LEGO VW T1

今朝、休みなのに珍しく早起きする次男坊…何でも新しく始めた“バイト”の初日らしい。
大学生になり、便利屋を中心にバイトしていた奴でしたが、映画好きの奴がずっと狙っていたのが“シネコン”。
名古屋の場末にある我が家ですが、幹線道路が新しく通った事で大型の複合施設に隣接されたシネコンまで車で10分程で行けるようになり、シニア割引の対象になった私達夫婦が映画を観に行く機会も増えてきました。
長男坊の通学用に原付を買い与えましたがそのバイクが“ヤマハのボックス”。
2回生になり、学舎が市内に移った次男坊も公共交通機関での通学からバイク通学に変更。
奴が探して来たのは何と“中古品”。
長男坊と同じ様な金額で決めて来たのが“中古”ですよ!ほんと変わりものです。

奴のバイクは“ホンダのソロ”。
2007年に販売終了しているので中古しか無いのは判りますが…。
写真 (9)
どこでもドアを手に入れた彼は満を持して決めて来たのが「シネコンのバイト」。
まだまだ学生時代は続きます。楽しく充実した学生時代を過ごしてほしいものです。
ちなみに“シネコンのバイト”と言っても難しいらしく、最初は“掃除係”からのスタートの様です。
良い勉強をさせてもらえるのでしょうね。

「LEGO VW T1」

20131026 002 20131026 003 20131026 004
私にも今日は楽しみが…“オフ会”です。
ミニカー好きの親父連中が集まる月に1度の会合で、毎回何の話をしたっけ?って覚えていないくらいいろんな話で盛り上がります。でもミニカーの話をした覚えはほとんど残りません。
仕事を離れ、同じ趣味の仲間と過ごすあの肩の凝らない時間、あの場所がすごく好きで私には大切です。
さぁ、今日も気分を軽くしに行きましょう!!

LEGOのミニカーの世界にハマってしまっていますが、何台かが集まって来ています。
この車も最近仲間入りした1台です。
20131026 006 20131026 007

2012年の11月16日にも“同じ車の色違い別バージョン”を載せていますが、このバージョンもなかなかのお気に入り。
プラ製だけあって部品の欠落は有りますが致し方無しですよね。まぁ、これも“味”です。


ちなみに今日の次男坊の“バイト”は“掃除”では無い様です…
ハロウィンのイベントでの警備係…。大丈夫だろうか?


20131026 005



スポンサーサイト

MIDGETOY ROCKFORD ILL

ガズーのホームページにアップされていた“AKB「恋するフォーチュンクッキー」を日本交通が踊ってみた”の文字。
エッ?タクシー会社?
エッ?AKB?
興味が湧かないはずが無い。

クリック…YouTubeが開き…
面白い!実に面白い!社長から食堂のおばさん、如いてはお客さんまでが「恋するフォーチューンクッキー」を踊っている。
何とも言えないハッピーな気持ちにさせてくれるいい映像でした…と思ったら、結構多くの会社がこの曲に乗せて同じような映像をアップしているんですね。
これって何かのイベント?キャンペーン?
それにしてもみんないい顔して踊っている。
何かもやもやしていたものが一気にふっきれた様な爽快感を覚えました。
幾つか観ましたが思いのほか多くの映像がある様なのでしばらくは楽しめそうですね。
ハマりそうです。
私の勤める会社じゃこんな事をやるなんて想像もつかないですね。
自分がやる何て事は想像もつかないですが、ちょっとうらやましい感じがします…

「MIDGETOY ROCKFORD ILL」

20131021 027 20131021 028 20131021 029
この「MIDGETOY」ハマりそうです。
このチープさはこの上無いですね。
20131021 030 20131021 032
何で裏板も無いんですから。これ以上の簡素化は無理でしょう。
アメリカのミニカーです。
アメリカのミニカーってホットホイールしかりのハイスピード物のイメージが強く、どうしても欧州の古い物を中心に探していましたが、完全に眼から鱗です。
ネット上で日本語の情報を探すのは難しそうですが、海外ではコレクターが多いのか容易にいっぱい見つかります。
http://www.esnarf.com/MTstory.htm
ちょっと時間を掛けて読みたい内容の様です。

さぁ、このメーカーのミニカーに次に出会えるのはいつなのか?
また楽しみが増えました。

20131021 033

ミニカーって本当に奥深い…。



追記:楽天、チーム創設10年目での初のリーグ制覇+日本シリーズ進出決定おめでとう!
   9回裏、リリーフで出てきたマークンが2アウト…
   塁上のランナー2人…
   しかもバッターボックスには井口…という場面にはちょっとハラハラしましたよ。





CORGI No: 341 MINI MARCOS 850GT

夜中の風の音の凄さ。
マンションの最上階とは言え6階程度の物。
建屋の脇に小川があるのですが、さすがに台風で集められた水量まで来ると大きな音で響いてきます。
風音も同様、周りに高い建物が無い事もあり、風が建物を擦って流れて行く風切り音も聞こえます。
レンジフードの蓋でしょうか金属の何かがバタバタする音もしました。
寝付けないながらもいつの間にか寝入り、目が覚めると青空・・・。
台風が空気を一掃してくれた感じです。

TVを付けると関東域の情報が映されています。
「10年に一度の大型台風」という事前情報があったおかげか、大きなトラブルは無く済みそうですね。
それでも被害が無かったわけでは無い様でこれから関東を過ぎた台風が向かう東北・北海道の方も心配でしょう。
名古屋は10時を過ぎるこの時間になっても忘れた頃に突風が駆け抜けて行ったりします。


「CORGI No: 341 MINI MARCOS 850GT」
20131015 001 20131015 002 20131015 003

「ミニ・マーコス」
20131015 004 20131015 006

こんな車の存在、恥ずかしながら私は知りませんでした。
“ジャガー”か“Z”をムギュ~っと潰した感じの車ですよね。
51歳の誕生日に、お仲間からいただいた物ですが、ネットでは「スポーツカーの名車」と評される物も有ったりします。
調べて行くとすごいマシンで1966年の「ル・マンの完走車」の中に名前が有ったりします。
知らんかったなぁ~。

このコーギーの“マーコス”はギミックが多彩です。
20131015 005
ドアもちゃ~んと開きます。
ドアには実車にも丁番の形が判る出っ張りがありますからね。やっぱりモデルカーでも開いてもらわないと…。
ボンネットもこの開きます。中には小さなエンジンが座っています。“ミニ”のエンジンでしょうね。

もうひとつ…というかもう4つ…。
20131015 007 20131015 008 20131015 009
何と“タイヤ”が外せます。こんなギミックのついたミニカーは持っていなかったのでビックリ!
20131015 010 

台風で水に浸かった道を走った事がありますが、車が停まってしまわないかヒヤヒヤしながら運転した覚えがあります。
水の中で止まってしまったら万事休す!
“マーコス”に乗っていたのならみんなが馬鹿な冒険をしないように止めてくれるかもしれませんが、
車が大切なのは“マーコス”であろうが無かろうが一緒の事。
降雨量が多い時は運転しないと言う判断も重要なのかも?


20131015 011
それにしても…“知らんかった”がいい車ですね。


Special Thanks To Noppo-san



10月18日23時30分追記

このブログの中で“大きなトラブルも無く…”と記しましたが、昨日今日のニュースでは伊豆大島の土石流の被害の状況が刻々と知らされます。
私がブログを書いたのは、ちょうどシフトの休みだった事もあり、めざましテレビを観終え、そのまま小倉さんのテレビを付けていた時間帯です。
目覚ましでは大島の話は出ていなかった様に記憶しています。
小倉さんの番組では大島と連絡が取れないという事から始まり、島に住まわれている方2人携帯でつなげての情報の伝達がされました。が、その2人からも“雨がひどかった”という話はあってもあの惨状を連想させるような言葉は有りませんでした。
島という事もあり、歳の大きい方が多く亡くなられていている様です。何と言う悲惨な状況か。

今晩のニュースでは命のリミットと言われる72時間に迫っている事が伝えられる一方、台風27号が同じような進路を辿って近づいているという事も言っていました。
これ以上の被災が起きない事を願います。





TOMICA LIMITED HONDA F1

今日はF1日本GPの日。
私が結婚した25年前からしばらくは爆発的な人気でフジテレビでは前夜祭何て言う番組もやってました。
放送は当然“地上波”です。今のようにBSフジのみで細々と放映されている状況に至ってしまうなんて想像も出来ません。
バブルがはじけていろんな事が変わりましたが、大きく変わった物の内ひとつが“日本の中でのスポーツとしてのF1の立ち位置”だと思うのですがどうなのでしょうかね?
私の勤める会社も当時F3000のスポンサーをしていましたが、バブルがはじけてしまい、あっさりと止めてサッカーチームのスポンサーになってしまいましたからね。比べ物にならないほど安かったらしいですから…。
確かに年に何回かしかTVに映らないレーシングチームの支援よりも週2回は夜のスポーツニュースを賑わすサッカーの方が効果は大きいですもんね。

かくいう私も、今、BSフジのテレビ放送を観ながらこのブログを書いている位ですから醒めているのかもしれません。
昔はトイレに行く事も忘れるほど番組に集中していました。

「TOMICA LIMITED No.0123 HONDA F1」

20131012 016 20131012 017 20131012 018

順位を決める勝負の世界だけあって、このリミテッドも何と“No.0123”…
20131012 023
出来過ぎです。

昔って年末に「総集編」をやっていましたよね。
シーズンが始める前の開発期間から追いかけて各GPの裏側からレース本戦迄を1年間の流れとして理解するにはこの上ない番組で、これを見て“F1”の虜になっていった様に覚えています。
今はそのんな番組はつくられていない様ですので新しい“F1ファン”を増やしていくのは難しそうですね。

私が“F1”好きになったもうひとつの理由は“マシンの美しさ”。
このマシンも十分美しいですよね。
20131012 020 20131012 021 20131012 019

速さを極めるのと美しさを極めるのはイコールなのかもしれないですね。

20131012 022
ため息もの美しさ…。

モータースポーツの復権はあるのか?























TOMICA No.17 HONDA CIVIC

今日、四十九日の忌明け法要を終えました。
何かひとつの区切りを終えた事でほっとした感があります。
お寺さんは東区の“禅隆寺”さんです。市内の中心にあるので、それほど広くない境内ですが、見事に配置された木々に静寂さすら感じる空間を味わえる素晴らしいお寺です。


“人”というのはやはり簡単な存在では無く、人一人亡くなる事で派生する多くの作業に時に閉口し、時に感心し、時に思いに耽り…。
共通して感じるのは“親父”が為してきた事の大きさ。
亡くなってから見えてくる波乱万丈の人生。頭が下がる思いです。

昨日、北海道から法要に合わせ兄がやってきました。
お袋とセントレアに迎えに行き、その足で親父の足跡をたどるドライブに行きました。

親父の銀行の口座は既にロックされていますが、その引き継ぎには「改製原謄本」という“生まれてから亡くなるまでの一連の戸籍の途切れていないもの”が必要と言う事した。
名古屋市の区役所に行くと昭和59年より前の物が無いという事で、残りは親父の心の故郷長野県下伊那郡下條村…。
郷里の叔母に取得を頼んだのですが、“委任状”必要と言う事ですぐには入手できず、さらに驚いたのが私達が親父の郷里と信じていたその村の役場でも5歳より前の戸籍は別の村にあるという事まで判りました。
叔母に委任状を送付し取得する事も可能でしたが、母がセントレアに行くハンドバックに忍ばせたのは“父の写真”。
行く気満々の母に背中を押される形で残された母子3人での父のルーツ探しのドライブと相なったわけです。

高速をひた走り見慣れた親父の故郷“下條村”にある役場に到着。
手にした“父の戸籍”は手書き。細かい文字で家族の変遷がびっしり書かれています。
おじいちゃんが誰と誰の間に生まれた子だったのか…。
その親は誰なのか…。
おばあちゃんの実家は…。
おじいちゃんの兄弟は…。知らない名前がいっぱいいっぱい出てきます。
母の実家、誰と誰の間に生まれた子なのかもしっかりと記されています。
その先に兄や私の名前も記されています。
脈々と受け継がれていく“血”が圧倒的なパワーで私に語りかけてきます。
でもそこには“生まれてきた父”が最初に戸籍にその名を刻んだ場面は記されていません。

隣村、“阿南町”の役場に…。
さらに細かい戸籍が待っていました。旧字のオンパレードで読み上げることすらままならない謄本です。
その中におじいちゃんの名前とその嫁、さらにその子…ようやく親父の名前のスタートの場に到着です。

2歳になる前に母を亡くし、5歳で継母を得る親父。
15歳で軍需工場での勤労に従事、16歳で名古屋に出てきて縁あって電力会社に勤務。
夜間の高校に通いながら仕事をする言わば勤労学生で、父と継母の間に生まれた弟妹が高校に通うお金を出し…
働きながら勉強をし、私が生まれた後に一級建築士の免許を取り…
聞いていた話はすべて苦労苦労の連続の話ばかりなのですが、判っている話の後ろに控えているバックグラウンドを見る事が出来たように思います。

ちょっと疲れましたが、こんな事でもなければ決して行えなかった自分のルーツ探検に大満足の一日でした。

「TOMICA No.17-5 HONDA WONDER CIVIC 3DOOR,issued 1984」

20131005 003 20131005 004 20131005 005
20131005 008

私にとっての車の“ルーツ”を載せることにします。
“ワンダーシビック”です。大学2年の時に買った私の最初の車です。
当時、車体価格は107万円だったとおもいます。当時の東海銀行(現 三菱東京UFJ銀行)で親父の名前を借りてローンを組み、社会人1年生の途中まで毎月1万5千円を払い続けました。
懐かしい…。
親父は免許は持っていましたが車は無し。
私が子供の頃はどの家にも“マイカー”があると言う時代では無く、車の購入のタイミングを逃した親父は結局一生ペーパードライバーでした。
そんな父はマイカーを持った私と行くドライブが好きでした。

20131005 006 20131005 007

親父のルーツを辿る旅、親父はにこっと笑った写真で、今回も付いてきました。








プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2013/10 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -