SCHUCO PICCOLO LOTUS TEAM TRANSPORTER

昨日のオフ会でも話題になっていましたが今年のバーレーンGPは開催できるのでしょうか?
ブリジストンのタイヤサプライヤーからの撤退やKERSの復活などそれなりに話題も有り、開幕戦を楽しみにしていたのですが…。
チュニジアで始まったデモは政権を転覆させ、エジプトに繋がり、エジプトも政変。中東各地に飛び火しバレーンも例外では無く死者も出る中現在進行中。
それにしても今回の一連の出来事が新聞やテレビで報じられる様になり、私の知らなかった事実に驚いています。
中東というとオイルマネーで国が潤っていて税金や医療費は無料。教育水準も高く…。
一部の国はそうかも知れませんが、今デモが起きている国では宗派間の争いがあり、貧富の差も大きい。仕事に就けない人も居る…。
バーレーンに関して言えば、米国の司令部が置かれている国であることはもちろん、恥ずかしい話、どこにあるのかさえ知りませんでした。
今後この中東地域がどこに向かって行くのか?間違い無く世界を巻き込む問題でしょう。
バーレーンGPの開幕を心配するなどという事はチープ発想の私だからなのでしょうね。

今日のミニカーは…
「SCHUCO PICCOLO LOTUS TEAM TRANSPORTER」

Rindt_LotusFV_Melk_Spandl[1]
ロータスチームのトランスポーターカーです。
DSC00071.jpg
これも他のピッコロと同様に1/90サイズですのでそれなりの大きさがあり、存在感いっぱいです。

DSC00072.jpg DSC00073.jpg DSC00074.jpg

サイドのロータスの文字、濃緑のボディーが効いています。
DSC00076.jpg 

DSC00077.jpg DSC00081.jpg DSC00079.jpg

DSC00078.jpg DSC00080.jpg
他のピッコロを積載できるわけでも有りません。ドアが開くわけでも有りません。
ただピッコロならではの重さがあり、寝かせると"文鎮"の代わりに使えそうなこのトランスポーターって結構好きですね。

バーレーンGPが開催される予定の3月13日はもうすぐそこです。
GPの開催はともかくとして中東諸国の問題が平和裏に解決して欲しいと切に願います。



2011年2月22日 7:00追記

Yahooのトピックで中止が決まったと載っていました。
サルマン皇太子のコメント
「国家の問題に集中することが、この国にとって重要なことだと判断した」
当然の判断だろう。


スポンサーサイト

コメント

No title

タロささん、こんばんは。
バーレーンGP、どうなるでしょう?
昨シーズンまでの様子を見ていると、オイルマネーで潤っていて、F1も開催できる安全な国という印象しかありませんでした。
タロささんの記事を読んで、今までは一面しか見てなかったことに気付かされました。
現地では、亡くなっている方も出ていますもんね。。。
平和的に解決することを願います。

どうなるのでしょう

ミニカーのコレクションに政治を重ねること自体無理がありますね。ごめんなさい。
そういえば今日のニュースでGPの開催がサルマン皇太子に一任されたというものがありました。3月3日から現地でテストが予定されていることも有り、明日22日が最終決定のリミットの様です。レースを楽しみにしている私達は純粋に安心して参加して安心して観て居られるレースの開催を期待します。
ただ、そう簡単に割り切れるほどの問題ではなさそうですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -