SCHUCO PICCOLO JU 52 784

その可愛さにはまってしまっている独国シュコー社の“ピッコロ”ですが、このブログで紹介している台数もレズニーに次いで2番手になっています。
これって気にっている証拠でしょうね。
1/90をベースとするあの小ささと対象的にトミカよりも重いその存在感。
間違っても精巧とは言え無いチープな作り。
私にとっては“ツボ”とも言える魅力満載。それが“ピッコロ”です。
基本的にはビンテージミニカーに多くの魅力を感じる私ですが、私の持っている“ピッコロ”は、極最近に発売されたものばかりで、ビンテージピッコロなんぞ手に入らないものだと思っていました。
が・・・♪我が家にもありました。
“ピッコロ”という文字はどこにもありませんが、“ピッコロ”の師匠“Piccolomania”さんのブログにも登場していますので間違い無いでしょう。

「SCHUCO PICCOLO JU 52 784」

P4250205.jpg P4250206.jpg P4250207.jpg

独語が解らない私としては何物かを探す術を持たない飛行機がありました。
それがこれです。
それこそ子供の頃に遊んでいたものですので40年近く前のものだと思います。
今回同じものがオークションに出ていたことから急転直下で“ピッコロ”であることが判明したというわけです。
"ピッコロ"と判った段階でさらにPiccolomaniaさんのブログを見返すと…有った!これだ!

ネットで調べて行くと、箱は赤の箱と青い箱の2種類ある様です。
私のは当然箱なしです。どっちの箱だったかの記憶も一切ありません。
・・・が、不思議な事に私の持っているものと翼の裏の刻印が違っているのです。
“Piccolomania”さんが紹介されているものも、ネット上で出てくるものも、左の翼から右の翼まで「Schuco 784 piccolo」と打たれています。でも我が家にあるのは「Luftfracht mit Lufthansa」。
$(KGrHqIOKpUE1qbttyHHBNhniiq7VQ~~_12[1] P4250209.jpg P4250208.jpg
表の文字は一緒ですが、裏の…この違いはなんでしょう?
どこにも“シュコー”とも“ピッコロ”とも打たれていません。
ネットで探す限り同じ刻印のものは探しきれませんでした。一体何もの?
「ルフトハンザ」と書いてあるから、“ルフトハンザ航空のノベルティー物”?
P4250211.jpg P4250210.jpg
P4250212.jpg P4250213.jpg

我が家は、先祖代代、海外で活躍するような懐の広い人は居ないはずですので、そんな伝(つて)があるはず有りません。
私の持っている古いミニカーは名古屋の「松坂屋」か「オリエンタル中村百貨店」のどちらかで買ったもののはずですので、こういうものが通常品で有ったと思われるのですが、今のところ迷宮入りですね。

サイズは1/400という事ですから実物の飛行機の全長に直すと18メートルくらいなのでしょうか?
それなりの大きさです。
実物は何人乗りなのでしょうか?

飛行機って何か夢が有りますよね。
どこか遠くに行きたくなります。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -