TOMICA HINO DUTRO

このブログ“LESNEYから始まった”を始める際に大きな役割を担ったのは、まぎれも無く「トミカ」です。
「トミカ」繋がりで多くの仲間を得、ブログを始めるにあたり背中を押してくれたのもその仲間でした。

コーヒー1杯、タバコ1箱で買えるミニカーは小銭を持った大人には格好のコレクションの対象となり、子供のころの純粋無垢な気持ちをたどるのにちょうどいい対象物となって行ったのだと思います。
60数分の1の手頃な大きさ、ちょっとした重量感、ダイキャストの冷たさは本当に心地良いものです。
ドアやハッチが開くギミックは他の同スケールのミニカーには持ち得ない完成度でウキウキしたものです。

第三土曜日が“トミカの日”となって何年経つのでしょうか?
箱を開けるドキドキ感、手に取って眺めている顔はまぎれも無く童子そのものになってしまうのだろうと思います。

ここ最近「トミカ」のスケールが小さくなってきています。
違和感いっぱいで接してきましたが、今月発売の3種で私の「トミカ」への思いは完全に切れてしまいました。

1/75というわけのわからないスケール設定で発売された“アベンシス”。
手に乗せても何のワクワク感も有りません。
缶コーヒーのおまけの様です。
熊を乗せたトラックに至っては情けないほどの手抜きの色塗り、あんちょこな発想に言葉も出ません。
所詮子供のおもちゃです。そんな事は百も承知していますが、残念ですね。

気の弱い私は「トミカのコレクターを辞める!」と宣言する事も出来ず、このまま買い続けるのだろうと思いますが、箱は開けずにそのまま置いておくのかもしれません。
魅力が無くなってしまいましたからね。


「TOMICA HINO DUTRO」

120422 010 120422 011 120422 012
120422 013 120422 014 120422 015
この4月に発売された企業のノベルティー物ですが本当に見事な出来です。
~このデュトロもトミカ、アベンシスもトミカ…同じトミカとは思えない~ 
120422 016 120422 017
ここまで繊細に作り上げてくれれば文句は無いですよ。
120422 009 120422 008
箱までこの心配り…これぞトミカですよね。
企業物でこれだけがんばれるのだから、通常品ももっと魅力のあるものにしてほしいと思う限りです。


世にコレクションの対象物は無数にあるのだろうと思いますが、その中で“ミニカー”の、特にあのスケールの“トミカ”にうつつを抜かすコレクターで居れた事は本当に良かったと思います。

いつかスケールやギミックが戻り、魅力的な「トミカ」になるまで、このブログで「新しいトミカ」を紹介する事は無いのかもしれません。箱を開けないのですから紹介のし様も無いですもんね。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -