TOMICA MINICOOPER COSTOM

友人の父がお亡くなりになったという事を聞きました。
これまでに1度しか会った事が無いですが、間違い無く私の貴重な友人です。
私が落ち込みそうな状況になると何らかの便りが寄せられます。
絶好調な時はさらに元気にしてくれる様な便りが届きます。
1、000キロを超える遥かな地から、まるで隣で見ているかのような絶妙なタイミング。

どう声を掛けていいのか判りません。

私の父も十年ほど前、心筋梗塞で生死の境を彷徨いました。
心臓を動かす3本の動脈をすべて繋ぎかえるという手術を受けました。
一端成功したものの急変し集中治療室にも入りました。
心電図のピッピッって音が、眠っている父には“木魚”の音に聞こえたと言う事ですので、間違い無く一度は三途の川を渡ったのでしょう。
そんな父も何とか生き続けています。

私にできる事は何か?
名古屋に移り住み、足腰が弱った両親を週に1度買い物に連れて行きます。
こんな事くらいしか出来ないですが、近くに居る事だけでも安心な様です。

「TOMICA MINICOOPER COSTOMIZED」

20120729 019 20120729 020 20120729 021
素晴らしいセンス。
20120729 024
ネッ?

杖をついて歩く親父、O脚になり肩を大きく左右に振りながら歩くお袋を見て、最近時々思うんです。
~親父が居なかったら、お袋が居なかったら、私はここに居ないんだよなぁ~

私にも私なりのセンスは有ります。物の良し悪しを見るセンスも同様です。
そのセンスの何割かは、間違い無く“親の影響”大です。
きっと誰しもそうなのでしょう。何て言っても多感な成長期は親の扶養の中に居るのですから。

20120729 025 20120729 026 20120729 023

“素晴らしいセンス”ですよね。ネッ?


今日、朝番連勤の合間の1日だけの休み。両親を連れて“水まんじゅう”を食べに岐阜の大垣に行きました。
暑い暑い7月の大晦日。
私にできる事の“ひとつ”です。

写真 (4) 20120731 008 写真 (3)
大垣駅のすぐ近くにあるこの店は、前に大きな水槽を置き、出来たての“水まんじゅう”を食べさせてくれます。
松尾芭蕉の“奥の細道”の結びの地“大垣”は“水の都”。
暑い暑い日差しの中、ホっと一息つける心地良い時間でした。



“月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也”





スポンサーサイト

コメント

No title

タロささん こんにちは!

とりあえず葬儀の翌日から仕事しています。
まーなにかとバタバタというか・・・多分あと1か月ぐらいは何かとありそうで・・・

ミニ・・・なつかしー!またそのうち作り・・・とりあえずはたまっている宿題からですね・・・RX-8が・・・・放置で1年過ぎた・・・・

“ほっ”

ちっちくんからのコメントをいただきほっとしました。
まだまだしばらくはやらなくてはいけない事柄が多くあるでしょうね。

“ミニ”。大切にしていますよ。
ちっちくんの創作意欲が戻るのを待っていますね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -