TOMICA NISSAN SILVIA (TOMICA 30th ANNIVERSARY Ver.)

休みが長くても短くても、やはり名古屋駅で新幹線に乗る時は思いっきり後ろ髪を引かれる思いです。
今回の帰省では、助手席が母ではありましたが、知多半島でこぼれんばかりの太陽が沈み行くまでの時間を堪能し、目に、心に、十分な栄養をいただいたはずなのに、家に帰るとすぐに現実に戻ってしまい、子供達の生活面の不甲斐なさについつい声を荒げてしまいました。
子供達だって相談したいこともあると思うんですがね。
何せ下準備も努力もないまま、結論を出さなければいけない、後が無い最終の場面になって初めて話を持ってくるのでこちらとしても閉口してしまいます。
もっと子供の立場に立って物事を見てあげられればいいんですがね。
まだまだ私自身が子供なのでしょう。

DSC01288.jpg DSC01289.jpg DSC01290.jpg
今回の帰省中、ずっとお天道様は上機嫌でいてくれました。
朝夕は寒くても、日中は長袖シャツを着ていると少し汗ばむくらい。
北海道からは雪が降った・・・ささら電車が走った・・・などの便りもありましたが、余所の国の話の様でした。
青い空、青い海・・・ちょっとこのミニカーの色では青がきつ過ぎでしょうか?

DSC01291.jpg DSC01292.jpg
DSC01293.jpg DSC01294.jpg
今週半ばにもう一回、会議に参加するため名古屋に来ます。

すでに子供達も全員が二十歳を越え、一人前でなくても半人前くらいにはなっていて欲しいところですが、
行き当たりばったりでなんとかなるだろう・・・的な、
堅実性の微塵も感じない・・・的な、
独立する野心を全く感じない・・・的な
一歩も踏み出さないくせに不安がっている・・・的な
私から見て何かと不満いっぱいです。
多分本人達も思い描いている世界との違いに困惑しているはずですが、私の方に余裕がないばかりについつい怒ってしまいます。
今度帰るときはもう少し余裕を持って接したい・・・できないでしょうがね。
DSC01295.jpg






スポンサーサイト

コメント

No title

こんばんは。
この車は、一時父親が乗ってました。私が初めて見た「オートマ車」でもあります。

子供さんのお話、私も子供さんの立場になってしまったりすることは多々あったりします。というても「余裕がある」なんてわけではないので、そのあたりの落としどころが難しいんですが…。

またコメントいただければ幸いです。

ミーシャさん、ありがと

子供の件は本当に悩みの種で小学生は小学生なりに、中学生は中学生なりに、高校も大学・専門学校も一緒で、それぞれに悩ましい問題がありましたね。
学校を卒業してもそれなりに課題をどんどん持ってきます。
親という立場も子供に合わせて成長していくという事になるのだろうと思いますが基本は自分の経験値から想像して褒める、怒る、悩む・・・となるのでしょう。
いつになったら親を安心させてくれるのやら?
まだしばらくかかりそうです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -