TOMICA LIMITED 10th ANNIVERSARY TOYOTA 2000GR Toyota EARLY TYPE

せっかくの永年勤続休暇ということで伊勢志摩を目指して車を走らせました。
宿は会社の契約保養所の“プライムリゾート賢島”。
私にとっては運転がメインの楽しみかな?よってオール下道です。それでもちょっと物足りない200キロくらい。
三重県にも四日市と久居に住み、都合7年北勢地区や南勢地区を担当して勤務した関係で今回の旅の道々は懐かしさいっぱい。
国道23号で富洲原まで行き、国道1号に代え追分から旧伊勢街道に入りました。
すでに十数年前のことですので忘れてしまっているかと思いましたが、道のつなぎや沿道のお店など懐かしく思い出すことができました。
「TOMICA LIMITED 10th ANNIVERSARY TOYOTA 2000GR Toyota EARLY TYPE 」
DSC02061.jpg DSC02062.jpg DSC02063.jpg
リミデットシリースの10周年記念の200GT前期型をチョイスしました。

今日は暑かった!30度を裕に超える気温。車の表示では35度まで上がっていました。
・・・ということで途中で食べたのがこれ!
IMG_1742.jpg IMG_1737.jpg IMG_1739.jpg
「伊勢〜の名ぶ〜う〜つ“赤福”もちでええじゃないか!」です。
妻は“赤福もち”2個のセットを注文。
私はこの時期はどうしても食べたくなる“赤福氷”を注文しました。
この”赤福氷”、中にお餅が2個とあんこが入ってるんですよ。言わば“赤福版宇治金時”でしょうか?
*個人的には“赤福もち”が2個入っていてくれたほうが良いのですが、あんことお餅は別々で“赤福もち”の体は成していません。察するに、“赤福もち”は五十鈴川のせせらぎを模した2本の波(指の線)があってこその代物、氷の中で餡の形状が楽しめないのであれば止めてしまえ!という感じなんだろうと思います。ちがうかな?
よ〜く考えると“赤福もち”はこし餡だけど“赤福氷”の中の餡はつぶ餡だったような・・・つぶ餡じゃあせせらぎは表現できない!ということかもしれませんね。・・・謎は深まるばかり。

名古屋では“松坂屋”と“JR高島屋”にある“赤福”の出店でもいただくことができますが、暑い夏の日に冷房の効いたビルの中では無く、伊勢で五十鈴川の流れを感じながらいただく“赤福もち”や“赤福氷”はやっぱり特別ですよね。

今日の目的は運転でしたが、宿に着く前にちょっと寄り道・・・。
ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで1つ星を獲得した、伊勢志摩の絶景スポット・・・といううたい文句に誘われて伺った「横山展望台」です。
IMG_1751.jpg
リアス式海岸が広がる志摩を一望できる絶景ですが、うす雲が一面に掛かり「ミシュラン」という感動は正直感じではなかったかな?
それでも私の日常ではあり得ない絶景であることは間違いなかったですよ。
DSC02064.jpg DSC02065.jpg

賢島には2泊します。
途中の道の駅で観光案内の方にどこか行っておくといいところないですか?と聞いたのですが、2泊すると聞いた途端、「賢島で2泊しても行くとこないよ〜」って。
さあ、明日はどうしようか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

Lタロさ

Author:Lタロさ
W.M.C.Cのメンバーです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -