SIKU V267 OLDSMOBILE TORONADO

昨年末から頭を悩ませていた店舗の棚卸作業がようやく昨日で終わりました。
今はまがりなりにも乗りきった安堵感に浸っています。

後は始末書を書き上げる作業が残ってはいる…。
監査部の監査を受けなければいけないのは必至…。
頭を過る心配事は数々あれどまぁ何とかなるでしょう。

本当に久しぶりのお休み…身も心もボロボロな私は今日も迷うことなくDVDを…。
このところこのDVDには随分と救われました。
何か良いんですよねぇ~。一つ一つの物語が心に沁みてくると言うか…。
「深夜食堂」です。
深夜食堂
年末の忘年会オフ会の際に“こんすけさん”からお借りしたもので、何度も何度も観返しています。
“たこの赤ウインナー”もいいなぁ~。
“バターライス”も捨てがたい…。
何回も観て内容はがってん承知の助のはずなのに…今日は朝から第10話まで連続観賞!
ここ数日、ピリピリした毎日を過ごして来たのですが、気持ちが少しほっとしました。

「SIKU V267 OLDSMOBILE TORONADO」
20140130 006 20140130 007 20140130 008
これも良いでしょ。“深夜食堂”とは違う意味で“力”をくれる古~い車です。
詳しい事は良く判りませんが、1967年から1974年まで生産されたモデルでは無いかと思います。
20140130 009 20140130 011 20140130 010
“SIKUのVシリーズ”って結構味が有りますよね。
このブログでも既に何台か紹介していますが、車種選択が良いので経年の味がとても感じられる物ばかりです。
20140130 012
ただ残念なのはこの車の“ヘッドライト”。
本来ならプラスチック製のライトが嵌っているはずなのですが…。これも経年の味の一つでしょうかね。

 20140130 013
さぁ、1月も明日でお終いです。
早いものですよね。ついこの前“おせち料理”を食べたばかりなのにもう“節分”がすぐそこに迫って来ていますよ。











スポンサーサイト

FREE WHEELS LOTUS FORD 49B

今日載せるのは2011年2月25日以来のミニカーメーカーの車です。
日本模型株式会社(ニチモ)社の物ですが、最初に載せた時、余りの可愛さにコンプリートするぞ!と制覇を宣言。
もっともシリーズが全10種類しか無いという事が判っていての発言ですので、時間の問題かなぁという思いが頭に有っての事でした。でもなかなか世に出てこないですね。
つくられたセット数もまったく「?」。
ウィキペディアを見てもプラモデルを作ってきた歴史は把握できてもミニカーをつくっていたと言う事は記載されておらず…
「全10種」というのも箱に10種類の名前が記されているから判った事で情報が少ないミニカーです。
今回新たに4台をゲット!載せていなかったもう1台もあり、6/10のコンプ状態になりました。

「FREE WHEELS No.20005 LOTUS FORD 49B」

20140121 008 20140121 009 20140121 010

このミニカー、いつ頃の物なんだろうか?
20140121 016
ミニカーの入っているケースは透明のプラ製ですが、ミニカーが乗っている箱の台はあまり見かけなくなった「セルロイド」製…。
味のあるチープなデザインにやられてしまいます。

このミニカーの愉快な点がもう一つ。
遊び尽くされたミニカーってよく軸がハの字に曲がったりしますよね。
私の好きなLESNEYは太い鉄の棒ですので余程の事が無い限り曲がらないと思いますがマッチボックスのスーパーファーストやトミカなんかも遊ばれた濃さによって車輪がハの字になります。
当のミニカーにとっては“遊んでもらえた勲章”の様な物なのかもしれませんが、このミニカーに至っては何と!「分解して直せる」という特典付きです。
20140121 015一部分をアップすると…
20140121 014ほらこの通り!よ~く考えられたチープマシンです。


20140121 012 ロータス 20140121 013
気持ちは判るけれどちょっとウィングがきつ過ぎない?実車と違い過ぎ!

20140121 011
残りの数台はまたいつかアップします。

今回のニチモのミニカー「No.20005」…何処から数えて20005番何だろう?
20001番からスタートしたものなんだろうと思っていますが、まったくの判りません。
もっとも20001番から始まって20010番で終わってしまうなんてちょっとさみしいですよね。



MICRO NOREV RENAULT DAUPHINE

久々のお休み。
棚卸の関係で超~忙しい半月で、この6日間は早朝から夜遅くまでバタバタ。
まだまだ1週間くらいはこのバタバタが続くと思うので今日はストレス発散の貴重ないちにちとなるわけです。
が、朝から予約をした医者通い。3ヵ月毎の採血検査の結果は…良好。
そりゃ薬を飲んでいますからね。当たり前といったらその通り。

布団に入れば5分で寝入ってしまう自信がある位くたくたな今日ですが、せっかくの休みと意を決し(何て大したことは無いですが)マイブームの“伊勢だより”を求めに名古屋の繁華街に…。
1月20日
今日1月20日の“伊勢だより”は伊勢浜島神社の「初笑いまつり」。
疲れている心を癒すにはちょうどいい滑稽な絵柄でした。
ついでに…。
写真 (3)
冬期限定の“赤福ぜんざい”をいただき疲れている体も癒していただきました。

「MICRO NOREV RENAULT DAUPHINE」
20140120 022 20140120 021 20140120 023
このブログで2台目の「NOREV」のミニカーとなります。
1台目は2012年の9月7日に乗せたシトロエンのバギーでした。
スケールもメーカーも、また、新しい車…というすべての条件がコレクションの対象外でしたが、バギーという車の面白さが有ったため載せたものでした。
「NOREV」はウィキペディアに依るとダイキャスト製のミニカーをつくるフランスメーカーと有りますが創立された1946年はプラスティクのモデルを作っていたそうです。
同社がダイキャストモデルを作り始めるのが1971年という事ですので…
このモデルはつくられたのが70年より前の年代だった事も、プラスティック製という古い時代のものである事も、チープな作りで有る事も私のコレクションのまさにドストライク!って感じです。
20140120 025
スケールは10円玉と比較してもこの大きさ。可愛いったらありゃしない。

どーふぃん
実車もこの通り…ドストライク!三振バッターアウト!って感じです。

今週末は“店長のひとりごと”での「W.M.C.C」の新年会(と言っても通常のオフ会の1月の会ですがね)。
今週、ちょっとハードワークで飛ばしてしまっても週末にはストレス発散の場が用意されていると言うベストタイミングです。ガンバろ~っと。

20140120 024




LESNEY NO.K-1 WEATHERILL HYDRAULIC SHOVEL

今日1月13日は成人の日の祝日。
マイブームの“赤福のしおり”も今日の日を祝っています。
140113.png

裏書きには…
 
はたち、成人の日。
「背丈ばかり大きくなっても‥‥」と、親御さんは嘆いてみせますが、そのお顔からもつい笑みがこぼれます。
それにしても、日本人は昔から、二十年ごとに年を区切ってきたようです。
神宮のご社殿の造営、「ご遷宮」が二十年ごとと定められたのは、千三百年も前のこと。
成人式の方々、おめでとうございます。
そこまで育てられたご両親には―――ご苦労さまでございました。

一月十三日  各位  赤福十一代目 店主

この画の如く、成人の日に親子でお伊勢参り…何て言うのも今は昔。
我が家にもこの祝いの日の対象者が若干1名ほどいますが、当然の様に2次会、3次会…。そこには親の入りこむ隙間すらありません。
市主催の集まりの後は中学校の集まり…クラブ活動の仲間の集まり…今ごろは何次会をしているのだろうか?

私の頃には…そうか、もう三十年以上も前の話かぁ。
式典を終え、仲の良かった男3人でボーリングをしたっけなぁ~。

今日の成人の日、出掛ける前に玄関で写真を撮ったのですが、妻と息子のツーショット。
妻の顔が嬉しそうだったなぁ~。

「KESNEY NO.K-1A WEATHERILL HYDRAULIC SHOVEL,issued 1960」

20140112 007 20140112 008 20140112 009
1960年のミニカー…50年以上前のミニカーがこんなにきれいな状態で残っている事が嬉しいですよね。
私と一緒の成人の20年2.5回分です。
“LESNEY”の“K”シリーズはレギュラーサイズの“LESNEY”とは違って若干精巧に作られていますが、このNo.1はさすが“LESNEY”のスタートに近い時期の物だけあって何と言えないチープな味があります。
20140112 012 20140112 013 20140112 010
“LESNEY”ですのでバリエーションを紹介したいのですが、このNo.K-1Aは1種類だけです。
K-1A-1:黄色い車体に黒ホイールのグレータイヤ
後に「PREPRODUCTION MODELS」として色違いの物が売られた様です。


20140112 011

個々各々自分の時間の使い方をする成人の日の我が家の一姫二太郎の子供達ですが、私は妻と二人で名古屋駅の高島屋の“赤福”のお店にこの“伊勢だより”をいただきに行ってきました。



長男坊の“成人式”の日にはそれなりの感慨は有りましたが今回は2度目という事で…。
次は長女の番です。まだ高2ですので先の話ですが、着物を着るのだろうか?
街で見かけた着物姿の新成人の方に何年後かの娘の成人式の心配をする馬鹿な親でした…。



TOMICA MAZDA ATENZA

何故今ごろ?
今日載せるのは私が乗っている車です。
トミカ化されるのが判ったのはちょうど車の契約を交わした直後だったと思います。
自分の乗っている車がトミカになる事はコレクターとしては嬉しい限りで10月の発売を心待ちにしていました。
では何故今ごろなのか?

「TOMICA No.62-9 MAZDA ATENZA ,issued 2013」
20140111 009 20140111 010 20140111 011

ひとつはこの車(実車)が届いた時期。8月の12日の納車。
親父の入院が8月8日で、結局新車に乗る事無くそのまま亡くなってしまいました。
生涯ペーパードライバーだった父は私の運転でのドライブが好きで、趣味の画を描きによく出かけたものです。
前に乗っていた車以降、ステーションワゴンにこだわって乗り継ぎたいと思っている理由の一つが絵の道具を載せるスペースが必要な事も有りました。
父は新しい車が届くのを私以上に心待ちにしていたのだろうと思います。
メーカーの生産能力の問題なのか?売れ過ぎが問題なのか?納車まで2カ月近く掛かってしまいました。
別の車を選んでいたたら乗せられたのかもしれません。
ちょっと残念なスタートでした。

もうひとつの理由はトミカ化されたのがワゴンでは無くセダンだっとという事。
販売台数は圧倒的にワゴンらしいのですが、トミカはセダン…。ちょっと引きましたね。

実車、良いですよ。クリーンディーゼルを選んだのですがパワーが有って小気味よい動きをしてくれます。
ちょっとパワー負けをしてハンドリングが付いていけない時が有りますが、満足、満足…。

この車、偉そうに運転を点数化して採点してくれるんですよ。
エンジンを切るときに…良い運転ですとか、アクセルを踏み過ぎですとか…機械に説教される様になったらダメですね。
燃費は13~15㌔/L。前のステージアが5~7㌔/Lのガソリン車でしたから家計的は随分貢献していると思います。

20140111 014
マツダの「顔」がみんな一緒になってきていますよね
CX-5にせよこのアテンザにしても一緒に見えます。
ましてや直近で発売されたアクセラに至ってはアテンザの双子の弟の様な顔をしています。
ブランドデザインが統一されていくのも時代の流れでしょうね。


さぁ、このミニカー…やっぱりワゴンじゃないのが残念無念!
こうなったらワゴンを作るか!
2014年中にはこのセダンをパテ盛り盛りのワゴンを作るぞ!


20140111 012
歳のはじめにこんな宿題。良いですよね。



JOUEF SIMCA ARIANE

私のミニカーコレクション。
“自称トミカのコレクター”として参加したミニカーコレクターの集まり“W.M.C.C”で、ミニカーを好きになった始まりが子供の頃に遊び親しんだ“LESNEY”だったんだと気づかされました。
改めて国内外のオークションを中心に“LESNEY”を集めまくった結果このブログでも判る通り子供の頃に遊んだ覚えのある物はほぼほぼ手中にしました。
まだまだコンプリートとは行かないですが、これから先は“縁が有れば”という状態です。

単純な私はみんなの影響を受けやすく、“LESNEY”に懐古してしまったのもそうだし、スケール的に対象外だった“HPI”を集め始めてしまったのも同様です。
ここ最近では“LEGO”のミニカーをはじめとするプラスティック製の物にまで手を出してしまっています。
ちなみに“LESNEY”の世界への懐古に導いたのは店長で、ぼろぼろのミニカーへの愛着を教えてくれたのが鶏さん。“HPI”の道に引きづり込んだのはken-6さん。そして樹脂製のミニカーについてはのっぽさんとなります。

「JOUEF SIMCA ARIANE」
20140109 007 20140109 008 20140109 009
フランス製のプラスティック製のミニカーです。サイズは「HO」のスケールです。
20140109 010
この“JOUEF”社は、第二次世界大戦の終戦を翌年にした1944年の創立です。
主に鉄道模型を成形しやすい樹脂で作成していた会社という事です。ミニカーはそのHOサイズの鉄道模型用の飾りなのでしょうか1960年から製造を開始しています。
ミニカーも鉄道模型と同様で単純なワンピースのモデルという事ですので、今回紹介したモデルの意匠と合っていますよね。
この“シムカ・アリアン”という車自体、1957年~63年の間の製造です。
1960年というと私が生まれるよりも前という事になります。50年を余裕で越えてしまう時を越えたミニカー、しかも壊れやすい樹脂製。私のコレクションに加える条件には十分過ぎる魅力を持っていますよね。
まるで“グリコのおまけ”の様なミニカーですが、いい味出しています。


“W.M.C.C”のメンバーの方で“LESNEY”物を集めている方っているのだろうか?
私は影響力を発揮できるタイプでは無いのでまぁこんなものでしょう。
~“LESNEY”って魅力がいっぱいあるのになぁ~

20140109 011

SCHUCO MODELL No.301 845 BMW2002 TⅡ

今朝は雨のせいか寒さが少し緩んだ気がします。
久しぶりの雨ですが…願わくば…“雪”が降ってくれれば嬉しいのだが…。
せっかくスタッドレスに履き替えたのに…。
でも名古屋で雪が降ると、わずかな雪でも街は大混乱になるのは必至で、やっぱりこれで良いのかも?

岐阜に10年程勤務していた事もあり、冬にスタッドレスは必需品。
住んでいたのは岐阜市内でしたので、“雪”に関しては名古屋より多少は多いものの五十歩百歩。
でも西の大垣・関ヶ原等の西濃地方、東の中津川・多治見の東濃地方はそこそこ降る事も多く、岐阜市内の方はスタッドレスを履いてちゃんと準備しているんですよね。
だから突然の“雪”でも動じることなく混乱は無いわけですが…。
名古屋は“冬”と言われる季節の間でせいぜい2~3日しか降らないので、ほとんどの車は年中ノーマルタイヤ。
当然、“雪”への対応は取れず街中大混乱!という状態になってしまいます。

私は名古屋に越して来てからも“冬のスタッドレス”は決まり事として履いています。
3年もつとして、7万円÷3で年間2万円そこそこ…。安全の保証金みたいなものですよね。

今回は車自体を代えた事もあり、前のステージアで履いていたホイールが合わず、アルミ毎替えたので結構な金額になってしまいましたが、迷わず購入!
せっかく買ったんだからやはり“雪道”を走りたいですよね。

「SCHUCO MODELL No.301 845 BMW2002 TⅡ」
20130108 009 20130108 010 20130108 011
脈略も無くシュコーのモデルにしました。
20130108 008
20130108 007 20130108 014 20130108 012
このプラ製のハードケースに入った“SCHUCO”の“MODELL”、なかなかいい味出しています。
特にこのBMWはマスクがいい。これぞ“BMW”っていう顔してますよね。


20130108 013



LESNEY No.73A 10TON PRESSURE REFUELLER

今日は本当に久々にLESNEYを載せることにします。
というか、私の持っている“LESNEY”は既に紹介し切ってしまったと思っていたところ、過去の記事を見返す中で載せ忘れていた物を発見!
“LESNEY”って“MATCHBOX”の前身で、1953年から1969年まで期間に限られた物という事もあり、バリエーションの差まで細かく追求していけばそこそこの種類があるのですが、それでも新しく増えて行くわけでは無いので限りある物を探していく、言わば“終わりのあるコレクション”となるわけです。
このブログは私のミニカーライフのスタートが“LESNEY”であるとした上でどんどん拡がっていくコレクションを日常を交えて紹介していくもので、ブログを始めて随分経った今、この段階で、紹介していなかった“LESNEY”が残っていただけでもちょっとした“プチハッピィ~”って感じです。

「LESNEY No.73A 10TON PRESSURE REFUELLER,issued 1959」
20140107 008 20140107 009 20140107 010
久々の“LESNEY”がしかも“A”です。私のコレクションの整理能力もいい加減なものですよね。
半世紀前のおもちゃです。色がハゲハゲですので十分遊ばれたのでしょう。
良い味出してます。

“LESNEY”ですので、バリエーションを紹介です。
~これも本当に久々な感じ…~
1.ブルーグレーの車体にグレーのプラスティックタイヤ
2.ブルーグレーの車体に黒のプラスティックタイヤ
20140107 014 20140107 012
私のはグレー色のタイヤですので、73A-1となります。

「PRESSURE REFUELLER」ってどう訳せばいいのでしょうか?
「圧力式補給」圧力を加えて短時間で燃料を補給?色の地味さもあるのできっと軍用の航空機への燃料補給車なのでしょう。


20140107 011

さぁ、次回“LENSEY”を紹介するのはいつになるのでしょう?
持っていないものもいっぱいあるのですが、なかなか手に入りません。気長に行きましょう…。



TOMICA MERCEDES-BENZ UNIMOG COSTOM-MADE

さぁ、いよいよ仕事始めです。
今年一年どうなるのだろうか?
まずは我が家の台所を一番苦しめている子供達の授業料…3人も居ると年間で普通乗用車1台づつ代えてしまう位の額になってしまいます。
留年している長男坊も15年の3月には卒業出来る見込み(?)。
留年した1年分は自分で授業料を払え!とは言ってあるものの無理だろうなぁ~。
でもそんな長男坊の授業料も来年の今ごろは最後の分を払い終えているだろうからちょっと“ホっ”と一息付けているのだろう。
次男坊があと2年、長女が進学しなければあと1年…。まだまだ妻にはお金の心配をさせそうですね。
仕事の面では異動の話がある様な無い様な…。今聞いている話が実現すれば間違い無く単身赴任。
2重生活となると、また金銭的に苦しくなるかな?
そんなことより、長男坊は何処に就職する気なんだろう?
長女は大学に行く気なんだろうか?専門学校?就職?
お袋のひとり暮らしも半年が過ぎたのですがまだまだ流れがつかめない状態で心配だしなぁ~。

という事で、2014年は我が家にとってはひとつのターニングポイントになるようです。

「TOMICA MERCEDES-BENZ UNIMOG W.M.C.C 5th. ANNIVERSARY COSTOMIZED,issued 2013」

20140106 010 20140106 011 20140106 012
昨年末の「W.M.C.C」の忘年会で配布された1台です。
20140106 015 20140106 013
この会も5周年を迎えました。
私にとってはとても大切な仲間を得てもう5年も経つ事になります。
毎年の様に1台づつ増えて行く“忘年会”の車がどれも大切なアニバーサリーとして宝物です。

“ウニモグ(UNIMOG)”って「Universal-Motor-Gerät(多目的動力装置)」の略称なんですよね。
まさに頑張どころの私のこの1年に向かうにはピッタリの車です。

20140106 014

さぁ、1年仕事をがんばろう!



SIKU PLASTIK VW 1500 VARIANT

そんなものですよ。
大晦日から4日間も続いたのだから偉いものじゃないですか?
何て開き直ったって致し方無いのだから、今後も気の向くままにブログを更新して行きますね。
それにしても毎日更新している方いますよね。私のお仲間にも数人みえますが、大したものです。
~尊敬しますよ~私なんか文才が無いので文章が浮かんできません。

実は秘かにマイブームになっている物が有ります。
赤福餅”って有るじゃないですか?三重県の伊勢のお菓子ですよね。
伊勢と言えば式年遷宮の関係で去年は話題でしたよね。
そう、その“お伊勢さん”の内宮の横を流れる“五十鈴川”を模した波型をあしらった素朴な餅菓子です。
夏に“赤福氷”を目当てに行きますので何年か前の夏に同じ様な事を書いているかもしれません。
マイブームというのは“赤福餅”では無く赤福で無料でいただける“しおり”です。
伊勢だより”という名前で赤福の売り場にご自由に持ち帰れる状態で置かれています。
1.png 3.png 2.png
左から1月1日、1月3日、そして今日1月5日の分です。
そう、365日分毎日違う絵のしおりが用意されているんです。151㎜×81㎜の大きさのしおりに季節の思いが見事に描かれています。
そして裏にはその表絵にまつわる内容が記されています。

今日5日の文は以下の通り…

 陵王(りょうおう)は、才智武勇に優れた勇将でした。
しかし、その姿は、女性のように優美でもありました。そこで、戦場ではいつも、恐ろしい面で美しさを隠して戦ったのだそうです。
舞楽「陵王」をめぐって、中国にはこんな説話が残されているそうです。
神宮の舞楽面はいずれも、このようなさまざまな説話にいろどられています。
「抜頭(ばとう)」はインドの天馬に、そして「八仙(はっせん)」は日本の美しい鶴にちなんだ舞です。
一月五日  各位          赤福十一代目 店主

よくないですか?これ“ただ”ですよ。
私の入手先は名古屋のデパートです。JR名古屋高島屋、名古屋三越栄本店、松坂屋名古屋本店の3店舗でこっそりいただいています。(いただきっ放しではちょっと気が引けるのでたま~に赤福餅の2ケ入りの物を買ったり、時間が有ればお抹茶をいただいたりしますがほとんどは通りすがりに“しおり”をいただくのみです。)
でも私は車通勤ですので、この“しおり”を目当てに駐車料金を払っていただきに行くと言うのが正解でしょう。
歴史・文化の伝承を大切にする赤福餅の社風が伝わってきます。

まだ、17日分/365日分しか持っていないのですが、何年か掛けてゆっくり集め切りたいと思います。

「SIKU V187 VW 1500 VARIANT」
20140105-2 001 20140105-2 002 20140105-2 003
このところのマイブームのプラスティック製のミニカーにします。
これも“ジク”。
20140105-2 004
大きさはトミカサイズの1/64位です。ボーンネルド何かでもジクのミニカーがいっぱい売られていますがさすがにプラスティック製のミニカー何てもう売られていないですよね。
何年前の物なのでしょうかね?潰れてしまう事無くほぼ完ぺきな形で残ってくれています。

ウィキペディアに依ると…
ビートル(タイプ1)、トランスポーター(タイプ2)と411/412(タイプ4)に挟まる第三世代として「タイプ3」と総称されることが多いという車種の様です。
1500CCの空冷エンジン搭載45馬力…かわいい車じゃないですか?

やっぱり古~い車の魅力ってたまらないものが有りますよね。これはミニカーでも一緒。
昔作られたおもちゃですから時間を経るという“何物にも代えられない貴重な時間”を通して今に在る物だけに、今回のジクも魅力いっぱいですよ。

20140105-2 007 20140105-2 005

赤福の出している“伊勢だより”も今回のミニカーも過ぎて来た時代を大切にする思いというのは共通しているのかも知れません。いいものですよ。

さて、“伊勢だより”がコンプリートされるのはいつになる事やら…


追:
ちなみにここで紹介した1月1日の“伊勢だより”は私は未入手です。今回は絵が素晴らしいのでネット上から写させていただきました。
名古屋のデパートは残念ながら1月1日は営業していませんのでこの1月1日の物を手に入れるには本場“お伊勢さん”に行かなければ手に入れられない事になります。今年の様に異常に混んでいるブームの中のお伊勢さんではとても行く気がしませんもんね。



CKO FORD FK

子供の頃の正月って今は昔、今に至っては元日から大型スーパー流行っていたりして正月ならではの閑散とした街の雰囲気を味わう事も無くなってしまいましたよね。
昔は…お店と言えば正月3賀日はどこもお休みでデパートも名駅にあるお店以外は4日からしか営業していなかったと記憶しています。
唯一開店していたのは「おもちゃ屋さん」位で、“お年玉”を握りしめた子供達を迎えてくれたものです。
そういえば親父と公園で凧揚げをしたのはお店がやっていなかったからからだろうか?
“ゲイラカイト”…怖いくらい高く揚がったよなぁ~。

今ごろの店舗勤めの方は大変ですよね。正月も何も無いんですから…。

格言う私も今日は妻とデパートへ…。

「CKO FORD FK」
20140103 007 20140103 008 20140103 009
20140103 011 20140103 012 20140103 013
1/86サイズのプラスティック製。
20140103-2 002
“CKO”はチェコのモデルカーメーカーですが、プラスティック製のミニカーは相当前の古いものだと思われます。
1948年から1989年までは社会主義統一独裁国家“チェコスロバキア社会主義共和国”という社会主義国家だったという事ですから間違い無く社会主義国家時代の産物でしょうね。
ネットで調べてもよく判らなかったのですが、何件か見付けられたのはどれも新しそうな鋼製のミニカーだったのでジクと同様、むかしは樹脂製のミニカーを作り、現在は鋼製というパターンの会社なのかな?

<20140103 010 20140103 015 20140103 014

今年もチープなミニカー達に元気をもらいながらやっていくんだろうなぁ~。

MAJORETTE VOLKSWAGEN 1302

毎年、我が家の三賀日は妻と私のそれぞれの実家に各一日づつ行く事で2日間は埋まります。
妻の実家は知多半島で私の実家は我が家から10分足らずで行けてしまうので両方とも日帰りとなります。
楽で良いのですが、“実家に帰省する”というイメージとは程遠い物がありますよね。
今日2日は妻の実家へ…。
美味しいご飯をいただき、箱根駅伝の往路をテレビでかじりつく様に観てから大きな机に乗りきらないほどのごちそうをいただきそのままごろ寝…。まるっきりぐうたらな婿さんだ事。
おもむろに起きあがり高校サッカーの2回線を観てまたごろ寝の続き…。
飲める婿さんなら義父も楽しめるのでしょうが、アルコールに以上に弱い私はおちょこ一杯のお酒でグロッキーときては飲ます気も起きないでしょうね。

「MAJORETTE No.202 VOLKSWAGEN 1302」
20140102 008 20140102 009 20140102 010
「マジョレット」というと「ラムネ付きでお菓子売り場に置いてある食玩」というイメージでコレクションの対象物とはならないですが、古い物は良いですね~。
このマジョは“おフランス”製です。
20140102 013
マジョについて知識の無い私ですので何年製だから古いんだという具体的な話は出来ないのですが、マジョレットの本国製だとするときっと古いのでしょう(いい加減な私です)。
もともと味のある車種ですが、このマジョ版のビートルもチープさ満開で好きな1台ですね。

20140102 012 20140102 011
三賀日最終日の明日は仲人をしてもらった叔母さんを訪ねて…
妻とアウトレットにでも行って…3日間何てあっという間に過ぎて行きそうですよね。




EBBRO SUPER GT500 2013 No.32 EPSON HSV-010

「一年の計は元旦にあり」となっては今日元日のブログを欠かすわけにはいかないですよね。
今日書かないと、またずるずるした1年になってしまいそうですから…。


今日、元日の「初日の出」…。我が家の唯一無二の私専用の2㎡ほどのスペースは西に向く窓に面しています。
ここが寒さを気にせず「日の出」が「拝める」最高の場所です。
良いですよね日本人って。毎日昇る「日の出」に「初」を付けて特別な物にして、またそれを「見る」のでは無く「拝む」として崇高な物にする。
確かに、一年の始まりの日に眠い目を擦って起きるからこそ得られる絶景ですので判らなくも無いですが。
無題
今年の「初日の出」は厚い雲の間をすり抜けて日の出の予想時間からしばらく経ってわずかに顔を出してまた消えて行きました。
さぁ、ミニカーコレクターには多忙な「元日」の朝の始まりです。
なぜ、「元日」がミニカーコレクターには「多忙」なのかって?
もう何年になるのかすら忘れてしまいましたが、大手スーパーの「イオン」「アピタ」が特注のトミカを元日に発売するのが恒例になっています。今年は「イトーヨーカ堂」が不参加でしたが、「トイザらス」が参戦!という事で毎年の様に「元日」はスーパー巡りで一年が始まると言う次第です。

ではそのミニカーの紹介を…。とするべきなのかもしれませんが、今日はパスです。

「EBBRO SUPER GT500 2013 No.32 EPSON HSV-010」

20131231 007 20131231 008 20131231 009
「LESNEY」から始まった私のミニカー遍歴も「トミカ」に向かい、ミニカー仲間に薦められるままに「hpi」にも手を出し…主体性が無くていけないですね。
1/43が増えて行く中ですが「エブロ」はやっぱり対象外。でもこれは別です。
私が自慢するのも何ですが、お仲間がデザインをした車。
自分の考えたデザインを施した車がレースを走り、ミニカーになる…。素晴らしいですよね。
才能を持った人がうらやましい!!
20131231 010 20131231 011
…カッコいい。

2度ある事は3度ある…。周りが言うほど簡単なもので無い事は十分承知していますが、嫌がおうにも期待してしまいます。
20131231 012 20131231 013
それにしても“壮観”。

私の机の周りの壁…
20140101 3043
この場所は仲間のプラウドでいっぱいです。

今年はどういう一年が待っているのか…。楽しみです。

プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2014/01 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -