TOMICA FIAT 500 special ver.

昨日のお台場でのイベントには北海道からコレクターのお仲間がお二人も上京。
エッ?わざわざ北海道から?
そう、ミニカーって言うのはそういう対象物なんですよ。
子供の頃には小遣いの範疇で中々買えなかった物が大人になり小銭を自由に使えるようになると大人のコレクションの対象物になる訳で、特にトミカはその中でも、大きさといい、金額といい、ちょうど乗っかり易いんでしょうね。
実際にコレクターの多くは男の方で、自分に出来た子供が男の子だったりすると、値段的に買い与え易いミニカーだったはずなのに、いつしか自分がハマって行く・・・。
良く有るパターンです。
それにしても驚くべきはコレクター仲間の横の繋がり、私も名古屋のお仲間に頼まれた分を数セットまとめ買いしましたが、中には20セットは買っただろうと思う方も居たりします。
確かに今回の世田谷ビートルは九州と東京の2カ所のイベントのみの場所と期間を限定した販売ですので、全国のコレクターの方がすべて買いに来れるチャンスがある訳ではないですからね。

「TOMICA FIAT 500 special ver.」
PA123579.jpg PA123580.jpg PA123581.jpg
「FIAT 500 AUTOMOBILE FIAT DEALER GIFT」
かく言う私も全国のコレクター仲間に助けていただく事もしばしば。
このフィアット500は10月のはじめに全国のフィアット販売店で“ルパン3世”の実写版の映画公開に合わせて配布された物ですが、私は車の無い東京に居て、電車を乗り継ぎ“青山1丁目”と“麻布十番”のお店などを渡り歩きましたが敢えなく撃沈!諦めていた所に大阪のお仲間“ミーシャ”さんからいただいてしまいました。
・・・と簡単そうに書いていますが、間違いなく大変な思いをして獲得された物だと思います。

このフィアット、通常品の“色違い”。
この“色違い”というのがコレクターを悩ませるんですよね。
PA123582.jpg PA123583.jpg PA123587.jpg

PA123584.jpg PA123585.jpg PA123586.jpg
白色が通常版で、何とも言えないヨーロピアンな素敵な水色の物が販売初回の時に一緒に販売された“初回限定カラー”です。
こういう遊び易いミニカーはこれからもどんどん特注品が出来てくるんでしょうね。その都度コレクターは振り回される・・・悲しい、いや“楽しい性”です。

という事で、昨晩は眠らない街“新宿”で宴会。
集ったメンバーは11名。こういうメンバー同士の繋がりが大切なんですよね。

私が行ったのは歌舞伎町1丁目。ディープな街のほんの入り口だと思うのですが、10時を過ぎてもすごい人。
〜名古屋では考えられない。確かに一部の街はそこそこの夜中まで盛り上がるにせよ、ここまですごくは無い。
 帰りの駅も電車も通勤時並に混んでいる。〜
IMG_5791.jpg IMG_5794.jpg IMG_5793.jpg
そうなんです。すごい人・・・いえもの凄い人の数です。まるで“初詣の熱田神宮”の人出の様です。
そうそう、“俺のシリーズ”のイタリアンのお店を発見!今度妻が上京した時にこようかなあ〜。
その前にあの街にびっくりするだろなあ〜。



家に帰り、録画してある“出没!アド街ック天国”を観ました。
東京の穴場情報を得る為に録画している番組の一つが“アド街”です。
たまたまその日の特集は“昭和の新宿”。えらくタイムリーな話ですよね。
私は新宿御苑までは仕事で行った事は有りますが、通過点としての新宿の利用は有っても、新宿の街を歩く、しかも“夜”、しかも“歌舞伎町”・・・。
私もどっぷり昭和の人間ですので、気になるお店はいくつも有りました。メモメモ・・・。
その中で一番の注目点は三平ビルという所で年に1回開催されるという“首都圏下條会”の話でした。
1年前に亡くなった父の出身地が長野県下伊那郡下條村。超田舎です。昭和一桁、5年生まれの頑固親父でした。
私は名古屋生まれですので“ふるさと”といってもあまりピンと来ません。
運転免許は持っていても車を持たなかった父は、私が免許を取って車を購入して以来、何度も何度も連れて行かされた場所の一つが“下條”。行く度に親父が嬉しそうな顔になるのがわかります。
やっぱり“ふるさと”っていいんですよね。
親父が亡くなってからの整理の中で郵送でも送ってくれるという事でしたが、“戸籍”を辿って伺った下條の村。親父が居るのと居ないのとでは村に入った喜びが全然違ったのを村の名前を聞いて思い出しました。
今でも叔父叔母、いとこも住んでいます。たまにはおじいちゃんの墓参りに行かなきゃなあ。
私の机の上には親父の写真が置いてありますが、意図せず突然聞こえて来た懐かしい地元の名前にただでさえ微笑んでいる顔がいつもより少し多く崩れたような気がしました。


スポンサーサイト

コメント

No title

タロささん、ご無沙汰しております。

フィアットは自転車に乗って、「これ下さい。」とやっただけです。(そして『子供が2人いるんで、2台もらえたりしません?』とかセコい事をやっていたわけではありません。)

「ちょこっとでもよ、皆さんのためになるんだで。」(ヤッターマンの「ドクロ兵衛」の声、もしくは某市長風に。)ということで、行ってきました。

 ご紹介いただきまして、ありがとうございました。

ありがとう

ミーシャさん、ありがとうございました。
お店で断られた時にはオークションしかないか?
と諦めていましたが、ミーシャさんのお陰で入手できました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -