SCHUCO PICCOLO US-ANHANGER

私の車では、いつもNHKの第一放送が流れています。
演歌や民謡の番組の時にはZIP-FMに替えてしまいますが基本的にはNHKです。
これは名古屋から岐阜へ片道50キロの通勤をしていた時から始まったもので、ラジオ体操やニュースなどの区切りがはっきりしていて、道々の目標箇所の通過時間の覚えに便利だったからだと思います。
途中途中FMにも替えて見たことも有りましたが、情報量の違いにNHKの固定されていったといった具合です。
それが名古屋勤務になった今でも続いています。

今日3月19日。4年間続いた私のお気に入りの番組が終わりました。
毎週土曜日。朝から近くに住む両親を連れて病院に行き、1週間分の食料を買い込み、昼食を食べ、家に送って行き、2時過ぎにやっと無罪放免、家に帰り、夕方まで爆睡する…。
こんな生活を4年も続けています。
そんな土曜日の朝、最初は聞き流していたのですがいつしかMCの歯に衣着せぬトークがお気に入りになって行ったものが「どよう楽市」(8:35~10:55)でした。
MCはジャーナリストの残間里江子さんとアナウンサーの宮本愛子さん。宮本さんは3代目ですが初代の上田アナから聴いています。
私もいい加減いい歳ですが、私よりも上の世代(50歳半ばより上のリスナー?)をターゲットにしていると思われ、日本中の先輩諸氏が何を考えているのかを垣間見させてくれる番組でした。
この年齢層に主軸を置いた番組ってそんなに無いですもんね。

正直、ちょっとというか、思いっきり残念ですね。
今回の震災で特に津波の被害を受けられた方には歳の大きい方が多いようにみえます。
私と同じようにこの番組を楽しみにされていた方も多いのではないかと思います。
これから先の復興の中、本当の意味での井戸端会議が出来る貴重な公共の場が無くなってしまう事で、この年齢層の愚痴のはけ口、思いの共有、叱咤激励…ものを伝えるチャンスが減ってしまうのでしょう。大げさでしょうか?

今回の震災、前にも書きましたが、お茶を買ったおつりだったり、使わないYahooポイントだったりの募金をしていますが、長丁場になる予感の中、身の丈に合った活動が大事なのかと思っています。

「SCHUCO PICCOLO US-ANHANGER」

私にちょうどいい貢献のサイズの荷台です。
トラック一杯の支援何ぞできる器ではありませんもんね。
DSC00321.jpg DSC00326.jpg

DSC00322.jpg DSC00323.jpg DSC00324.jpg

自分の車のトランクくらいが精いっぱいで牽引車の分の支援何ておこがましいって?
心配されることなかれ、PICCOLOですから
DSC00327.jpg
こんなに小さいんですよ。

私の様なミニカーコレクターのお仲間の中には、震災後1週間以上を経た今でもブログの更新が出来ずに居る方が何名かみえます。
計画停電などもあり、思うに任せないという方も居るでしょうが、ブログを更新する気になれないという方が大半なのだろうと察します。
みなさんの気持ちに整理が付き、普段の日常に近づける日が来る事を願っています。


いま私たちは、間違いなく、後世に伝えるべき大きな大きな歴史の一頁の真っ只中に居ます。







スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -