです。
別に気持ちが“重い”からこの“Hトラック”にしたわけではないですからね。
確かに気持ちが“軽い”わけではないですがね。

それよりもお袋の複雑な思いを垣間見ると、今後抱ていくだろう数々の課題の大きさに、荷台の大きなこの車にしたのかも知れませんね。

20130809 012

このマスクの様な確固たる信念を持って力強く支えていかなければいけないとあらためて思い知らされました。


まずは自分も体調を崩さない様にしっかりと。

20130809 013





hpi CELICA GT-Four

昨晩はこの地方は大雨だった様で…私の住む地域では夜半から激しい雨音は聞こえていたものの、名古屋の別の区で浴びせられていた水の猛威を実感する事も無くのんきなものでした。
シフト休の今朝になって情報番組から流れてくるこの地方の映像に驚くばかり…。
そういえば、昨晩のテレビでは大雨洪水警報の情報やどこどこの電車が普通になっている等のテロップが次々と出ていた様な?
今日も関東では大雨なんですよね。ついこの前も中国地方で水の被害があったばかりですよね。へんな天候が続きます。

休みの今日は、いつもの様にお袋さんを病院に連れて行きそのまま買い物へ。
親父はこのところ元気が無く、昨日今日の様な天候の変化があるときは特に調子が悪い様です。
家にこもるのでは無く、出来れば外の空気を吸って景色を見れば気分も変わると思うのでうがね、今日は家に居るといって付いては来ませんでした。

そんなこんなで休みの定番の仕事も午後に入ると終わります。

ここからが私のストレス解消、本当のお休みです。

「hpi CELICA GT-Four 1991 Tour de Corse〔#15〕」

20130806 009 20130806 010 20130806 011
妻がパートから帰ってくるまでのわずかな時間ですが、ミニカーの整理です。
他愛も無い事ですが、この時間がいいですね。

手に取ったのは“hpiのセリカ”。
この完成度の高さ、手頃な値段、もう癖になってしまいます。

20130806 014 20130806 013

この車カッコいいですよね。このセリカを見るといつも思い出す映画があります。
私をスキーに連れてって”。
出来れば逆さでひっくり返っているところの写真を撮りたいのですが、このレースカーではアンテナがあるので残念ながら出来ません。

20130806 015 20130806 012

hpiはダメですね。一台一台に見入ってしまい時間が掛かって仕方がありません。


さぁ、明日からは棚卸の準備もあって10連勤が待っています。






 

MATCHBOX No.45-A FORD GROUP 6

今日8月1日は私にとってはひとつの“記念日”で、誰も覚えていないののに私一人がこの“記念日”を40年以上大切に思い続けてきています。
「何の記念日」かって?
“始めて新幹線に乗った”記念日なんです。
遡る事…43年も前の1970年。小学校2年生の私は思いがけずというか全く計画性が無い中で突然「新幹線」に乗ると言うチャンスに恵まれます。
車内は満席というか通路にも人・人・人…(という事は自由席の車両だったんですね)。
向かった先は「大阪」。
「1970年」「大阪」…ピンときた方は50歳以上の方ですよね。
そう、世界の国からこんにちはの「万国博覧会」です。
その日は日曜日で何を思いついたのか親父が突然「万博に連れて行く宣言」。
慌てたのはお袋で用意してあるお金があるわけでは無く芭蕉の如く「取もの手につかず」名古屋駅へ。
金魚のフンの如く付いて行く私には何が何だかわからないまま“新幹線デビュー”と相なるわけです。

万博の思い出?有りません…。どのパビリオンも長蛇の列でどこにも入れず…。ただ、お昼もお金が無くて外国の変わった料理には目もくれず、“日本そば”のお店に入ったのを覚えています。

まぁ、連れて行ってもらえただけでも良しとしなくては。

「MATCHBOX No.45-A FORD GROUP 6 issued 1970」

20130801 036 20130801 037 20130801 038
1970製のトミカを探しましたが、そんなに高価な物が我が家に有るはずも無く…。
“LESNEY”の域を出てしまったマッチボックスはなかなか紹介するチャンスも無いのでこれを機に…。
よ~く見るとカッコいいですよね。
やっぱりバリーションがあるんですよね。久々にバリエーションチェック!

1.ノンメタリックの濃緑の車体、無塗装の裏板、透明の窓、銀色のエンジン、丸い「7」のシール
2.緑の車体、無塗装の裏板、透明の窓、銀色のエンジン、丸い「7」のシール
3.緑の車体、黒色塗装の裏板、透明の窓、銀色のエンジン、丸い「7」のシール
4.緑の車体、黒色塗装の裏板、透明の窓、銀色のエンジン、丸い「7」のシールと「Burmah」のシール
5.緑の車体、黒色塗装の裏板、透明の窓、銀色のエンジン、四角い「7」のシール
6.緑の車体、無塗装の裏板、透明の窓、銀色のエンジン、四角い「7」のシールと「Burmah」のシール
…もうやめにしましょう。
私の持っている資料本だとバリエーションが「35」も載っています。
ちなみに私のは、
20130801 041 20130801 040 20130801 039
…という事で、MB45A-5と言う事になります。

いやぁ~、見れば見るほどカッコいい。
20130801 044
こんな車を走らせてみたいものですよね。
…こんなメタボじゃ無理ですよね。運転席チョう狭そ~。


もうひとつ、今日を記念日にしたい事がありました。
ドナドナドナ…。

20130801 031
車検切れのステージアがとうとう陸送車で運ばれて行きました。
運転手さんにちょっと聞いたら…海外ではまだまだいっぱい走っているから送られて部品どりされるだろうだって。
~聞かなきゃよかった~

苦楽を共にした友との判れ…バシバシ写真を撮る私を横目に妻は呆れ顔…。


20130801 042
さぁ、ふっ切れた様な気がします。






プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31